Fandom


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > エギーユ・デラーズ
                    ____         
                  /        ̄ ヽ.       
                ./            \     
                /          !、    ヽ.  
                |  、  ,:"   _,.- !     |   
                |,,_ ヽji(_, -;=f。テ‐'"    ''",\  
                'ァ'゙rェァk≦~二~ "~    i 〈ノ |!  
                〉ー'"| ヽ._     ノ   (,タノ  
                \ ノー;='-≧==.、 l     r'" |.   
                  Y"ツ'''''''''''゙ヽ\ !    .|    
                  ! |r'ニ二 ̄`\ヽ,,_./   |  
                  j ! ∧,,  ,,/,,ノ___j-、
                  | `'"  ゙ー'",,/='―――, 〔,|、_
                  〃,,,,,,,,,,r''",r‐'ニニ7 、.ノノ   \
                  /;ミヽ! |_ノ -―./  ,rj      `ー-、_
                _/ /__ \ ,.-‐'"_二-‐ァ''           /`ーァ----ァ=≦三三三
           __/ ̄   // ヽL└‐'"  /          ,∠(___(___(_,.. ィ~T ̄T~T
     _,. -'ニニ二ィ'   ,.r‐く└ァ`T"_,.-‐‐''Z"          ,:/        /  / .|:  | |
  r―'"ー'て_/__ノ  _/イ~「` ( _ノr'  / \___     .//         j   |  .|:  | |
  TTT~ ゙̄7  ノ__,..ノ"   | .|  // / /    ヽ.__  ̄`ー-、.//         /|  j|  .|:  | |
  ,| | | ./ /    _/    | | ,// //        \、   ∑>==r'fアーァーil /.└‐'L_|_」._」
エギーユ・デラーズ
原作・出典元 機動戦士ガンダム 0083
性別
愛称・呼び名 デラーズ閣下[1]
一人称 私 / わし
性格 武人 / 狂信者
特徴 禿頭と髭面
口調 重厚
  

エギーユ・デラーズ(Aiguille Delaz)は、『機動戦士ガンダム 0083』の登場人物。

ウィキペディアの項目「エギーユ・デラーズ」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「エギーユ・デラーズ」も参照のこと

概要編集

ジオン公国軍大佐(最終階級は中将)。ギレン・ザビの熱烈な信望者であり、一年戦争末期のア・バオア・クー攻防戦の最中、ギレンがキシリアに謀殺されたことを悟り、独自判断で戦線を離脱。地球圏に残ったジオン宇宙軍残党を「デラーズ・フリート」として纏め上げ、3年後のU.C.0083に反攻作戦「星の屑」を決行する。座乗艦はグワジン級戦艦「グワデン」。

満足な補給も施設もない暗礁宙域で3年間も艦隊の士気を保ち続けた稀代の名提督。地上やアクシズのジオン残党や、アナハイム・エレクトロニクスなどの「裏切り者」との連携も密に行い、そこから掴んだ情報を元に立案した「星の屑」はガンダムシリーズでも指折りの大成功を収めた。

一方で少々ロマンティズムが過ぎる所があり(それが高い人望を集める元でもあるが)、戦術家としては優秀でも、自分たちの行動がもたらす戦略的・政治的な影響には考えがあまり回っていない節がある。最後はならず者のシーマ艦隊を信じて迎え入れたのが仇となり、裏切られて人質にされた挙句、「星の屑」成就を見ぬままに憤死することとなった。

その行動理念や戦略観には突っ込みどころが結構多く、自身が「星の屑」の中心人物として重用したアナベル・ガトー以上に評価が揺れがち[2]。同じく禿頭のイオリア・シュヘンベルグとはそっくりさんネタで弄られることも。

主な作品編集

脚注編集

  1. ちなみにガノタ界隈で「閣下」と言えば、大抵は彼かトレーズを指す
  2. 「ギレンの歪んだジオニズムに染まりきっている」「ア・バオア・クー撤退は敵前逃亡以外の何物でもない」「アクシズ行きを蹴って暗礁宙域でダラダラと弱っていく」「『穀倉地帯をコロニー落としで焼き、コロニー側の権益を強める』という、やる意味があるのか疑問な作戦目標」「戦時条約を戦後に持ち出して連邦を叩く」……etc。「星の屑」は確かに大成功を収め、地球の食糧供給事情はかなり悪化したものの、逆にジオン残党狩りという大義名分を連邦に与え、ティターンズを台頭させて一層スペースノイドを苦しめる結果に終わったのも事実である。

関連項目編集

  • アナベル・ガトー - ア・バオア・クー戦以来の部下。勘違いされがちだが、元々二人は同じ部隊で一年戦争を戦っていたわけではない。
  • シーマ・ガラハウ - ガトーの苦言も「自分の力量で彼女らを導く」と意に介さなかったものの、散々ジオンから苦渋を舐めさせられてきたシーマ達には、デラーズの言動はまるで意味をなさなかった。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。