Fandom


          { `T彡三(二((O))二)三三≧ミ   `ー-、 \
        `ーレ'´ ̄ ̄ ̄厶三二ニニ≪≫ミ     \_〉
            /{      厶三三三三二≫ミ≧=ミ   /
        / 人    厶三三三二>'' ハ  `≪}-‐'´
          /  / `<三三三三二彡''ヘ   '.    ‘,
        ′/ :!  ナ‐ト、:|  /. 斗‐ヘ :!: }  |   |    。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+.。゚:;。+゚。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+.。゚:;。+゚。+
.         | :/{ | / 芹气j/!  /   `ト、!  |   }
       j/ } :{ ∧〈 んハ  j/ 孑芹ミ、j    |:   ′     エーリカとイチャイチャするだけのお話
        / V:ハ  V::ソ     ん::ハ〉   ハ  //
         {  .:::::!   ,       乂ツ .::: .:: |ノ /j/      。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+.。゚:;。+゚。+.。゚:;。+゚+。::゚。:.゚。+.。゚:;。+゚。+
         |::..::::::{人   _ ___   /:::::::.:::::j/
         |::{::::::ハ!个 、  Y  ノ  ,::::::::::/:/}\
          j八:::{_ ./:::{:::>.._.. イ{::::::::/j/::|() ーァヘ
       r 、 V{ V:::::::!::::/::::| 公 .|::/:::::::::ト、__/::::::::ヽ
       '、 V ! .}:::::八/::::::{/ 〉∧ ' /::::::::::::|::::::::/::::::::::::::.
.         ‘, V| |::::::::/:::::::::V{ {ハ/::::::::::::::|::::::,:::::::::::::::::::}
         } .}j |:/⌒):::::::::Vノ/:::::::::::::::/:::::::{::::::::::::::::::|        r 、
        /⌒\-'  /⌒T\/厶-─-、::/::::::::::|::::::::::::::::::!        }: :ヽ
         〈⌒\ノ  ./::::人::::::::::V∧::::::::::::{:::::::::::::}::::::::::::::::∧        | : : : ハ
        { ^ー'   ノ\:::::}\:::::::V∧:::::::::‘;::::::::ノ!::::::::::::::::{::::\       | : : : : }
       /\ー'´/:::}::::}:::|.  `ーヘ-r‐--ヘ<::::}:::::::::::::/{:::::::::::`::...、   .| : : : : '
       \:::三彡:/::::::Ⅵ      ~\:::::::::\`{:::::::::::/::::V:::::/::::::::\ノ : : : /
         \::::::::::::::::::::::}         〈\:::::::::V:::::::::/::::::::}ヾイ::::::::::::::::\ /
          \::::::::::::/       ∧::{\::::{:::::::/:::::::::/::::::ヽ::::::::::::::::::::ヽ
            ` ̄         /::::::::}::::::::|::::::::::::::::/:::::::::::ハ:::::::::::::::::::::ハ
エーリカとイチャイチャするだけのお話
作者 ごえいかん ◆o291KqzmWI
原作 オリジナル
投下日 2015年9月28日
  

エーリカとイチャイチャするだけのお話は、オリジナルの長編やる夫スレ

作者はごえいかん ◆o291KqzmWI。2015年9月28日より連載中。

概要編集

作者の妄想の化身であると同時に不倶戴天の敵であるやる夫が、

言葉など既に意味を成さないレベルで可愛い、天使。究極可愛い生命体であるエーリカ・ハルトマンと、

砂糖を吐きそうなゲロ甘な夫婦生活を織りなしていく作品。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。