-=ミ、    . -──- .
                      '       >"´  -‐      丶 _ ,. -=ミ
                 _{,. -= /  /      /,      :.  - 、  \
               ,</////イ   '     _/ / /  '     、  \⌒ヾ
               ///////〃{  /    イ `メ、 / /  ,  }i  ',  丶
               <//////// { i   '  ー=彡x抖芋ミ、 /  / / }   :    \
                 `<//// { : /  / Ⅳ  ん/沁 ハ /} ィ  '     「 ⌒ヽ
                    ̄   ∧厶イ  N  乂rツ  }/ ノ'厶/  , }  }
                    //∧ 从  | ヽ , ,       '竓/  / ハ  ′
                       i///{ ヾ  ヽ{         〈ツ/  ィ / }/
                  ____{///{   V}圦         ' 厶ォ/ j/
               'ニニニニヽ∧ __ '}:_: : :..    ‐ -  イ ノ'
              /ニニニニニニV{ニニニ=_: : :...    / }〉
            'ニニニニニニニ}ニニニニニニ=_>‐ ´  /
          r== 、ノニニニニニニニノニニニニニ=-{、
        }   \-=ニニニニニニ{ニニニニニニニv≧=ミ
.         ',   0 ` -=ニニニニ∧ニニ≫ ´ ̄ `ヾニニニ',
          }`     0  ̄ `<ニニ〉'´〈       VニニニV
.         丶      __     ヾi:i:'   :..       {{薔}}¨¨ヽ
.            }___r=='   >,._ /i:i:     >  .... 〈_/ ヽ〉  ',
            {           { Vi:i:.         ̄    ...::::::..}
        ___ _',  ___   _,ノ   Vi:i:.        /   -={
       \ V ヾ´㏍㏍㏍{     Vi::. ′             ',
        `r{ r' -==ミ㏍{     Vi:/  _ ___
.           杙ノ      ヽ}    r┴=ニ三三{/{ニ=- ̄,._   }
.          |           }     {三三三三ニ{/{ニニニニニ=-_}_
            l        {     ノ三≫//////-=ニ≫ ̄ -=ニニi
           i         |  /三≫//////i{  ≪ニニ≫  ̄ >ニ}
オリヴィエ・ゼーゲブレヒト
原作・出典元 魔法少女リリカルなのは
性別
愛称・呼び名 ヴィヴィ
一人称
性格 優しい 強い意志
特徴 両腕が義腕 オッドアイ
口調 丁寧語
備考 クローン:ヴィヴィオ
  

オリヴィエ・ゼーゲブレヒト(Olivie Sägebrecht)は、漫画「魔法少女リリカルなのはVivid」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「オリヴィエ・ゼーゲブレヒト」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

古代ベルカの歴史上の人物。親しい人間からは「ヴィヴィ」という愛称で呼ばれていた。右目が緑、左目が赤のオッドアイヴィヴィオのクローン元となった人物。ヴィヴィオの大人モードと比較すると、やや垂れ目気味で貧乳という違いがある[1]

聖王連合の一つ、ゼーゲブレヒト家の王女。聖王家の守護兵器「聖王のゆりかご」の適合者候補の一人として「ゆりかご」内部で生まれた。しかし、ゆりかごの王としての資質が低いと判断されたことと、幼い頃の魔導事故により両腕と主要臓器を欠損[2]したことから正当な継承権を持たず、聖王連合の友好国家の一つ・シュトゥラへと留学の名目で人質に出された。

後に古代ベルカで発生した戦乱を終わらせるため自ら「ゆりかご」を起動させる「玉座の王」として志願、適合を確立したために戴冠を果たす。そして「ゆりかご」を守る生体兵器と化してその命を燃やし尽くし、短い生涯を終えた。古代ベルカ平定の立役者となったことで「最後のゆりかごの聖王」と呼ばれ、死後、彼女を祀る「聖王教会」が設立された。

聖王家の血統による強靭な肉体と強大な魔力、そしてゆりかごの適合者となるために魔力補助コア「聖王核」をその身に埋め込まれており、そのスペックは極めて高い。武技において最強を誇ったとされ、義腕を身体操作魔法で動かすことで常人と変わらぬ動きを実現している。ちなみに幼少期から格闘戦はかなり強く、義腕無しで自身を助けに来た人物を逆にその格闘技術をもって助けている。

性格は心優しい人物で、やや自己犠牲的な精神が強い。物腰は丁寧だが、一度決めたことは曲げない強い意思も持ち合わせている。

やる夫スレにおいて[編集 | ソースを編集]

関係者としては、まずヴィヴィオが挙げられる。また、生存当時の時代のキャラクターもいるが、あまりメジャーでもないため、現代のなのはキャラと絡む場合も多い。

戦闘AAという面では、格闘技のAAが豊富に存在する。また「暴走腕」として黒く巨大な異形と化した腕でのバトルができる。

主な作品[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. これはヴィヴィオの変身の方が記憶や深層意識(なのはたちやヴォルケンリッター等も含む)を元にしたものであり、必ずしもクローン元であるオリヴィエを再現するものではないため。
  2. 「命を生み出すことができない」と手紙に残していたことから、生殖機能が無くなっていることが仄めかされている。

関連項目[編集 | ソースを編集]

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。