Fandom


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ガンダム
             マム        _ロミ、  ムマ
            マム   \〔_〕/vムマ
     Y⌒Yi   _マム   f{℡_rュ’lヨ}マ   /〈\
   ___弋iヲノY辷ト、  ̄ヽ__辻}、n, {ilヨ_}r―r――\\__
  (O)::::)ニ壬}_j::ー'::::}コ__〕 ̄\三三}〉`ヽi‐' ̄ /ニ\ _ム
    ̄´0二)::}7j宀=Y::/7ヽ ___`二二 ___ } __,イ三三\ \
        `´Yi:r(⊃Y´ jz/  //三7ヽ___j三}‐´  V三三ニ\ \
        {:}:|三ヲ_/{ミr‐r――}:::/-/‐イマム_rz Vニ>、三\ \
        {:}:| i」   >辷ヽ__j::/ー/__/  マ‐ミニ}_}、\:::\三\ ゚。
        ~     ゞ‐廴_〕_辷_/__ム-、 `Y´`´ \:\:::>、三\ \
             〔 //fr―‐、}:i冂}: f  ̄V \ \  〉//:Y三=\ \
             // i|{i   }',::マ込廴 ノヽ   \f≦ゝ'::):}‐'三三ニ \ \
              〈〈,イ{ i`=' }::i ̄|、_z≦´     ∪彡' `\三三三ヽ ヽ
             ~ 7` ̄ ̄i´::ノ__ノ" _r'゚,ヽ           `ヽ、三三≧、Y
              //__// /` ̄ V ̄〉  ', ゚, _           ヽ三三=}}
                //z_// /     V \ V{ | ヽ           `ヽzzノ'
               /`ーミ_ノ      `Yzr‐ミz}j   ゚,
            // ゚ f fi       マ((N))ヽ、   }
          //‐-=、∧~        ∨`´ i ヽ |
           f__i〔__〕 / }            マ   ゝ }ュj
           { ゚|  /‐-/           ヽ  ノ/ (
          レ'{_/ク ゚ /            `Y´ i  ヽ、
          /  /i/                | 。i   /___
           /  //               >、f⌒Y´>' }
       _/辷コ/ }               { (乂ソノ__ ,z圦ヽ、
      ,イ〔三ム__f^Y                / ̄\__>ーイ//\}
      {_       (_{}             `ー―'゙ー―‐'ー‐'´
        /二二 ̄´〕}
      //////≧>'
      `ー――'´
RX-78 ガンダム
原作・出典元 機動戦士ガンダム
愛称・呼び名 ガンダム
特徴 トリコロールカラー
備考 パイロット:アムロ・レイ
  

RX-78 ガンダムは、アニメ「機動戦士ガンダム」に登場する架空の兵器。

ウィキペディアの項目「ガンダム_(架空の兵器)」も参照のこと

概要編集

ジオン公国軍の主力モビルスーツ(MS)「ザク」に対抗するため、地球連邦軍が発動した新兵器開発計画「V作戦」に基づく試作白兵戦用MS。全長18m。3機が製造されたがシャアの攻撃で2機が失われ、本編で活躍する白・青・赤の機体は本来2号機(RX-78-2)だった機体である。開発主任はテム・レイ大尉で、彼の息子のアムロ・レイが偶然からメイン・パイロットを担当することになる。

ザク・マシンガンを弾くルナ・チタニウム製装甲、重力下でも凄まじい跳躍力を発揮する推進器、ザクⅡを一撃で粉砕するビーム・ライフルとサーベル、戦闘記録を最適化して保存していく学習型CPU、コア・ブロックシステムなど、当時の最新技術がこれでもかと盛り込まれた「連邦の白い悪魔」。その比類なき性能は、パイロットとしては素人そのものだったアムロを幾度となく救い、成長させていく。戦争終盤にはニュータイプとして覚醒したアムロの操縦技術に追従できなくなり、ガンダムに匹敵する新型機も登場するが、マグネット・コーティングによる操縦性向上によって対応。最後はア・バオア・クー攻防戦で首と左腕を潰されて大破、乗り捨てられる。

その華々しい戦果から、1年戦争後の連邦軍内では「ガンダム神話」が生まれ、次々と「ガンダム」の名を冠する機体が作りだされた[1]。同時に反連邦存在にとってもその「反抗の象徴」としての存在感は魅力的なもので、強奪の対象になったり、時には自ら作り出すこともあった[2]

ガンダムをはじめとするメカニック群は、バンダイ創通のプラモデルのシリーズ「ガンプラ」にて立体化されている。

やる夫スレにおいて編集

やる夫スレに登場する場合は、普通の巨大兵器、もしくは人間大のパワードスーツとして登場することがほとんど。中には彼(?)に独自の性格を与え、一人の登場人物として扱うやる夫スレも存在する。

主な作品編集

脚注編集

  1. 映像作品の主役級だけでもGPシリーズの3機、ガンダムMk-II、サイコ・ガンダム、サイコ・ガンダムMk-II、νガンダム、F91など。外伝作品も含めればさらに増える。中には「ガンダムがジオン残党に与える影響の検証用」に量産機の頭だけをガンダム風にした機体(TR-1ヘイズル)すら設定されている。
  2. 映像作品の主役級でいえば、Zガンダム、ZZガンダム、Vガンダムは反連邦勢力や民間勢力が独自に発注・製造した機体である。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。