_,.ィ'ノ
         ,.ィ'´:::ィ'-‐‐-- .、 _                __,.
       /::::::'´::::::::::::::::::::::::::::`ミ≧             `!::`::77
    /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`ヽ、             /::::::/:/
   /:::::::::/::::::/:::::::::::/:::::::l:::::::::::::ト、::::::ヽ.          /::::::/:/
   /:::::i::::l:::::::l::::::|::::/:::イ:/!:::::::::::::l !:::l:::ヘ        /::::::/:/
  l::::::::l::::l:::::::|::::::l::/::/ !:l |::::::::::/:l l::::i:::::ハ         /:::::/:/
  l::::i:::l:::::l:::i:::l:::::l/::/ l / l::::::::イ:::i-‐l::::l::::i '       /:::::/:/
   !:::l:::l:::::|:::l:::i::::|:/‐‐リ- |::::/ |:::l,=ォ|:::l:::::l        /::::/:/
    l:::i:::|::::i::::l::::l:::i__二ニ,. !:/ l:ノトソl:::/::ハl     /:::/_,什7
   ヽ::r'f゙rl::::|::::i:::l弋゚リ l/  リ  ̄/イ:::i !      /,-、/--/
    `{ヘソ!:::l:::ハ::i ` ´    ヽ   l::/l      /ゝ-1::::/
     ゝ、_j:::|::i:ト、:ヽ.     __ .  /l/リ    _ノ!::::::/:::/
       Vハルノ!‐丶ゝ     /|/ /    {ヽ.フ{ミ/`!
     r'´ ̄` ー‐-: 、リ゙ーr- ‐ '´   ,. 'フ   勹T:‐-/ /
     入        `メミ`ヽ、  //二⊃ `|::::/ /-、
    〉ニ=-‐'"´二三_ _ `≧:} / /'´フ二ニ) r‐'    ヽ.
    ゝ:__,. r'T'´ ̄`ヽ、ヽミ   7 l ' r'ヽ ,.ニ⊃ l       `!
     {/:::::::.:::l_,:-:::::::::::::\`ヽィ'〈 |  ト、 l    l        /
     リ::::::::/:r'´ ̄`ヽ::::::ヽ. ` ゝi、   ノ    ,.┴、    /
     l:::::::/::/::::::::::::::::::::、::::::ヾY´ハl  l´   /‐- 、`ヽr'
     i:::l:/::/:::::::::::::::::::::::::、:::::::ヽ\「二ニ7、 /二メ、:::\::`7
     |::l::i::{::::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::゙ト、ヽ:::::::/ /‐‐{f、::ヽ、.:::゙/
キノ
原作・出典元 キノの旅
性別
一人称 ボク
性格 ドライ
特徴 ボーイッシュ
口調 中性的
  

キノ(Kino)は、時雨沢恵一の小説「キノの旅」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「キノ」も参照のこと

概要

相棒である言葉を話すモトラド[1]のエルメスと共に、当てもなく世界中を旅をしている少女。年齢は10代中盤~後半程度(エピソードの時系列による)。

黒い短髪に華奢な体格の、中性的な容姿。あまり積極的にものを喋らず、他人とも関わり合いたがらないドライな性格。「一つの国に滞在するのは最大3日間」というルールを課している。基本的に他人を信用しておらず、生き延びるためならば他人を害するような手段も選べる現実主義者でもある。一方で、時には義理堅さや人間味を見せることもある。旅暮らしのためか、非常に食いしん坊で貧乏性。運動神経は非常に高く、彼女が「師匠」と呼ぶ女性に鍛えられ、銃器[2]の扱いを始めとした各種戦闘術、生存術などを叩き込まれている。本人が悪食のため自覚は薄いが、凄まじい料理下手

12歳になると大人になるための手術を受ける「大人の国」出身。幼少時は髪も長く女らしい格好をしていた。手術の数日前に旅人と出会い、彼の言葉で手術に疑問を持ったことで国の法律に触れてしまい、殺されそうになったところを旅人に庇われ、国を脱出した。「キノ」という名前はその旅人からもらったもので、本来の名前は別にある。「花の名前」「一文字変えると悪口になる」等の断片的な情報が提示されるのみで、「×××××」と表現され不明なままとなっている。本人も最早ほとんど覚えていないらしい。

セルフパロディ作品『学園キノ』では「木乃」と表記され、女子高生として暮らしている。一人称も「わたし」となり感情表現が豊かになっているが、食う事と寝る事にのみ関心があるところなど根っこの部分は元々のキノと変わらない。

主な作品

脚注

  1. 作中の二輪車。空を飛ばないものを指す。
  2. 作中で銃器の類は「パースエイダー」と呼ばれている。

外部リンク

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。