Fandom


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓
┃: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : : : : : : : :._:.;;''".._:.::;;:':.:.     |     ..:...:..:::.:::;;:;:;';:: : : : : : : : : : : : : : : : : ; ;_:_; : : : : : : : : : : : ._:┃
┃: : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´: :: : : : : :_,..:''""`..:.;:;:':::.:...       |   ....:...:....:.';;..:.:'.';;:::.:: : : : : : : : : : : : : : : :_ :,.,.;::.:.;:'':':';:''":"´:.:: : : :..┃
┃: : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :.       | . . ....:...:..:::.::;:;:;;';':':': : : : : : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : :.┃
┃: :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : : : : : : : : :..,;,:.:゙'"..:.:'.';;:.:;. :..        ..|....:...:..:::.::;:;:;;';':':':'"´ : :_,.,.,;::;::.:::.:::;;:;:;:;:;':':':'"´: : : : : :..: : : : : : :..,;,:.:゙'.┃
┃"..:.:::;:;:::;';':::':'"´ : . : : . : : . : : . : : . : :...:.:'"..:.:;;:;.:. ..,._'     . ....:...:...:.:.:::.:::|:::;:;:;':':':'"´: :.._;_:,.; ._,:.."..:.:::;:;:::;';':::':'"´.: . : :... : : . : : . : : . : :...:.:'"..:;. ┃
┃:'''´: : . : : : . : : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;' : : .: : . :..:.:.:..::.::::::;;:;:;';:':':':'"..| .__,.,;:"''':;';:::: .:::;'": : ..:'''´: : . : : : ...: : . : : . : : . : : . : : .''""゙゙´_,.,.::;;;. ┃
┃. : : . : : . : : . : : . : : / ll \ . : :_.:_ _;::': . : :.. ...::.:::;;;:';':'':'"´:..:.`_,.,...::.':'"..|:.:::;;:;:;';:;':';;:''"´.. : : .. :. : : . : : . : : . : : . : : . : : . : : . : :_.:_ _;::': . : :.  ┃
┃. . . ... . . . .. _//イ || \\;':;';'"`..  ..:.:.:;:;;':':'"´...  _.,..:''"、::::.:::;;:;:;'|';':''':'"´. : . : . : . : . :: . . . . . . . . . . . . . .__,.,:::;':;';'"` .. .    ┃
┃ . . . . . /=ニ=>ー<=ニ=ヘ:.:::;;:;:';':':':'"´   .  . .,.,ヾヽ、 lヽ  ,、|. . . . . . : : . :    .  . . . . .  ._..,...;'"´...:.:.:::.:::;;:;:';':':':'"´┃
┃. . . . .  / ===/二ヘ=== \´ `´.     lヽ、ノヽ、}  ∨ `ヽ| | . . . . . .. . . . ,.,::: . . . . .    _,;::."'..:.:.:::.:::;;:;:;:;';::':':'"´ `´   ┃
┃     //  _ -――――- _= ヘ       _ノ    `        | ,, ,.,.;,;::::,:::::;''" ..:.::;':;      . _,. :.':".____:::':'"´       .. ┃
┃  _..... /ー.//.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\`jl     __|                   |:::::.::;::;:::;:::;:;';';:::';'::'''" ......_.....:;;:;:;::';:':'´.' ´   ``           ..┃
┃ ` ´ .l/./、.:.:.:.:.i.:.:.::i.:.:.:.:.:.:.l.:.:.:.:.:l.:.ヽil     \               | ̄ ̄ \'":'"  .. .  ` ´ ...:.,.. ./ /" ゜\. \        .,;: ┃
┃::'".,:::; ∧! i.:l.:.i.:.:i.:.:.:.l.:.::.:.:.!/.:.:.:.:/.:!.:.:.l|.. ..`゙"´\              |       \       .::'".,:::;:':;'' /./ハ/      ヽハ ヽ     .`゙"┃
┃"´'".../テi.:.:ヘ斗‐ト、i‐、.:.:.:./.:,―-:./.:./ト、       }/   /""~~""\ |         \           |/ リ'´     `ヽリ |        .┃
┃  ._ltVi.:.:.:i tf=-、_ヽVl/'_,-=.t ///i |_ ..  /   /         .ll|          \      .   |.レ从●    ●从. |         ┃
┃─. ̄lイヘト、l l | i」 l    イl i」 i´/∧lィ_! ̄─ー.〃 / /     _   .ノ|    _       \-─'´ー-. |(|⊂⊃ 、_,、_, ⊂⊃|)|-─'´ー-= ┃
┃   弋∧i t ヾー'     ゞ‐'イ/ /_/     .レ{ ∧{ : : : : ´⌒\,, ;::|、、/⌒`       .l      .| | ヘ    !_.ノ   ノ | |       . ┃
┃   ^   ヽi ⊂⊃ ワ ⊂⊃イ/ .. .. .'', レ{ ∧{ : ::;; ( ● )::::ノ |ヽ::::::( ● );;::   |    ^ | | l > .____. < .l | |  :   .┃
┃.  . '  :  ヽ、 >t―f=ニ //  ;    '   l { §: : : : :  ´"''"   |      "''"´    l .   .  '..l /| | ヾ:::|三|:::〃 | |ヽl ;     .┃
┃ '',  ; ' .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄..|  :.     . ; §\ : 。: : : :(    |     )      /     ::;< | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ | >   :..   ┃
┃'     (,,)              (,,)        .  ゚  \ o:: : `ー-‐' |`ー-‐'′   / .      :; ;(,,)           (,,).......... .  ┃
┃  ;     |.   FALLOUT3  ..|       .     ;/ヽ::: : : : : :::: : :|: : : : : : : イ\  ; ' '  ; |. |   FALLOUT1 . | |' :    ┃
┃.. .  ゚  |_________|    '.   ;  . /: : : : : : :::::::``ー-|-‐'"´      \ '...   |V |_________| V     ┃
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛
ギャル夫が核シェルターから逃げ出すようです
作者 ◆P3dFUnx0fI
ジャンル ゲーム系
原作 FALLOUT3
時代 近未来
舞台 アメリカ
投下日 2010年7月9日
投下板 やる夫板II
状態 完結
最終投下日 2010年10月1日
話数 全12話
主な登場人物 ギャル夫メティスできる夫やる夫やらない夫いかない夫
  

ギャル夫が核シェルターから逃げ出すようですは、PCゲーム「FALLOUT3」を原作としたゲーム系中編やる夫スレ

作者は◆P3dFUnx0fI。2010年7月9日から同年10月1日にかけて連載された。

あらすじ編集

2077年に起こった核戦争「グレート・ウォー」により、世界は荒廃した。人類の大半は死亡したものの、一部の人間達はvault-tec社の核シェルター「vault」に逃げ込み汚染を避け、また一部の者は荒れきった世界にて突然変異を起こした生物や荒くれ者に怯えながら生き延びていた。

時は過ぎ2275年のある日、vault101の住人ギャル夫は、医者であり父のジェームスとその友人ジョナスがシェルターを強引に抜け出そうとしたことを知る。監察官によって撃たれ瀕死のジョナスから、父はシェルターの外に脱出したことを告げられたギャル夫は、父の行動の理由を知るため、父を探すため、自らも逃げ出す決意をする。

概要編集

◆P3dFUnx0fIの前作「やる夫が核シェルターを旅立つようです」の約100年後、同等の世界観を引き継いだ続編である作品。前作の登場人物も多く顔を出すため、未読の場合は先に前作に目を通しておいたが良い。

ストーリーは基本的にはメインストーリーを追ってはいるが、物語開始早々アンデール(ゲーム内においてかなりの僻地)に到達する、地雷原にて本来なら問答無用で殺し合いになる敵NPCと心を通わせるなど独特の展開を見せる作品。

主な登場人物編集

  • ギャル夫 - なし崩し的にvaultの外に出ることになるが、vault民にしては規格外の能力を持っている。
  • ジェームス(伊藤誠) - ギャル夫の父。息子に何も告げずにvaultを脱出してしまう。
  • RL-03(メティス) - 試作型の最新ロボット。ギャル夫に関心を向けたのを良いことに、行商人に押し付けられる。

vault101の住人編集

  • 監察官(インコ) - 規則を遵守する保守的な姿勢から、ジェームスの脱出によりギャル夫にも疑いの目を向ける。
  • アマタ(麻呂重) - 監察官の娘。ギャル夫に好意を寄せているが……。
  • ミク - ギャル夫やアマタの友人。
  • ブッチ - ギャル夫達と同年代の男。性格が悪く他人からよく思われていない。

vault外の人々編集

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。