Fandom


                                __
                         ---/∧-- 、     ===、
                    ,x≦: : : : :./ヽ: :∧: : : :ヽ////////≧ュ、
                 _  /__: : : : ///∨ ∧ : : : :.∧////////////≧ュ、
              /: : ヽ' r |: : : : : \‐  ̄ ̄ ∨: :.ヽ: : : :.∧///////////////ヘ
            /: : : : : : :.|: : : : : : : : :\     ヽ,: : :.ヽ /: ∧/////////////////ヽ
            /: : : :/: : : :l: : : : : \: : : :ヽ、 /_',: : : ヽヽ ∧ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
              /: : : :/: :.:|: : l: : : : : : { \: : :/,x≦ら/: : ∧ノ: :.∧>、
          /: : : :/| : : |: : :|: : : : : : :!  ` / ∨ シ |: |: :.:i: : : :∧///\
          i: : : : i ! : : |: : :.!: :, -‐ ニヽ     ¨  |: |: : :}: : : :.∧/////ヽ
             !: : : :l マ: : |マ: : \ /く ん、\     r 、:|: : :i : : : :.:∧<,////,\
           マ: : :l ヽ: | ヽ: : : :\ ゞ´ 、     ヽ:/|: :.:}┐: : : :∧   `ヽ///\
           \:.|  ゝx≦ヽ__ニ= __  ´`   / :|:.:.:i:/: : : ,x≦≧ュ、 `ヽ//,\
              ゝ<///,|: :|: : :.|: :`└┘___/ ̄ |: /::i: :./:::::::::::::::::::ニ=‐-、\,/ヽ
              ,x≦>´ .   |: :|: : :.|: : :..《:::::::ヽ/l___|:::::::|/|:::|x::::::::::::::::/ ------ i  \/ヽ
         ,x≦´        |: :|: : :.|: : : : \:::::|::::::::__/_\―――‐/:::::::::::::::::: }   \∧
       ,イ/           /l / ヽ |--==,x 7:::,x≦     ∧::: \:::::::::::|::::::::::::::::::::::/     ヽヽ
      ///       /: : //::::\/:::::::::/,′   >::´x-‐-:\::::::|:::::::;x===={       \
     /,/// .       / : : /:::::::::::::::i:::::::::/__ ̄ ̄::::::::/       `ヽ:l::/::::::::::::∧           ',
.    /////.    /: : ∠:::::::::::::::::::::,x ≦   ヽ:::::::::::/          ヽ:::::::::::,x==》          il
   /////{   /: : : :.∨-‐==:/         l‐=,′            ',,イ::::∧´          }}
   {/////,i  /: : : : : : :.∨:::::〃              {               iヽ∨::∧         i,'l
   i,'//////: : : : : : : : : :.∨/                             ,'::∧∨:∧         l/l
   |,////: : : : : : : : : : :/ 》i           ,    ヽ           ノ:::::∧∨:∧    ,x≦l   |/|
   l//: : : : : : : : : : :./: : 《、‘,        /        ゝ 、      イ:::::::::::∧∨:∧ 《   ∧ . |./l
  /: : : : : : : : : : :/: : : : : / 7ヽ       /         /::::: ̄ ̄:::/::|::::::::::::::∧∨:∧/∨.   ∧ l./l
./: : : : : : : : : : :./: : : : : : / /:::::7ゝ-r::´:::|          /:::::::::::::::::::/ : |::::::::::::::::∧∨:: | ∨    ∧l./|
ギンガ・ナカジマ
原作・出典元 魔法少女リリカルなのはシリーズ
性別
愛称・呼び名 ギン姉
一人称
性格 しっかり者
特徴 リボン 左利き
備考 妹:スバル・ナカジマ
  

ギンガ・ナカジマは、アニメ「魔法少女リリカルなのはシリーズ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ギンガ・ナカジマ」も参照のこと

概要編集

「魔法少女リリカルなのはStrikerS」から登場。17歳(StrikerS時点)。スバル・ナカジマの姉。時空管理局の陸士108部隊に所属する捜査官で、階級は陸曹。物語中盤から機動六課に合流し、スバルたちと共に戦うことになる。

スバルの格闘術「シューティングアーツ」の師であり、母クイント亡き後一家の母親代わりも務めていた。幼い頃から一家を支えてきたため、かなりのしっかり者。大食いだったり、興味を持った相手に対しては人懐っこくなるなど、スバルと似た面も見られる。使用デバイスはスバルと同型機となるローラーブレード型の「ブリッツキャリバー」、及び母の形見であるナックル「リボルバーナックル」の左手部分。

その正体はスバルと同じ戦闘機人「タイプゼロ・ファースト」[1]スカリエッティ一味による管理局地上本部襲撃事件の際にチンクを始めとするナンバーズ3人と戦い、敗北。左腕を失った上に拉致されてしまう。その後改造と洗脳を受けてナンバーズの「ナンバー13」として現れ、スバルと戦って敗北したことで洗脳を解かれるという、作中では珍しく「悪堕ち」を経験しているキャラクター。

事件解決後は改造の解除とリハビリを行うと共に、更生の意思を見せたナンバーズたちの再教育を行っている。

やる夫スレにおいて編集

スバルとの姉妹関係が踏襲され、スバルの出演する作品にはギンガが、ギンガの出演する作品にはスバルが何らかの形で登場することが多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. スバルと違い、彼女の戦闘機人としての能力は不明なままになっている。

関連項目編集

外部リンク 編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。