ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > サウス・バニング
             ,ィィ'゙゙゙゙"""ヽ、、
          トイN' ′  ,:;r'´'´ ニヽ,,
            トN.:W:;.:.:.:.:.:.:.    '" ̄``ヽ
         ミ .:.:W.:.:.:.:.:.,r'´,,,. -=ニ ミヽ:.:.`ヽ
         ミ;、.:./^ヾ,.:.:.:.,. '"´ ̄``ミミヽ `ミ
           ´斗j!  `゙゙゙´       :.ミミミヽ、,,ミ
            `ラ   ;         :.';ミミミヽ j!
          〈‐==z、;, r',、-===、、,,;,ヾ;r=、 j!
            〉:'‘ー'7 .:.ミ`‘='''`` ‐  リハレ′
              {  /     ~ `゙゙  ノ .j /
            ,j!  L_ __,,::` 、   ,.:′.ノノ`ヽ
          ,/.::゙, 、 ..__     ', : ,′,′./',`ヽ.:::\
        /.:.::.;;;/',  ー  ̄` j } /  / l  ゙、:::::.\
      /.:.:.:.:.:;;/: : !       ',.イ   .:,' .::|   ゙、;;;;;;;;;;ヽ、、
      ,. イ.:.::::;:;:/: : : :`rー---‐'゙´ :' .::,' .::::|   ゙、;;;;;;;;;;;;;;;;;
  "´.:.:.:/.::;:;;;;/: : : :  i       .:;'  ./ .::::/:     ゙、;;;;;;;;;;;;;
  .:.::::::/;:;;;;;;;/: : :    i      .:;' .::/.:.:.::::/: : : .    ゙、;;;;;;;;;
  .:.:::/;:;;;;;;;;〈: : : :    i     / .::/.:.:.::::/: : : : , -─ ',;;;;;;;
サウス・バニング
原作・出典元 機動戦士ガンダム0083
性別
愛称・呼び名 バニング大尉
一人称 俺、自分
性格 厳格、良き上官
特徴 金髪、深い皺、褐色肌
  

サウス・バニング(South Burning)は、『機動戦士ガンダム0083』の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「サウス・バニング」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

地球連邦軍のMSパイロット。U.C.0083時点で39歳で、階級は大尉。一年戦争時にはアルファ・A・ベイト、チャップ・アデル、ベルナルド・モンシアらと共に「不死身の第四小隊」として知られた歴戦の勇士。戦後はオーストラリア・トリントン基地にて教官職についていたが、デラーズ・フリートのガンダム強奪に接したことで、強襲揚陸艦アルビオンのMS戦隊長として追撃作戦に参加する。

シリーズ有数の「理想の上司」に数えられる傑物。厳格かつ公平なだけでなく、相手の事情を汲んでさりげのない配慮が出来る姿から、コウ・ウラキやチャック・キースからは鬼教官として恐れられると同時に深く尊敬されていた。曲者揃いの第四小隊からの信頼も厚い。一方で女にはだらしが無く、月での休暇時には「両手に花」状態のところを部下たちに目撃されている。妻シルビアとは別居状態が続いており、その写真を常に持ち歩いている。

肉体的なピークこそ過ぎ去ったものの、その腕前と、経験則からくる戦術観に未だ狂いはない。序盤で足を骨折したため中盤まで出撃出来なかったものの、それでもアルビオンMS隊の精神的支柱として貢献した。しかしシーマ艦隊との交戦中、敵が落した機密書類の回収に手間取ったことが原因で被弾し、戦闘終了後にその損傷が元で自機が爆発してしまう。ほとんど事故死に近いあっけない最期は、周囲に大きな衝撃を与え、同時にコウの成長を促すことになる。

搭乗機はジム→ジム改→ジム・カスタム。

主な作品[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。