やる夫 Wiki
Advertisement
                , -‐──、
          ___ /-‐-    \
.        /   ミ、 /⌒       \
       / -‐=ニミ ./          \
.      / -‐=ニミ Y,ハ   ',    ヽ  \
.       / -‐=ニ=‐__Y{iiiiハ    ',  \  ', ', `、
     / ./ 彡{ゞヽjiiiiiiiハ.   \  \ ', i  i
     V / ./  .||      V \\ \  ヽ } } |
      V ./i  .リ     ハ   \\ \  Y⌒Y
      V { =≠ニ=ミヾ__{ V\ \\ \ }斥 |
       }ヽ} r==tヵミ}二  r==tヵミ≧=‐-{ 心.i__
      _jツ|  ヽ==彡|  ヾ ヽ==彡 ニ= 个 ノ:.:.ヽ
     /:.:.ヽ.{   ''''  .|    ゛     ニ=‐ し'|:.:.:.:.:.:',≧...,,_
   _≦{:.:.:.:.:}ハ }     |  、 ヽ      ニ=‐{:.:.|:.:.::.:.:.:.i/////
  ////V:.:.:.:|:.{ `ァ==ミj   { __〉_ ミ、  } .|:: :|.:.::.:.:.:.:|/////
///////V:.:.:|:ハ {__  ゝ-彡      ) ノ ハ .|:.:.:|.:.::.:..:.//////
/////////V:.:}.:.}\7ニニ=‐--‐=ニ彡⌒Y / Ⅵ.::.|:.:..///////
//////////V{__|≧, ̄二二二 ̄  彡'   |ヽ.レ'////////
/////////////|   >,_ _ _,≦/   .}////////////
/////////////|      }、:.:.:.:. ∠_    ./}////////////
///////⌒ヽ //|     ./__}_:_:_/彡叭  ./ .|////////////
//////  / \/  ̄ ヽ///////,气ヌ´\/ .ハ////////////
/////{   ノ /     ノ__Ⅳ///////     ハ////////////
/////ハ ¨ Y     /  ヽ//////      ハ/////////////
//////ハ {    /    {≠≠≪     ハ//////////////
///////ハ |::  ゝ     ./\///ハ    ////////////////
////////ハ:::::::     /   ./ー、/ハ  ./////////////////
/////////}::::::::        /  ///ハ //////////////////
シェルビー・M・ペンウッド
原作・出典元 HELLSING
性別
愛称・呼び名 ペンウッド卿
一人称
性格 消極的、自信なさ気
  

シェルビー・M・ペンウッドは、平野耕太の漫画『HELLSING』の登場人物。通称ペンウッド卿。

概要

英国安全保障特別指導部・本営長を務める英国軍の将軍で、大英帝国円卓会議にも席を連ねている。やや低身長の、丸まっこい図体が特徴の気弱そうなおじさん。化物や英雄達が跳梁跋扈する『HELLSING』の中で、最も人間らしい人物として描かれた漢である。

ぱっと見の印象はうだつの上がらない駄目親父。実際、いつもびくびくしている臆病者で、仕事でも部下からはっきり「邪魔」と言われるほどの「いつも人から与えられた地位と仕事(つとめ)をやってきた」だけの人物である。しかし人間としては深い人情と責任感の持ち主で、地位と役割に応じた務めを果たすことに関しては身命を賭す覚悟をしている「出来た男」でもある。自らの無能さをしっかりと自覚しており、決して出しゃばらないため、彼と付き合いの長い古参の円卓会議メンバーからは「我々を裏切るくらいならその前に自殺する」「無能だが男の中の男」と評され、日ごろは彼を半ば無視している部下達も心中では厚い信頼を寄せている。ある意味では人望のみで成りあがった男、と評せるかもしれない。

同じ円卓会議メンバーのヒュー・アイランズ卿と、インテグラの父アーサー・ヘルシングとは旧知の中で、ヘルシング機関設立にも深く関わっている[1]。アーサーの死後は家督を継いだインテグラの後見人に近い立場にもあった。ヘルシング機関からはその人柄を信頼されそして気の弱さに付け込まれ、何かにつけて無理難題(主に物資や資金提供)を吹っかけられている。

やる夫スレにおいて

メインキャラで使われる事はほとんど無いが、年配の男性役としてしばしば起用されている。その場合、大抵は好漢として描かれている。

主な作品

脚注

  1. アーサーが提出したナチスの吸血鬼化実験資料を見たペンウッドは思わず泣き出すものの、立場上秘密機関結成に慎重だったアイランズ卿から許可状をひったくり、迷うことなく署名をしている(OVA版より)。

外部リンク

Advertisement