Fandom


              ,. ‐::''::´ ̄ ̄`'':‐-.、
          /::::::::::::::::::::::::::::_;;、--‐`!
         /::::::::::::::::::::::::::::/rぅ::::::::::::|
        /:::::::::::::::::::::::::/::::「じナ:::::::::::〉
       ./::::::::::::::::::::::/:::::::::::::,:r ´ ̄`ヽ
      〈::`''ー--‐''´::::::::::::/:.:.:.:.:.:.\:.:.\
        ヽ_:::::::::::::::::::::_;∠:_:.:.;>、:.:.:.:.\:.:.ヽ
            「`┬-:rく:.:ヽ  ,ィr'Tト\:.:.:.:ヽ:.:.:l
           |:.:.:l‐-l;-、\\ `ニ゙   rへ:.:.:.:l:.:.:}
          |l:.:.l:.ヾl'='   ヽゝ    }L:.:.ヽ:.:.∨
         l:ヽ:.\:{   ` _.ノ  ,/ |) |:.:.|ヽ:.:|
           l:.|\:.ヽ{> 、_ |\ '/  .Yヽハ:.:|_,,..、
          ヽ| \:\,r〈 |>‐\.  /::::::::::|:.|:::/::::::\
         , -:|-一へ:\:|,人_,人_X::::::::::::::}:|:/::::::::::::;入
           /::::::::::::::::::::::`'‐ゝイ l ∨:::\:::::::::|/::::::::::::}} (X\
         /^{{::::l:::::}::::::::::::// | | ヽ:::::::\:::::|::\::::::\`r'ひ\
       /イ〃::::|::/::::::::::/ / ,r:ー-、 〉::::::::::\|::::::ヽ::::::::`'==='イ`ー 、
      /_/:::::::::リ::::::::::::ヽ/ / />-V:::::::::::::::::::\:::::ヽ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
     ノ´::::::::::::::::|:::::::::::::::::l.-'| {    \::::::::::::::::l;::\::ヽ:::::::::::::;:::::::::::::::::::|
    /:::/::::::__::::::|:::::> '´  .ヽ,ヽ、     \:::::::::/\::\:}::::::::::::l::::::::/::/:>
   ヽ/::;::--、:::> '´     ,. ヘ.入    ヽ`ヽ!  \::\:::::::::::l:::/:://\                , ___
  /:/,r‐ァ '´        , '´:::::::::::::::\. \\ \\   `ーヘ;::::::::|:l:/o/    \           ,イ'´ _,∠`
 〈::::/::/,/      ,. イ::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ,. 〉 ト、 \_>      \‐/_,/ヘ.    \         |___,.>'⌒
  .Yo/      ,. イ}:::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::/./|. {::{.`ー′        \   \     \       _,イ/
  {:::l:ヽ、.___,/:;r' |:::::::::::::::::::|::::::::::::::::::::`:::::`::::〉            \    \     \    仄イノ
   \\__,.::::::/  /:::::::::::::::::::::l:::::::ヽ:::::::::::::::::::::|                \   \     \_,仄イノ´
    ` ー '´ ̄   /:::::::::::::::::::::::::l::::::::::\:::::::::::::::|                 \   \   >‐.く
              /::::::::::::::::::::::::::::ヽ:::::::::::\:::::::::::l               \   ヽ//`.} |
              /::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::::::::ヽ:::::::::ト-、              \rv' .,イ   .∨
             /:::::::::::::::::::::/_ヽ::::::::::::\_::::::::::::::::::ト、:.}__         _,r一⌒\. { }     |
シオン・エルトナム・アトラシア
原作・出典元 MELTY BLOOD
性別
愛称・呼び名 エジプトニーソ
一人称
性格 生真面目
特徴 帽子、ミニスカ、三つ編み
口調 丁寧語
  

シオン・エルトナム・アトラシア(Sion Eltnam Atlasia)は、TYPE-MOONの格闘ゲーム「MELTY BLOOD」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「シオン・エルトナム・アトラシア」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「シオン・エルトナム・アトラシア」も参照のこと

概要編集

「MELTY BLOOD」の主人公兼ヒロイン。アトラス院というエジプトの魔術協会に所属する、錬金術師の少女。「アトラシア」の姓はアトラス院の院長(候補生)に与えられる称号であり、本来の名前は「シオン・エルトナム・ソカリス」。

かつて「タタリ(ワラキアの夜)」という吸血鬼の討伐に参加していたが、返り討ちに遭い半吸血鬼化してしまっている[1]。以後、自身の完全な吸血鬼化を防ぐ研究を進める傍ら、タタリの完全な討伐を目的に世界各地を渡り歩いている。タタリ出現の兆候が見られた三咲町を訪れ、遠野志貴と出会った。

論理的な思考を好む、生真面目な合理主義者。ただし冷淡というわけでもなく、それなりに感情豊か。三咲町の事件終了後は人生を謳歌することを覚え、情緒が育っている。辿ったルートによって彼女の運命は大きく異なり、完全な吸血鬼と化したり、半吸血鬼のまま弓塚さつきらと路地裏で隠遁生活を送ることになったりと千差万別。顔を合わせれば殺し合うとまで言われてる月姫のメインヒロインたちと普通に付き合える稀有なキャラクター[2]

分割思考という、複数の思考を並行して行う技術を身に着けており、その演算能力はコンピューター並。エーテライトという繊維を使い戦闘に活用するほか、他人の脳に介入することもできるため「霊子ハッカー」という異名を持つ。また、「ブラックバレル・レプリカ」という高位の死徒など神秘性の高い標的に対して高い効果のある拳銃も所持している。魔術回路の数など魔術師としての単純なスペックは低いが、それを補って余りあるほど道具作成能力に優れている[3]

主な作品編集

脚注編集

  1. タタリが発生と消滅を繰り返す特殊な存在であるがゆえに、タタリの消滅中は吸血鬼化の進行が停止している。
  2. ただし、これは志貴争奪戦に本格的に参戦していないからと言える。
  3. 所属しているアトラス院が「自分が最強である必要は無く、最強の存在を作り出せばいい」と言う方針になっているため。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。