FANDOM


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > シャア・アズナブル
               /       i、
                /!       iヘ
              / i   _,,、、,,_  l ヘ                                                  _,,,,,,,,,,,,,_
              / レ ´ ∧  `ヘi: ヘ                                                 ,,r;:r""      ヽ、
             〈 : \,,/ ヘ_,,/ : 〉                                         ,r'" "     ,r''"`   ヽ、
               /\ ` 、 ,'   ',,  "/ ',                                         ,r"  /   ,,r ,r"rヾ、`ヽ、 ヽ、
            /   \_/i   iヘ_/  : ',              /       ,_,              ',    ,|、_ (_   _ (_,r"'"  ヽ、 `ー、i
              l    /〈ヘ /〉\  :  i                 /       ( l 、            ',    ,|ヾl`'ー`ヽ!`i'"      ゙i、  _,〕
           |  /   ヘ | /   \i:  l              l      ,i、/ 〉ヽ!ヽ、ヽヾ   `ヽi   l     tヽ|     ゙i、      ヾー[」-!、
           i ノノ>-、,,_ ∨ _、-ーヘヽ、 i.              l    i , ノ ハ( 、 ,-‐..'´`ソ'`ヽ i リ   /.     ヾ|     ゙i、,|  _,,,;;;=''"`  ヽノ、 〕
           / /<  ̄ ヽ>''</ ̄ >\\i           │  i、l=‐':´`"゙:::::::::::::.  : ノノ/、  /        !i,‐-;;;;;;、,゙i、r'"-,ニlア    |i、゙`イ|
         //!  `ー- ' /i\`ー ´  |\\              | i i |/::` :: ::::::::,i ヽ ;::::::..  .:: l l  l   ヽ        `i;-、ニlア i、 "      |、ヾ|l|゙
        //   `┬---く ノ  ヽ- -┬'′ `\           l ヽゝ l::: ::: :::/ |  `' 、::: -'´j l' /   ).        ゙i,    |:|         | ゙i, ノ,
       / ´     )ヘ   __ _ __   .ノソ     \          ヽ、ヽ ` 、、:::/  !、-     ゝ,l '   /         ゙l、  `!_,,.       | ゙i |
      \      ゝト   ` ー‐ ´  イ)       )           ゙''- 、ミ ',   _, - ‐-   /r, 、 `( _        ゙!、  ,,,,.. -'''    /  | .|
        \     イ \  `  / i_     _、/              _ノヽ\    -    , '// \   )          ゙i、   --    ,r'   ゙i_!-;
          `'ー、,,.___|(::ミ=≧≦≡彡L__.,,、-''"                 `ヲ.  \      / //    `''‐'-,.           `!、     ,r"_,,,r-'''ニ-‐''゙i
            _iミ 三ヘ || レ三 イ、                 , ==l ,  l ` - ‐ '  //   ,---、 /.           rヾ、`ーr‐''ニ""-‐'"     ヽ,.........,_
   __ _,,、-ー''"´   ヽ、.二ヽ||/二,、ノ `"''ー-、、,__ _.     , , ' '´   !li  lL.   , - ' 7/   |=000| )         __λ i,ヾ| i''"       _,,.r-t"_,r'"_
/´ヽー┬ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)ー--(;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/____7ヽ、 //      `゙゙゙_)| `' '´   l(    ゙ー ' ´く   _,......r-i'",r'ヽ | |:| |     _,,--'"   ~ヽ、:::::
 /   |;;ヽ二二二`ヽ;;;;;;;;;;/    ヽ;;;;/´ ̄二二二7/  ¨`\ ヽ.ヽ、        l      ヽ >          '''j;, ̄ ̄  `i | |:| |  _,,r''"        ヽ、:::::

               一年戦争期(20歳)                      グリプス戦役期(27歳)            第二次ネオ・ジオン紛争期(33歳)
            機動戦士ガンダム                    クワトロ Zガンダム                 逆襲のシャア
シャア・アズナブル
原作・出典元 ガンダムシリーズ
性別
愛称・呼び名 シャア(時代問わず)
少佐、大佐(一年戦争時)
大尉(クワトロ時代)
大佐、総帥(逆シャア時代)
一人称
特徴 仮面、サングラス、を好む
口調 理性的
備考 父:ジオン・ズム・ダイクン
妹:セイラ・マス
ライバル:アムロ・レイ
  

シャア・アズナブル(Char Aznable)は、アニメ「ガンダムシリーズ」の登場人物。通称「赤い彗星」。

ウィキペディアの項目「シャア・アズナブル」も参照のこと

概要編集

本名キャスバル・レム・ダイクン。ジオン共和国の建国者たるジオン・ズム・ダイクンの長男で、妹にアルテイシア・ソム・ダイクンがいる。父を暗殺したザビ家への復讐を誓い、「顔の火傷を隠す」という理由で仮面をかぶり、ジオン公国軍のエースパイロットとして機を窺う。一年戦争後はニュータイプの可能性を求めて反地球連邦活動に携わり、様々な組織に身を置きながら結果的に連邦政府に最後まで反抗した人物となった。こうした経歴から、彼の没後100年以上を経た宇宙世紀200年台において「宇宙移民者独立運動のリーダー」という歴史的評価を受けている。

卓越したパイロット能力と部隊の統率力から、周囲からの人望は厚いが、政治的に目立つ立場はシャア本人の望むところではない[1] 。しかし、なまじそれに応えられる能力を持っていること、そしてジオン・ダイクンの遺児という血筋が災いし、どうしても祭り上げられてしまう。こうしたリーダーとしての高い資質に加え、金髪碧眼の甘いルックスを持つため、レコアやハマーンなど女性からのアプローチを受けることも珍しくない。一方、シャアの中には未だにララァという存在が強く残っており、そのため真剣な恋愛関係を築くことができない。結果としてお互いに不幸になってしまうという、哀しいリア充っぷりを見せつけてくれる。彼が本当に欲しかったのは自分のためだけに働ける平和な環境であり、自分が頼りたい母であり、喧嘩でも酒でも何でも語れる親友であったのはいたたまれない。

登場作品が多いこともあって、ザクⅡ、ズゴック、ゲルググ、ジオング、百式、サザビーなど多種多様なモビルスーツに搭乗している。特に「通常の3倍のスピード」を誇る専用ザクⅡの活躍が印象的。一方で名無しのモブ敵相手では無双状態だが、名有りキャラ相手だとパッとしないので「モブキラー」呼ばわりされることも。ちなみにシャアの本領は、むしろ謀略や陰謀などの政治戦であるが、このような狡猾な手段を使わずとも、アムロを殺せてしまうくらいには「悩みを捨てたシャア」は強いと富野監督が発言したこともある[2]

ガンダムキャラの中でも特に有名な一人であり、セリフ集や自己啓発本が出版されるレベルで別格。

U.C.0079~一年戦争編集

20歳。階級は少佐→大佐。その活躍から「赤い彗星のシャア」と呼ばれ、部下の尊敬と連邦軍からの畏怖を集める。戦闘の混乱を利用し、士官学校で「友人」となったガルマを謀殺する。

ガルマ戦死の責任でドズルに左遷され、地球を放浪中にカバス(娼館)でニュータイプの少女ララァ・スンと出会う。次第に復讐よりもニュータイプの理想郷を夢見るようになっていく。しかしララァはアムロ・レイと共鳴したばかりか、アムロの手にかかって戦死してしまう。以後、シャアは、ララァに取り憑かれたアムロと共に苦しみ続けることになる。

最終決戦では降ってきたチャンスを最大限に生かし、どさくさに紛れてザビ家長女キシリアを殺害する。

U.C.0087~グリプス戦役編集

27歳。小惑星基地アクシズで、ジオン残党の頭目ハマーン・カーンに慕われるが、そりが合わない上に政治面で決裂して連邦政府に潜入するという名目で地球圏へ帰還。連邦軍軍籍を非合法に取得し、クワトロ・バジーナ大尉として反地球連邦組織エゥーゴの中核メンバーとなる。サングラスとノースリーブの真っ赤な軍服がトレードマーク。

しかし周囲には正体がバレバレであり、カイカミーユからは「名前を隠してこそこそ逃げてるだけ」と散々窘められた。そしてあくまでも「自分はクワトロであってそれ以上でもそれ以下の存在でもない」と発言した際にはカミーユに修正された。(クワトロも避けれたのにあえてカミーユの鉄拳を喰らっている。)女性関係のトラブルも多く、この時期が一番迷走しているのでは?という声もある。やがて宿敵アムロとの邂逅やエゥーゴ代表だったブレックスの遺言を受けて重い腰を上げ、ダカール演説で遂にシャアとして表舞台に現れてティターンズの蛮行を糾弾し世界を揺り動かすが、戦役の最終盤には行方をくらませた。

U.C.0093~シャアの反乱編集

33歳[3]。グリプス戦役後も地球から宇宙を支配し圧政を止めない連邦政府に失望し、ハマーン亡き後のネオ・ジオン総帥に収まり、核兵器を満載した小惑星アクシズを地球に落下させ核の冬を起こそうとする。このころには完全に素顔を露わにし、髪型もオールバックにして年相応の風貌になった。ネオ・ジオン用兵からはその立場から総帥として扱われるが、はっきり「シャア」と名乗っているためホルストやナナイなどの側近からは「大佐」の愛称で呼ばれている。

その政治力をいかんなく発揮し、一度目の作戦である5thルナをラサに落とす作戦は完璧に成功させ、連邦との裏取引ではあえて愚鈍な首謀者を演じて政府高官の隙を誘い交渉を成立させた後に騙し討ちを行うなど連邦政府を完全に手玉にとった。最終作戦であるアクシズ落としは、アムロと互角の条件で戦って勝利する為に、サイコ・フレームの設計図をわざわざ与えていたことが災いし本人も予測していなかった奇跡が起こり失敗に終わる。その後はアムロ共々行方不明となったが、その存在は色々な勢力に影響を与えている。

名前の変遷編集

先述の通り、本名はキャスバル・レム・ダイクン(Casval Rem Deikun)である。父の死後はマス家に養子入りし、エドワゥ・マス(Edwow Mass)と名乗る(アルテイシアは「セイラ・マス」と名乗った)。ジオン公国軍への潜入の為、顔面に負傷していた故人であるシャア・アズナブル(Char Aznable)の戸籍を乗っ取っている。4番目にクワトロ・バジーナ(Quattro Vageena)を名乗った。ちなみに「Quattro」はイタリア語で「4」を意味する。

やる夫スレにおいて編集

1年戦争期のAAはあまり使われず、量が豊富ということもあってクワトロ時代のものが使われやすい。時間の経過や立場の変化等を表現するため、総帥時代のAAと使い分けられる事も多い。だがコメディ色の強い作品になると、その辺りは気にせず全ての時代のAAを使ったり、PSゲーム『GUNDAM 0079 THE WAR FOR EARTH』での実写版シャア(俗にケツアゴのシャアと呼ばれる)まで持ち出される。

落ち着いた語り口、立ち居振る舞いから、家長や組織のリーダーとして登場しやすい。一方でロリコン[4]・マザコン・シスコン[5]・ヘタレ属性を強調したダメ人間としての扱いも多く見られる。原作と違い、女性に対しては比較的真摯に対応しており、関係がこじれる場面は少ない。

また、宿敵であるアムロ[6]とは味方、友人である事も多い。

やる夫スレではキャラクターが原作の設定から解放されるため、新たな立場や魅力を得ることがしばしばある。シャアの場合も、彼が本当に欲しかった、頼ることができるパートナーや、己を偽る必要のない友を得ている事を見ると、やる夫スレでは救われているのかもしれない。

主な作品編集

脚注編集

  1. シャアは父親の提唱したコントリズム(連邦の支配から逸脱して、宇宙移民者達が独立して生活するという思想)には興味を持っていたが、エゥーゴに参加した時点では組織を率いて独立を目指そうとは考えていなかったと思われる。
  2. だが結局はそれでも最後には負け続ける男とも言われている。また、ファンの間では「シャアが迷いを捨てるなんて、連邦が本気出すのと同じくらい無理ではないか?」というツッコミもある。
  3. 元々誕生日は設定されていなかったので33もしくは34歳とされていたが、誕生日は0059年11月17日とする説が主流となっている。9月27日とする資料もあるが「逆襲のシャア」は0093年3月頃の話なのでどちらの説を採っても年齢は33歳となる。
  4. シャアは決して少女性愛者ではないのだが、年齢不相応の母性を備えたララァに出会ってしまったことで「母性を備えた年下の女性」に対する憧れが強くなりすぎてしまったのである。おかげで同年代以上の女性にはどこか余所余所しくなり、部下(ギュネイ・ガスやレズン・シュナイダーなど)にロリコンの噂を立てられてしまった。富野監督は後年のインタビューで「シャアはロリコンだったかもという部分をおもしろがってかなりヤバかった」と語っている。
  5. 唯一の肉親であるアルテイシアに関しては、小説『ベルトーチカ・チルドレン』や逆シャアとガンダムUCを繋ぐ物語の『赤の肖像 ~シャア、そしてフロンタルへ~』でシャアが遺言を遺したのがセイラであるから一番深く愛していると思われる。(シャアを演じた池田秀一氏も自伝で一番好きなキャラにセイラをあげている。)
  6. アムロとは友人でありたいと思う一方、決して許すことができない敵でもあった。この二律背反した思いなどから、原作中では友人関係を築くことは出来なかった。

関連項目編集

外部リンク編集