Fandom


                      |                               . . .
                iコ|             シャッターズタウン           . . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . .  iェエェュ. . . . . .    ――――――――――         .⌒V⌒. .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . .l llll l. . . . . . . . .  
             l二二二:l
_._._._._._._._._._._._._._._._._._._.| ’:::::|_.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__.__._.__.__
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . |  ::::::|. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . ._. ._._. . . ._ . . . . . . . . . . . . . . . . .
. : . : . : . : . : . : . : . : . : . | ’:::::|: . : . : . : . : . : . : . : . _,,: .,,_ ,,:,/;ii!ii;i!ii;iiー';iii、 . :_ _..,, : . : . : . :.:.:.:.:.
. : . : . -: . : . : -. : -. : .- |  ::::::|:- . -: . :'' ." :'' '' ."." . : . : . : `'':"'':'.:":'`-'':"':.:.:.:.:.:.:. : ." :' '. '- : .
.- : . :- . : -. : . : . -: . : . | ’:::::|: . : . : . : . : . : . : . : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : .- : . : . : -. : . : . : . : . |  ::::::|: . : . : . : . : . : . : . : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : . : . : . : . : / ̄/l/ ||lllll|:::|二:ヽ、-'''ヽ. : . : .:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
. : . : . : . : . : | ̄ |::ll|:|!⌒|lllllll|::.|>):`//l;;;;;;,':,'- 、__,,;,_;,_;,;__,;,;,;,;,;,;,;__:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;
.:.:.:.:__,,.. .-‐;|二二I~Il.:::::::::::I~Il二二l_/.;; ;;;;;;;;;;;"'- 、 ,,':,,, '' ,,':,,, '' ,"'- 、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:.:.::;:;:
-'''",, ;;; ,;;;,, '' ,,':,, '' ,,':,/:::::::ヽ ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,;;;;;;;;;,':,, '' ,;;':,, '' ,;;;,, '' ;;;, '' "'''- .;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;::;:;::;:;:
,':;;, '';;;':,;;;'' ,,':,, '' ,,':,/::::::::::::::\,,': '' ,,':,, ,, '' ,,':'' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,~"";''' ‐- ...,,__:;;:;
,, '',, '' ,,': ,,':,, '' ,,':ノ::::::::::::::::::::::::::>, '' ,,':,,':,, ',, ,, '' ,,':'' ,,':' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,, '' ,,':,,':,, '';;,':,, '' ,,':,, '' ,,
,, '' ,,':,, '' _,..-'''"::::::::::::::::::::, -'"'' ,,': '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,'
_,..-'''":::::::::::::::::::::::::::::, -'" '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,,,, '' ,,': '';;;;;;,':,, '' ,,':,;;;;;;, '' ,,';;;;;;,,':,, '' ,,':,, '' ,,':,, '' ,,':
シャッターズタウン
作者 3ping ◆YQkiyJtWFQ
ジャンル 恋愛 ヤンデレ
原作 オリジナル
投下日 2013年11月15日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2014年6月14日
話数 14話+番外編1話
主な登場人物 やる夫水銀燈
  

シャッターズタウンは、オリジナルの長編やる夫スレ。

作者は3ping ◆YQkiyJtWFQ。2013年11月15日から2014年6月14日にかけて連載された。

あらすじ編集

知の女神の加護を持つやる夫は、精神を操る魔導士として勇者パーティーの一行に加わり旅をしていた。
魔王討伐の旅を終え、王宮に戻った彼らは女王より褒美を賜る。金銭や名誉職等を求める仲間達と違い、やる夫が要求したのは「精神病院の運営権」だった。

仲間と別れ新たな人生を歩む彼の隣には、相も変わらず知の女神が寄りそう。

知の女神。やる夫以外の目には見えない高貴な存在。彼女の眼に映るのは常に唯一人。愛しい愛しいやる夫だけである。

概要編集

精神医学の研究をする魔導士と、彼を狂おしい程に愛する女神が織りなす純愛の物語。

ただし女神の目には、やる夫しか映っておらず、その他の人間は例外なくゴミクズ同然である。
彼女がやる夫の為に行動すればするほど、やる夫の周囲の人間が不幸になっていく。
そんな絶望的なチートでハーレムな物語。

主な登場人物編集

  • やる夫 - 主人公。精神を操る魔術を極めた魔導士。
  • 水銀燈 - やる夫に加護を授ける女神。純粋にやる夫が大好き。やる夫の為に自分なりに考え行動する。
  • 佐倉杏子 - やる夫が運営する病院の看護師。やる夫を尊敬している。
  • 入江京介 - やる夫の同僚。やる夫の腕と人格を信頼している。
  • ネロ - 女王様。勇者には感謝しているが、魔導士はオマケ程度の存在と見下している。
  • やらない夫 - 勇者。魔王討伐においてやる夫は役立たずだったと内心思っている。
  • 竜宮レナ - 元仲間の女騎士。非常に仲間想いの少女。冒険が終わった後は大きなお屋敷で暮らしている。
  • キョン子 - 元仲間の銃使い。昔やる夫と相思相愛だったらしい。今は王国騎士団の隊長。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。