Fandom


              /                \   \
               '   /   /            \   \
            /  /   /  / ∧            |:::ヽ    ,
           '      .:  / /  ':,        |  ::':,    ′
           i   i    i::::/l.斗 ''" ̄\     -イ─-ミ   \ :,
           |   |   l |/ | |      \    // | | |\  |\,
           |   |   | |/ 八x==ミ   ':  /x=ミ| } |   i  )
           | |     | | イV_ノ::::}  `    } /_ノ::::ハ| /  ji  i
           | | |  { 八 { 乂:::::リ      ノ' 乂::ソ ノ' i   八  :,
.            ノノ| |  人::. ':,               /! /;  \:,
         /  八ノイ   \::\ ' ' '        ,   ' ' ' ,'::| / !::  } \
           /| ,八   :::{⌒ヽ     __      /::ノ'::: |:  ,’
             | { :\ :::::ト、     丶 ノ    .イ:::|:::::: :|  ′
             |/\__::ヽ :::∨ 、       /ノ}:/|::::: .:::| /
             .斗──ヘ__\:∨  > .__ ..ィ::/ ノ' |::: .:/ノ'
           <///////// /  ヽ; \   ├<___,:::::;″
              \//斗-‐久    \. `ーr┴‐ノi:i\─// ニ=x
           /  _/i:i:i:i\     У介ヘi:i:i:iV"    i∧
          /,, < \i:i:i:i:i:i:i> .,_/ /l |\\i∧     !∧
シャルロット・デュノア
原作・出典元 IS 〈インフィニット・ストラトス〉
性別
愛称・呼び名 シャル
一人称
性格 穏やか 常識人 優等生
特徴 男装少女 巨乳
  

シャルロット・デュノア(Charlotte Dunois)は、弓弦イズルのライトノベル「IS 〈インフィニット・ストラトス〉」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「シャルル・デュノア」も参照のこと

概要

フランスのISメーカー「デュノア社」の御曹司にしてフランスの代表候補生「シャルル・デュノア(Charles Dunois)」。主人公・織斑一夏に続く、「IS」を動かせる男性として一夏のクラスに転入してきた美少年。

同じ男性としいうことで、一夏と同室になり親しくなるものの、すぐに女性であることが一夏にばれてしまう。本名は「シャルロット・デュノア」であること、妾腹の娘で、レアケースである一夏のデータを得るために半ば厄介払いされる形で実家から送り込まれてきたスパイであることなどを告白。任務に失敗したために学園を去ろうとしたところを一夏の説得により思い留まり、実家と決別する形で本来の名前と性別を明かし、学園へ再入学を果たした。

性格は穏やかで優等生的。境遇もあって場の空気を読むことに長けた気配り上手。誰に対しても分け隔てなく接するが、癖の強い面々のフォロー役に回る苦労人ポジションになることも多い。反面、普段穏やかな分怒らせると一番怖いタイプで、笑顔のまま激怒する。自身のボーイッシュな外見にコンプレックスを持っており、「可愛い」ものに対して憧れを持つ。実家で厄介者扱いされてきた経歴から自身の居場所を強く求める傾向にある。逆に親しくなった相手に対してはアプローチが大胆になってくる[1]

普段の一人称は「僕」 だが、教師の前など公の場では「私」を用いる[2]。彼女のバストサイズ自体は他のヒロインに及ばないものの、小柄な体格からかなりの巨乳

再入学後のルームメイトはラウラ・ボーデヴィッヒ。年頃の少女の感覚に疎い彼女の世話を焼いたり衣服を見繕ったりなど、親しい友人関係を築いている。

やる夫スレにおいて

男装設定はほぼ使われず、単純にボーイッシュな少女として扱われることが多い。 シャルロットとシャルルを分割し、兄妹・姉弟役や双子役なども視野に入れられる。

主な作品

脚注

  1. 甘えたがりに加え、場の空気が読めるため的確なアプローチをピンポイントで行える。
  2. なお、彼女本来の一人称は「私」。「僕」は男装の名残と一夏のセリフによる。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。