/:.:.:.:.:.: /:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\/ヘ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.
                   /:.: /:.:.:./:.:.:.:.:.:./:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.:.: ',
              ,.:′/:.:.: : /:.:.:.:.:∧!:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧:.:.:.:.:.:.:.:.: i
                 /:://:.:.: /:.:./.:.:.:.:.:i| |:::.:.:.:.:.:|:::i:::ヘ:.:.:.:ヽ、:.:.:.:.: ∧:.:.:.:.:.:.:.:.l
             /:://:.:.: /:.:./.:.:.: : /:| Ⅵ:i:.:.:.:|:::l、:::ヽ、、:: Y:.:.:.:.: ∧.:.:.:.: : :l
               i:/ i:.:.:.:/:.:.:从/:.才メ、、!:.:|:.:.: Ⅵ \::::ヾ\:|__.:.:.:.:.i .:.:.:.:.:.l
               |′|: : ハ:.:.:|:.:.i:|: :;代ぇヾⅥ:.:._厶孑七气 ̄:リ:::::i:l:!::::!.:.:.:.:.:.:l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|:/ `ー‐' ∨V::. ィ丐ソ ̄>7:://i::/.:.:.:.:.:.:.l
                   | : | :|:.:.|:.:.i:|ハ      /  ∨:. ` ̄ ̄´ / ////.:.:.:.:.:.:.: l
                  Ⅵ| Ⅵハハi    /   `\     /イ//:′.:.:.:.:.:.:.:.l
               \ Ⅵ::::\\  〈          -=彡′.:.:.:.:.:.:.:.: ∧
                 /才 : /:八  `ヽ          イ:/.:.:.:.:.:.:.:::::::::::::∧
                  -=彡イ.:/:::/:::::::∧  、..__       //.:.:.:.:.:.::::::::::::: : ヽ::\
                // : /:::/: : :::::::∧   ...,,, ̄ ̄´ /才:::::イ::::::::::::::::::::::ヘ:::\::\
                  // : /:::/: :.:.:.:::::::::∧       ///:: //:::::::::::::::::: i|::::::Ⅵ:.:ヾ:.:≧=ー
              /イ: : ハi :.:.:.:.:.:::::::∧ハ、__    / ,':::://:::::::::::::::::: : lト、:::!i ` ̄ ̄
               |:.:.:i:::::|: : :.:.:.::::::::::∧     ̄´_   |:://:: /:::::::::::::::: ∧:::Ⅵ
               厶斗::::|: : : ::::::::::::::::∧     〉-〈i/∧:/::::::::::::::::::/! iヽく
       . . -  ´   |:::∧: : : ::::::::::∨ \    /!二!∨ ∧:::::::::::::::://  l  `  ..
  . .   "            ∨ ∨: : ::::::::::|:      / :!同!: ∨:::::::::::::::: //   !      `
ジェイル・スカリエッティ
原作・出典元 魔法少女リリカルなのはシリーズ
性別
愛称・呼び名 スカさん スカ博士
一人称
性格 傲慢 自己中心的
特徴 マッドサイエンティスト
  

ジェイル・スカリエッティは、アニメ「魔法少女リリカルなのはシリーズ」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ジェイル・スカリエッティ」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

シリーズ第3作・「魔法少女リリカルなのはStrikerS」の黒幕。人体改造や人造生命体に執着する、マッドサイエンティスト。「ナンバーズ」を始めとする自らが生み出した戦力を率い、時空管理局を襲撃。ヴィヴィオを拉致した。自らの欲望を満たすためにはいかなる手段も使う外道だが、ナンバーズの面々には肉親としての情を抱いており、ある程度の人間味は持ち合わせていたようである。

やる夫スレにおいて[編集 | ソースを編集]

登場する場合は割としっかりとした役割を任される事が多いキャラ。ちょい役として出るのは比較的稀である。善人、悪人、鬼畜外道等作品によってあらゆるキャラ付けをされるが、大体共通して「超」が付くほどのマッドサイエンティストという性質が伴う。常人には理解できない感性を爆発させる事も多く、作中の他のキャラどころか読者にすらドン引きされる事もしばしば。

主な作品[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。