Fandom


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ジャマイカン・ダニンガン
                           ______ __
                         ,、:.´: : : : : : : : .`: 、
                           /: : :_:_: : : :):.):八: :.ヘ
                          ,': /´  ` ー ´  ヽ: :i
                       i: /          i: :!
                       {: !           j:.l
                        ',:! __ 、  ,__  i:/
                        ヘ!. ゚ー`/   `゚-´ リ)
                       { {;ヘ   ,      j:ソ
                          ヽ、リ  ハjゝィ小   ムノ
                          !、  `ニ´  /!
                              |ヽ     イ j
                          ト、ヽ __, /i
                          {ヽ;:>.v.<::;ノ}
                 __、        ____jヾ;j::::| | |:::i_シj、____       ,__
                ム7´ ̄ ̄ ̄::´::::::::::::::\::::| | |::::_/::::::::::::::`:: ̄ ̄ ̄`7ム
              /:::::i::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`| | |´:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i::::::',
                /::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | |:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::j::::::::',
                ,':::::::::::l::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::| | |::::::::::::::::::〔二二二〕:::::::::i:::::::::ハ
ジャマイカン・ダニンガン
原作・出典元 機動戦士Zガンダム
性別
一人称
性格 狭量
特徴 ちょび髭
備考 典型的イヤミな中間管理職
  

ジャマイカン・ダニンガン(Jamaican Daningan)は、『機動戦士Zガンダム』の登場人物。

概要編集

地球連邦軍精鋭部隊「ティターンズ」所属。階級は少佐。ティターンズ司令官バスク・オムの腹心でもあり、アレキサンドリア級重巡洋艦の1番艦「アレキサンドリア」を座乗艦としている。ルックスは少し影の薄いオジサンといったところで、ちょび髭がチャームポイント。

作戦立案から艦隊指揮、参謀任務までそつなくこなす有能な人物で、ティターンズに合流したパプテマス・シロッコの危険性に感付くなど、人並み以上の観察眼も備えている。しかし人物的にはどうにも小物で、周囲からの人望は薄い。バスクやヤザンほど手荒ではないが、気に入らない人物へのイヤミや冷遇は欠かさず、なまじバスクの腰巾着と化しているために彼らほどのカリスマ性もない。

戦略について対立したライラ・ミラ・ライラを事実上見殺しにしたり、シロッコに一見正論に見える恨み言を叩きつけたり、やはり疎んでいたヤザンを巻き込んだ艦砲射撃を行うなど、劇中では何かと私怨に基づく行動が目立った。最期はヤザンの恨みを買い、アレキサンドリア艦橋に直撃するように攻撃を誘導され、謀殺されてしまう。死後も全く顧みられることはなく、アレキサンドリア艦長のガディ・キンゼーに至っては遠回しに「アレキサンドリアがパッとしなかったのはアイツが居たから」とこぼす始末だった。

主な作品編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。