Fandom


ジョジョの奇妙な冒険 > ジョジョの奇妙な冒険の登場人物一覧 > ジョニィ・ジョースター
                 x─‐ ァヮ-、_
 .            , イ ☆ ノ::::イ☆: \
          /|/    匚} l::::( 匚}: : : V|
 .        |//,  __| I|_l__|_| I|:_: :.∧!
 .       / / ☆ /Vハ___/ /\\: |
       〈_/ ☆./-‐=ミー‐一 '=‐-\:マ
        │/,イ  rfテァ㍉  ,ィfテァラ }ト.|
        | /|l| i ^冖´   |`冖^' jNj
        l {川 ',     レト-{ノ   |ハl|
 .         V/∧     `ー    /!||リ
 .         〈{ | l|!     r === ラ  ,' j川 、
         ハl| l|ハ     ー一'   /l| トし'
 .        {/l| 川 `ヽ   ___ /| リ小.」__
        /八ハ∧  `ー‐一 ´  !/八}ト、
       /__/| |l∧    ヽ./    //ヽミヲ
       ̄ | l/| |l__∧   i    |/ / /
       /|l{ // ∧   l     / /
     x<   / (__l | |      _/ /__
.   /     \_ \__,∠二  / ̄ /::/
 /____  ヽ `ー─'´   /|   /::/
. | 〈/   |:::| `ヽ  \_   / |:::l   /::/
 У  |,  |:::|    \____/   |:::| /::/
ジョニィ・ジョースター
原作・出典元 スティール・ボール・ラン
性別
愛称・呼び名 ジョニィ
一人称 ぼく
特徴 下半身不随
備考 第七部のジョジョ
  

ジョニィ・ジョースターは、荒木飛呂彦の漫画「スティール・ボール・ラン」の登場人物。ジャイロ・ツェペリと共にダブル主人公を務める。

ピクシブ百科事典の項目「ジョニィ・ジョースター」も参照のこと

概要編集

本名ジョナサン・ジョースター[1]。かつては天才ジョッキーとして持て囃されていたが、増長した振る舞いが災いして些細な諍いをおこし、銃撃されて下半身不随となった19歳の青年。失意のまま北米大陸横断レース「スティール・ボール・ラン」のスタート地点を訪れた時にジャイロ・ツェペリと出会い、彼の「回転」技術が障害を脱する力になるのではという希望を抱き、その場で初老の馬「スロー・ダンサー」を手に入れ、ジャイロを追いかけてレースに参加することになった。当初はジャイロに疎まれていたものの、互いの覚悟を認め合ったことで協力関係を結び、互いに教え助け合いながらゴールを目指す。

幼少期から常に兄・ニコラスと比べられて育ち、そのニコラスが事故死した[2]トラウマから、利己的で、窮地に立つとすぐ弱気になる性格が形成されている。一方で、一度目標を見つけると迷わず突き進むことができる執念も持ち合わせており、リンゴォ・ロードアゲインからは「必要とあらば迷い無く敵を殺せる漆黒の意志」を秘めていると指摘された。歴代ジョジョの中でも特に未熟な面が目立ち、終盤まで何かと泣くことも多かったが、レースの中で成長し、身体的にも精神的にも「歩き出す」ことになる。

レース序盤で「悪魔の手のひら」に遭遇、「聖人の遺体」の一部を得たことでスタンド能力が発現し、同時に足が動くようになったことで、同じく遺体を求めるテロリストやファニー・ヴァレンタイン大統領と戦い、全ての遺体を集める決意をする。特に同じジョッキーのディエゴ・ブランドーには強い対抗心を抱き、幾度となく激突する。

スタンド:タスク(牙)編集

力の根源を「回転」に見出すスタンド。ジョニィ自身の精神的成長と、回転技術の習熟に伴って段階的に進化していく。発現当初は手足の無い赤子のようなビジョンで、進化に伴い、人間(ジョニィ)の成長のように人型に近づいていった。能力の使い分けは可能だが、「黄金の回転」を体得した後は高威力のACT2を主力にしている。

  • ACT1 - 手足の爪を円盤状に回転させ、弾丸のように撃ち込む。爪を一斉に回転させれば手刀で相手を切り裂くこともできる。
  • ACT2 - ジャイロから学んだ「黄金の回転」により進化した能力。爪弾は指を軸にドリル状に回転するようになり、着弾後の弾痕もまた回転が止まるまで自動的に標的を追尾し攻撃する。連射できたACT1とは異なり、手の爪10発分という弾数制限があり、爪が再生するまで次弾を撃てない(何故かハーブ、特にカモミールを食べると再生が早まるらしい)。
  • ACT3 - 自分を爪弾で撃つことで、自分自身を弾痕の回転の中に巻き込み、別の弾痕へ跳躍することが出来る。ジョニィ以外の物は弾痕に巻き込まれると粉砕されてしまう。この能力によって、腕だけを分離して遠隔攻撃したり、肉体をバラバラにして敵の攻撃を回避したりできるようになtった。ビジョンにはロボット状の華奢な手足がつくが、未だジョニィの傍に漂うだけの存在でしかない。
  • ACT4 - ジョニィ自身の回転の力に、騎乗している馬の走る力から得た回転を加えて、重力を支配する無限の回転エネルギーを生み出す(当然、乗馬中しか撃てない)。爪弾を撃ちこまれれば、あらゆる行動が回転に巻き込まれて無効化され、次元の壁すら超えて粉砕されてしまう。爪弾には完全な人型のビジョンが宿り、肉弾戦も可能になった(鉄拳ラッシュ時には「オラオラ」を連呼する)。

登場当初は歴代ジョジョの伝統をことごとく外した地味スタイルに戸惑う読者も多かったが、最終的に「一度被弾した相手を必ず消滅させる」恐ろしい威力を得たことで、遂には「絶対殺すマン」という物騒な仇名で呼ばれることになる。

やる夫スレにおいて編集

Part6までのキャラクターに比べると、登場頻度は高くない。スタンドも拳銃に準じたタイプであり、特殊能力や殴り合いが無いというのも難点なのだろう。また下半身不随設定も使いづらいのか(原作でも馬以外に車椅子という措置がある)、やる夫スレでは無視されることが多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 言わずもがな、パラレルワールドであるPart1の主人公と同名である。ジョナサンとディオのように、彼とディエゴも強い因縁で結ばれることになる。
  2. 白ネズミのダニーにまつわる因縁で兄を亡くした。レース中も白ネズミはジョニィの前に何度も登場する。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。