Fandom




           /   ′     \   ̄ ̄ `ヽ                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\
         /    /       /`ー-、__ \ .____...二ニ=-‐==彡/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
        /{    /        /   / |.::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー─=≠彡::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ハ
.       / .|    /___ /\__/   .!.::::::::::::::::::::::::::::::::: :::::::::::::::::::::/: ::::::::::::::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::i
      /  |__ノ|    /   /\_   }.::::::::::::::::::::::: :: ::::::::::ー==彡 :::::/:::::::::::::::::::/ : ://::./:::;; : :::::::::::::::::::|
   . ′ ,ノ    |   ./   / -一'!  ヽ.:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ー─=≠彡γマ!,厶イ `メ、/: //:::/::::::::::::::::::|
      | /|  ,ィ个ー十─ /::::::::::::::|    \.:::::::::::::::::::::::::::::::::丶 .:::::::: ::::::::::::{ζ   、--=、_ × .///::::::::::::::::::|
      |ミュ.! /  |  ./ ./::::::::::::::::::::!      \─‐‐ -- ___:::::\`  .:::::::::::ノ.:;   弋::ソハ   _.厶;: ::::::::::::::|
      |: : `ーz_ 人_/ /::::::/ ̄¨7:::{───- 、 \i ≫≧==ミ 、__:\ ` "´ .:;      `¨´    __`.仏イ:::::i::::!
     | | ̄\: :》   〈::::::∠__ノ:::/      人 .|〔圭寺圭}  }}llll劣、  \..::!          {::ハノ:::::し仏イ
      |:乂__〉//⌒! \::::::::::::::::::: /      ./-=ニ ! .圭ム ¨ .} .}}圭圭心  \;        ゝ  /:::::::::::::/,'
      {ミ三彡´′ |  `ミ三三彡     /-=ニ三 | .圭払  `守圭圭i!}\  ' ,.   ` ー_....:::::::::::::::::::/
      ∨ /_// .|  .|    __入/     / =ニ三 ,′_ 圭.   `守圭| ∧  '`ー:::::: ´...:: ::::::::::: /
     ∨.//ヽム_入/     \    / -=ニ二.∧:::::::::\圭心ュ、   `守ミ|||l..   ∨::::::::::::::::::::::::::/
        .∨′ .|.    \    ___`>─- 、 =ニ/ニ.\::::::::::\ .}}|l、    ゙丶i||l    ∨: :::::::::::::::/
      /\_人____入/      / ヽ 二{,=二/\:::::::::...`守}i!心   ヾiil   ∨ ::::::::/
    /¨}  .{\  \.    \ _ -=彡ニ二人三三./二/`ー‐   . `守会。   `     ', 一´
  イ  .人/.  \  ヽ  _,彡\-=三彡 ´  \_{_ {ニ三三  、   `守〉       i

             __ ___  _ ___ ______  _   _ __  __ __
            /   /}_ _ ヽ}_. |}_  _ ヽ  _/}_  _ ヽヽ ヽ / /ヽ  |. ヽ | | /
           / /V  | | ||| | | | L || |   | |/ / . |   V | .| l | . |  || |
           \\   | |// | | | | | || |_ |  /_.|     | | || | |   l |
             \\ | ./  | | | | | |  _/ |  l_/|     |「 _ 7| .   |
              / / | |     | | | | | || |   | | l.  | 「∨| | | | | || l   |
             / /  | |     | | | |ノ /| |   | |l l  | |.  | |.| |  | |.| ||  |
            / /   |./    ヽl | _/  | |_ | |丶 l . ヽ|  ヽ|| |  | || | | |
           //            |/    L.-‐′ ヽ| ヽ」      ヽ|    ヽ|ヽ|. ヽ|

                                》8《

              ┗━┓┃  ━━━┏━┓        ━╋━┏━┓┗━┓
               ┃┛┃  ━━┓┛  ┃ ━━━   ┃  ┛  ┃  ┃┛
               ┃  ┣━    ┃    ┃ ━━━   ┃      ┃  ┃  
               ┃  ┃  ━━┛━━┛        ━┛  ━━┛  ┃ 

スパイダーマン 》8《 アトラク=ナクア
作者 ◆KUMOgh4/xM
ジャンル アメコミ 安価
原作 スパイダーマンアトラク=ナクア
時代 現代
舞台 日本
投下日 2012年10月8日
投下板 やる夫板EX
状態 完結
最終投下日 2013年7月6日
話数 82話(番外編3話)
主な登場人物 キル夫比良坂初音スパイダーマン
まとめ このやる夫スレ、まとめてもよろしいですか?
やる夫短編集 地獄編
  

スパイダーマン 》8《 アトラク=ナクアは、MARVELコミックスの『スパイダーマン」』およびアリスソフトの『アトラク=ナクア』を原作とした長編やる夫スレ

作者は◆KUMOgh4/xM。2012年10月8日から2013年7月6日にかけて連載された。

あらすじ編集

放射線で突然変異した蜘蛛に噛まれ、超能力を手に入れた高校生、楊キル夫
しかし彼は自分が増長したせいで叔父を死なせてしまった事から、その力を正しく使おうと決意する。

母と決別し、八重坂学園へと転校してきた少女、深山初音
蜘蛛のあやかしとしての力を秘めていた彼女は、偶然から、同じ力を持った少年と巡り逢う。

そして次々と八重坂市に現れる超能力者達。
スパイダーマンとアトラク=ナクアは、街を脅かす彼らへと立ち向かうのだが――……。

概要編集

『アトラク=ナクア』の十数年後を舞台にした外伝小説『系譜』と、『スパイダーマン』をクロスオーバーさせた作品。突如として蜘蛛の力を得た二人の少年少女が、その力を正しく使うべく奮闘する。

安価要素があり、安価スレが多いEX板にあるスレではあるが、戦闘シーンは安価を受けてから書き溜めする、行動安価やルート分岐は物語のラストで取ってそれを元に次の話を書く、セリフ安価で意思に沿わないものは言わないなど、いわゆる「普通の安価スレ」と比較すると安価は書く指針を決める程度の比重となっており、基本的な流れは通常のスレと変わらない。

ハイレベルなアクションシーンに、どことなく漂うニンジャスレイヤーめいたアトモスフィア、そして各話終了毎にスコアとして「キル夫がどれだけヒーローとして行動できたか」を示す『英雄点』が算出されることが特徴。

主な登場人物編集

  • 楊キル夫 /スパイダーマン - 本作の主人公。軽口の多い平凡な少年だったが、超能力を得てヒーローとなる。
  • 深山初音 - 本作のヒロイン。転校生の少女。スパイダーマンとなったキル夫に、自らも「蜘蛛」である事を明かす。
  • 楊文里 - キル夫の叔父。キル夫に「大いなる力には大いなる責任が伴う」事を教えた。
  • 楊春夏 - キル夫の叔母。キル夫の良き理解者。
  • ディオ - キル夫の悪友。
  • 少年A - ディオの取り巻き。
  • シェリル - 初音の親友。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。