Fandom


                                  ____
                           /   >><  ̄ > 、
                           /  / :/:/⌒V,/ ⌒ヽ
                             /   :/ . :/ .://⌒V⌒ヽ   ;
                         /   :/ .:  ://\V/ヽ ヘ   |
                           /   :/   i .://        Vヘ. |
                       /   i : : i | .:/-、        Ⅵ |
                         /.:i Y¨Y:i | |:,ィtぇ、\  ,..--┤! !
                     /.:i l八ム| | | |: |`゚¨´  / ィ㌻ラ| | |
                       / :|リ iヽ| | | |: |    !    ,| | |
                     ,  :// | | | | |八   、 _j:   //  /i
                      / /イ ,リ | | | l、 _ _   //  / :|
                  /    .:|://\|_l.从八 \ ー ` イイ  / . :|
                    /   / .:|{/////∩ \ \  / ::| i /77Y¨Y
                  /_ /  :リ'/////|il\ :   `¨´  .::| l,////,|//}
              .    ̄  . . : : \<//////,|l|、 :.       .:|,/////,|//|ミ、_
         /        . . : :\\////リ|:.\ :.      .:|,/////,|//|/ハ: :  ` 、
         /              . . : : Ⅵ}////l|\:.:. :.     . :`YXYハ ∧//}: :    \
.      〃              . . : : ∨///∧、X\::.      . :}Χ}∨∧∧/: :       ‘,
.       /                   ○): : }//マム \X\:.    . :}Χ} V'∧ハ\O)      ‘,
      /              ○)  . . : : //   .:マム  \X\  . : /// : : ∨' ‘,: : : . O)    ‘,
    く⌒ヽ            . . : : ○) //     .:マム    ∨∧. : ///   . : } : :‘, O)        ‘,
      ヽi  \      .  -==ミY==</     ..:マム    ∨∧///   . :|   : :‘,: : .        ‘
      |   \__/   . . : : 八.      /\  .:マム    ∨//〈.    . :|   : :`¨¨|¨¨ミメ、 丿
      |         . : : -=彡个\    \/   .:;マム   ////∧   八 /∧ : : /|   :|: `´
      |      . : //////i|///\      . : //,マム ///∧/∧  {{∧ ∨/: ://`ヽ :}
       j____/ ///////j|/////,\  . : ////,∨∧//: . ∨∧   Ⅵヘ  : ://///| リ
      `¨¨¨i77777////////|//////>-く/////∧V/: .   ∨∧  }}ii∧:イ/////レ′
          |/////////////|/////////////////V: .     ∨∧ ,リ////|//////〉
          |/////////////| /∧∨/////////////∧:____∨∧j'/////}/////,|
          |/////////////| ///∧∨/////////////∧冂冂冂冂|}/////|//////!
          }////////////∧ ///∧∨/////////////∧冂冂冂冂/////{/////,リ
           i///////////,}′∨///∧∨/////////////∧三三三j//////∨///厶
          {//////////〈   ∨///,}{ //////////////∧三三/////////}////ハ
          ∧//////////ハ   ∨//,}{ ///////////////∧三//////////|///// |
セフィロス
原作・出典元 ファイナルファンタジーVII
性別
一人称 俺 / 私
性格 カリスマ的
特徴 銀の長髪 / 大柄 / ロングコート / 長刀
備考 関連:ジェノバ
  

セフィロスは、「ファイナルファンタジーVII」の登場人物。

ウィキペディアの項目「セフィロス」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「セフィロス」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「セフィロス」も参照のこと

概要編集

神羅カンパニーが擁する精鋭兵士・ソルジャーの一人で、ソルジャー・クラス1stの頂点に立つ「伝説」とまで呼ばれた戦士。2mに達しようかという長身、膝まで届く銀の長髪、自身の身の丈をも超える片刃の長刀「正宗」がトレードマーク。魔晄エネルギーを浴びたソルジャーであるため、瞳は緑がかった青色に輝いている。得意技は「八刀一閃」など。

クラウドザックスら少年達の憧れの存在であり、クラウドがクラス1stとなってからは良き先輩かつ同僚として活動していた。しかしとある任務の最中、自らが古代種「ジェノバ」の細胞を元にした人造人間だった、という出自[1]を知り、発狂してしまう。ジェノバを「母」と崇め、現人類の粛清と古代種の復権を誓ったセフィロスはクラウドの故郷を壊滅させるが、直後にクラウドの反撃を受け、地中深くのライフストリームへと落下していった。

数年後、彼が魔晄都市ミッドガルに現れたことでFF7の本編は動き出す。クラウドの回想では一人称は「俺」だったが、再臨後は「私」となり、行動目的も皆目見当がつかない不気味な人物として暗躍する。大勢の分身が存在するかのごとく、そしてクラウドを誘うように一行の行く先々に現れ、「ジェノバ」モンスターを残していく。

野村哲也監督のセンス、そしてテーマソング「片翼の天使」が見事にハマったそのキャラクター像は高い人気を獲得し、ギネス記録にも名を連ねるFF屈指の人気キャラとなっている[2]。と同時に、ジェノバへのマザコンぶりや最終決戦時のコスチューム[3]などから「残念なイケメン」と弄られることもままある。関連作「コンピレーション」でも多数登場し、特に『クライシスコア』ではソルジャー時代の動向が掘り下げられている。FF7本編後の『アドベントチルドレン』やコラボ作品でも当然登場しているが、絡む相手がほぼクラウドのみなのでファンからは「クラウドのストーカー」などとネタにされることも。

主な作品編集

脚注編集

  1. 後に明かされる真実を考慮すると、これは限られた情報故に起こったセフィロスの勘違いだったことがわかる。彼は常人とはかけ離れた存在であることに違いはないが、少なくとも実の両親は確かに存在していた。
  2. 2013/1/26『ビデオゲーム史に名を残す悪役トップ50』6位
  3. ポリゴン描写の関係でイカの足にしか見えない天使の翼や、ムキムキボディを惜しげもなく晒す半裸スタイルなど。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。