Fandom


            ,....-r::r‐:::-...
           〃.:::::l:::|:::::::::::::::ヽ
              ii::::::::::l:::L.:::::::::.、:::.
              jj, -‐'::ー', =ミ::.\',
              /〃⌒i}::::{、_:::)::}:::.\
            ;:::i{ゝイ::Y^Y::::::::/.::::::::::.ヽ
           ;::::::.〈:::://l l l\/.:::::::::::::::::.ヽ   ___
           ::::::::::∨=-‐==7ヽ::::::::::::::::::::〉  {::::::::.\
          i|:::::::::::.\/////.:::::::>==ミ:/   \:::::::::.\
           乂::::::::::::::.∨///.:// ̄/⌒>‐- >...:: ̄::`丶、
           `¨¨フ777.:://.::,=ミ/.:::::/.::::::::::::i{::::::::::::::::::_:::}
            _ . イ:::::/:/:/.:://.::::{::::::.\/.::::::::::::::::/ヽ.二ニ≠::::::/
        /  //.:::/:/:/.:://.:::::/\::::::.`ァァ‐-<::::i{:::::::::::::`:::く
.       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/\::::::::::::::::::::::::::ヾー-::::::::::::::i
       /  //.:::/:/:/.:://.:::::/.:::::/.:::::::}ー--:、:::::::::::::::::`¬:::::::::::|
       \//.:::/:/:/.:://.:::::/:::::斗==:{:::::::::::}:::::::::::::::: ___フ.:::::|
        /l/.:::厶::-‐==≡i|゙::::::::|:::::::::::ヽ::::::::::::::::::::: i(:::::::::::::::::::|
.        /.::{:::::i|⊂⊃ [].:[].:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::.\:::::::::::::::::ヾニニ=-:::ノ
       /.::::{:::::i|⊂⊃ . . : :.:.:i|゙::::::::|:::::::::::::::::::::.ヽ:::::::::::::::::::::::::::/
ダース・ベイダー
原作・出典元 スター・ウォーズ
性別
愛称・呼び名 ベイダー卿
一人称 俺 / ワシ
性格 冷酷非情
特徴 黒い甲冑姿 / 呼吸音
  

ダース・ベイダー(Darth Vader)は、映画「スター・ウォーズ」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ダース・ベイダー」も参照のこと

概要編集

歴史上最後のシスの暗黒卿。暗黒卿ダース・シディアスこと皇帝パルパティーンの右腕として辣腕を振るい、反乱軍の前に立ちはだかる。生命維持装置付きの漆黒のスーツ[1]に身を包み、「コ-ホーコ-ホー」という独特の呼吸音を響かせている。フォース使いとしての実力は数キロ離れた相手を絞殺出来るほど。熟練の戦闘機乗りとしても恐れられている。

その正体は、「フォースにバランスをもたらす」と予言されたジェダイの騎士、アナキン・スカイウォーカー。もともとは辺境惑星に生まれた奴隷であり、稀有な才能を見出されてジェダイ騎士団にスカウトされた。やがてジェダイとして頭角を現すが荒い気性が仇となり、自分が正当に評価されない鬱屈と家族を救えなかったトラウマに押しつぶされ、暗黒面に堕ちてしまう。かつての師であるオビ=ワン・ケノービとの決戦に敗れ、自然呼吸すら不可能なほどの瀕死の重傷を負い、サイボーグ化手術を受けて現在の姿となり一命を取り留めた[2]。やがて自分の息子であるルーク・スカイウォーカーがオビ=ワンの教えを受け、反乱軍に加わっていることを知り、彼を暗黒面に引き込もうと暗躍を始めることになる。

霊体化したオビ=ワンやドロイドのコンビを除けば、生きた人間では唯一六部作全てに登場した人物である。アメリカ映画を代表する悪役の一人だが、エピソード1以降のアナキン時代が描かれてからは、著名なアンチヒーローの一人としても見られるようになった。「キン肉マン」のウォーズマンや「ファイナルファンタジーⅣ」のゴルベーザは彼がモデルと言われている。

やる夫スレにおける扱い編集

主に強敵や権力者といった役どころが多いが、原作における立ち位置からか所属組織に暗黒時代をもたらした存在として起用されることも。

主な作品編集

脚注編集

  1. スーツのモデルはナチス・ドイツ軍のヘルメットと、戦国大名・伊達政宗の鎧と言われている。
  2. パルパティーンは反乱防止策として、わざと動きづらい粗悪な設計のスーツをベイダーに与えた。ベイダーがシスの暗黒卿御用達の「フォース・ライトニング」を使わないのも、これを使うとスーツの生命維持装置が壊れてしまうためである。

外部リンク編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。