/´ ̄ ̄``ヽ、
                         /         .ヽ
                        ./イ"`ヽ    ィ"ヽ、 .Y
                  r="ヘ   ,' __:::::::ヽ,,,,,,,/::::::::::::::ヘ |
                  {::::::::}}  {::_::ヽ::::::|''''/:::::::::::::::::::} |
                  .{::::::::}}  .|:::::`__:::::| .{::::ィ'''::-::-::} |
                 .  {::::::::}} .|:::::ヽ_ゝ:}::{''''::r--ァ:::::ノ |
                   {:::::::::}} .|:::::::::::::/ |::::::``´:::::/ |
                    {:::::::::}}ヘ:::::::::/  |:::::::::::::::/ .ノ
                    {:::::::::}}|:`-イ   ゝ:::::_ノ __,l_
                     .{::::::::::|:ヘ =三=   ィ''"::::::::|
                    __ {:::: ::|:::ヽ、__,/::::: :::: :::,|
              __,,、--、/  ){>"ヘ------'''"" ̄ ̄ >-、,__
           __/´     ヽ  / /  | ヘ   {::/  /  /// |〈  ,ヽ_
          ,,/ ``ヽ、、    ヽ' /,,,,, | ヽ、、 ノ/  /  /.{./  | .〉'ヽ  `` ̄ヽ
          イ ヽ、   `ヽ  / ./  ヾ  〉``' 、〃 / |l..  | |,--── --ヘ
       .  ノ    `ヽ、   )/ィ´   / /   ヾ:::ヽ { {ヾ r-/ __,,,--    ヘ``ヽ
       /{ `\   )//} ̄`\_,,,,、   ,,,、i、ヽィ ""、.ヾ| /(´   ノ  ', ヘ  \
      / / __  `) /r-=〃,,,ィ  .  ヽィ    ,,,、、  ;;;;r--ヽ{,、-''"   . ', ヘ  ヽヘ
      .{ /{  <_ゝ /  /=="/>、_ノ    {     .r'´´:::::::::| | ̄ `ゝ ,,,ィ''ヽ    ヘ   }:::ヘ
     ノ/ .ヘ    ̄  /   /--''':::|    ´     |:::::: :::::::::l l====l  ヘ      〉 /:::::::|
     r´:ヘ  \     ヽ--、l:::::: :::::|   :::;  .. .. |::::::::::::::::::"〔__〕::::::::::ヽ     /::\::::::/
  /ヘ:::::::ヽ   `>-'"}  /::::::::>'    ::.     .!-、:::::::::::::::<  〈::::::::::::::ヘ   /:::::::::ヽ/
./   ヽ::::::::ヽ:::::::::::::::::::/、_,,/;;;/,,,,,,,,、、、、__i ヽ__、、     ``ヽ:::::∨ ∧:::::::/:::::ヽ..ノ::::::::::::::::ヽ
     \::::::::::::::::::::::::/   { :::::::>'''´´     ```ヾヾ;;::::::::::|:::::::∨____〉::人__>'::::::::::::::::::::::/、
       \:::::::::::::::/   /0}::::::::|    、、、,,,,,,,,,,,,     ```|::::::::::`|彡:::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::::/  \
デッドプール
原作・出典元 X-MEN
性別
愛称・呼び名 デップー / プーさん
一人称 俺ちゃん
性格 お調子者 気が触れている
特徴 常にマスク
口調 人をおちょくるかのような物言い
備考 第四の壁崩壊
  

デッドプール(Deadpool)とはマーベル・コミックス社の漫画『X-MEN』シリーズに登場するヒーロー。

ウィキペディアの項目「デッドプール‎」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「デッドプール」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「デッドプール」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

本名ウェイド・ウィルソン。金次第で誰の味方にでもなるヒーローにしてヴィラン。
末期のガンに侵されており、治癒目的でカナダの超人兵士計画「ウェポンX計画」に志願するが、その過程でウルヴァリンから抽出した驚異的治癒能力「ヒーリング・ファクター」を植えつけられ、その結果全身がガン細胞に覆われてしまい、爛れたような醜い外見となってしまった。[1] 「ヒーリング・ファクター」の影響により、殺しても死ねない身体となった後は生の実感を得られなくなり、少しでも刺激を得るために傭兵業へと身を置くようになる。
やがて「ヒーリング・ファクター」の副作用と頭部に受けた多くの負傷の影響により記憶すらも曖昧となっていき、人格も3つに増え、何事も真面目に捉えない(自分の死すらも)性格へと変貌していった。
戦闘能力は非常に高く、あらゆる銃器や格闘術、日本刀や手裏剣を武器として使う。

…ここまで書くと、アンチヒーローのように思えるが、実際はアメコミ界史上屈指のコメディリリーフ

具体的に言うと、

  • 戦闘中ですら下品なジョークをマシンガンのようにやかましく繰り出し、勢いのまま戦場の最前線にまで突っ走って大怪我を負う。
  • 第四の壁崩壊」と呼ばれる数多くの黄色い吹き出しによるメタ発言[2]
  • 外部出演作品でも一切の自重無しのハチャメチャな言動を見せる[3]
  • 派生キャラクターも彼同様のブッ飛んだ言動を持つキャラが多い。

などが、挙げられる。
一方で、シリアスで重い話になりがちな『X-MEN』における数少ないコメディ役であり清涼剤として機能している事や、単なるコメディリリーフに留まらないシリアスな一面も多く描かれており、マーベルにおいて屈指の人気を持つキャラクターでもある。

主な作品[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 本人はこの体を非常に気にしており、マスク無しでは電話にも出ないほど嫌っている。が、時たま素顔を見せる事もある。
  2. 劇中世界では「妄想による独り言」で済まされている。
  3. アニメ『ディスクウォーズ:アベンジャーズ』第27話と第30話にゲスト出演した際も、いつも通りのデッドプール節と声を担当した子安武人氏の怪演が相まり、ネット上での話題をかっさらった。格闘ゲーム『MARVEL VS. CAPCOM 3』では画面上に表示されているゲージ類をもぎ取って殴りつけるという技を持つ。

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • スパイダーマン - 一方的な友人。ある作品では、彼とコスチュームを交換したことも。
  • 変態仮面 - 似ているとよく言われる。

外部リンク[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。