FANDOM


トリップとは、匿名掲示板において個人を識別する文字列を表示する機能、もしくはその文字列の事を指す。通称は

ニコニコ大百科の項目「トリップ」も参照のこと

概要編集

名前の後に◆xxxxxxxxxxのような大小アルファベットと数字、記号で表記された文字列であり、書き込み欄の名前の所に『名前#任意の文字列[1]』を記入することで生成される。◆の文字はそのまま名前欄に入力しようとすると◇に変換されてしまうので、トリップを入力した時にしか表示されないようになっている。完全一致のトリップをプログラムで検索する場合は天文学的な時間が必要となるため、騙り防止のために用いられる。>>1がスレ立てして投下する場合は必須とされている。作者だけでなく、AA職人でも使用している者もいる[2]

トリップキーはパスワード全般に通じることであるが、できるだけ連想しにくい語句や数字と記号を組み合わせたほうが破られにくい[3]。使用するトリップは専用ブラウザのプレビューやテストスレでテストした後にwebで検索して同じトリップが検索されないか確認した方がいい。

トリップにまつわる語句編集

  • 酉バレ-『#』の所に誤って大文字を入れてしまったり、誤ってメール欄の所にトリップキーを記入してしまうなどのミスで、トリップキーが外部に漏れてしまうこと。この場合、IDが変わらない当日の間に新しいトリップの使用を宣言することが望ましい。
  • 酉隠し-連載中作品や完結作持ちの作者が何かしらの理由で身元を隠すために別のトリップを用いて連載を始めること。基本的に完結後に明かされるが、作風などでバレバレなこともある。

トリップ判定編集

安価スレなどでは、キャラの行動時などにダイス判定が必要になることがある。その際、オープンダイス(参加者側にも出目が見えるダイス)を振るためにトリップを用いた判定が用いられることがある。まずトリップ欄に数字と適当な言葉[4]を打ち込んで表示させた後、安価で読者に数字を決めてもらい、さらにトリップに隠してある数字と読者が決めた数字を比較して判定を行う(詳細はこちらを参考[1])。

オープンダイスである、外部サイトなどを使わずダイス判定ができる、読者に参加しているという実感をもたせられる、成否の公開タイミングが自由である[5]などのメリットがあり、「プロ野球選手やる夫は活躍して女子アナと付き合いたい」で開発されて以来多くの安価スレで使われている。ダイススクリプトのある板などでは、簡単な判定はダイススクリプト、山場の判定はトリップ判定など、併用して使用される事も多い。

現在のトリップ安価は、「隠された2桁の数字+読者が選んだ2桁の数字」の下二桁を、100面ダイスとして用いるものが多い(例えば、隠し数字が70、読者が選んだ数字が31なら、70+31=101:下二桁の01がダイス目となる)。100面に限らず、折り返す数字を変更する事であらゆるダイスに応用出来る、非常に便利な判定方法である(例えば「6で割った余り」にすれば、6面ダイスに使用可能)。

なお、隠し数字に作者の無意識の癖が出てしまうとランダム性が失われるので、手元でダイスを振る・乱数スクリプトを使用するなどして、ランダムに決定する事をおすすめする。

脚注編集

  1. 8文字、もしくは12文字以内の半角文字。掲示板によって異なる
  2. ただし、地下スレとAAスレで投下する時でトリップが異なる場合がある
  3. 電話番号や生年月日、一般的な語句の場合は辞書攻撃と言う手法で簡単にパスワードが露見してしまう
  4. 数字だけを隠すと簡単に割られてしまうため、「#01」ではなく「#01ヤルオウィキ」とするなど、言葉を追加する事で割られにくくする。もちろん言葉は毎回違うものにする事。前述した、トリップの認識制限文字数には注意。
  5. 秒数判定やダイススクリプトの場合、判定値が明かされた瞬間に成否が分かってしまう。しかしトリップ判定の場合は、トリップの正体を公開するまで成否が分からず、ぎりぎりまで読者の緊張を保つ事ができる。