表組を用いて各キャラの瞳のパターン違いをこのページで表す必要性は低い(ピクシブ百科事典やニコニコ大百科の項目を参照するなり、各キャラのページにおいて表現すれば十分)ので、表組は廃止した上で、

  1. 生まれながらのオッドアイ(クローンのような場合も便宜上こちら?) - ロイエンタール
  2. 義眼を入れている結果、自前の瞳と違っている - 浅間
  3. 魔法のような不思議な力で、瞳が変異している - ルルーシュ
  4. カラコン(実際にはオッドアイではない) - 六花

↑この4パターンのような形で分類した一覧で表現するのがスマートではないかと考えるのですが、いかがでしょうか?Yakitebaトーク) 2015年8月9日 (日) 09:34 (UTC)

その説明でも、どう変えるのかよくわからないです。節化してキャラ達を並び替えという事ですか? それとも表にさらに4パターンを追加? 具体的にどんなものになるか、ためしにテストページで見てみたい。

左右の色を廃止するという事でしょうか? 各キャラの左右を色で一望できるという、現行の表組形式はよくできておりばかにできないです。確かにAAで色はわかりづらいのですが、たいていのキャラは絵がベースになっている以上、削るのが適とは思えない。Yakiteba氏提唱の4パターンは、特に注記がなければ1の生来オッドアイで、注記が必要な場合に左右欄や備考欄で補記すればよく、だから現状の表組が適していると思えますけど。VitQeemトーク) 2015年8月9日 (日) 10:30 (UTC)

自分の提案としては、色は廃止して節化するということですね。(→サンドボックス

一望出来てどうなのかというところと、左右が逆になっている(絵をパッと見たときの見た目としては適している)。が自分は引っかかっています。Yakitebaトーク) 2015年8月9日 (日) 10:52 (UTC)

VitQeem氏の意見(現状維持で良い)と、Yakiteba氏の意見(サンドボックス参照)を見比べたてみましたが、

個人的には現状維持で良いと考えます。理由としては、キャラそれぞれの事情も様々であり、オッドアイの1パターンに1キャラしかいない様な状況のパターン分けを全部細分化(節化)しても、現状の表に比べて見づらくなりそうだから、です。今の時点でも22人いるのを全部節化して、それが一覧表として見やすくなるのか?ということです。

現状の表は、既に名前順で綺麗に纏められていて割と見易いですし、各キャラ個人のオッドアイになる経緯や事情等は、備考欄があるのですからそこに一言載せれば充分だと思います。レグナトーク) 2015年8月9日 (日) 11:33 (UTC)

「やる夫スレのためのwiki」である以上、「AAでは全く無意味な色の情報」は要らないと思います。少なくとも、「物語上の演出に使える、オッドアイの経緯」の方がはるかに重要かなと。

……と言うかそもそも、オッドアイのキャラをまとめる意義自体があんまり無いように思うんですけどね。Pixiv百科事典とかならともかく、やる夫wikiでまとめるべき情報なんでしょうか。オッドアイが生かされてる作品なんてほとんど見ないんですが。曇天丸トーク) 2015年8月9日 (日) 15:16 (UTC)

現状の表組のほうがよいです。オッドアイの定義・個性が色違いなのに、色の説明を廃したらあべこべでは?

>Yakiteba氏「一望できてどうなのか・左右が逆」
スレで知らないキャラを見たときに、この一覧表からそのキャラの個性を相対比較して把握できるという利は大きいです。設定を個々に文章で説明するよりも、俯瞰できるほうが理解も早いと思います。

また曇天丸氏の言は極端な個人的意見で、さらに間違ってるとしか。やる夫Wikiはやる夫スレに関するあらゆる情報が対象だと理念にあるからその否定の疑問は私見にすぎないし、また、色設定はAAでは全く無意味ではありません。キャラの知識に基づいて活用するなら、色も経緯も同列で差はなく、発想次第でしょう。もっと具体的に言えば、特定の板だと部分的な色変更機能があるため、キャラのオッドアイを実際にカラーで演出できますよ(赤青メガネとかAAで可能)旭局トーク) 2015年8月9日 (日) 22:02 (UTC)

確かにオッドアイを活かせるかどうかは発想次第ですが、「活かせるかもしれないから」と言う理由で収めるのは大きく疑問があります。

旭局氏は「オッドアイを表現出来る」とは言いますが、それは現実的なのでしょうか。AAにおいて目の色を変えるのは手間ですし、モノクロのAAで目だけ色を変えても大分違和感がありそうです。目だけをアップで……みたいな手法ならまだ現実味がありますが、どちらにせよ実例を見たことがありません。無論私が知らないだけかもしれませんが、どちらにせよメジャーな手法ではなく、色情報がやる夫スレにとって重要であると言う理由にはなりません。

何より、「やる夫に関することであれば何でも」と言うのは、やる夫スレで活かせるかもしれない要素ではなく活かした実例のある要素と考えるべきではないでしょうか。「使えるかもしれないから収める」と言うのは「やる夫スレに使われた事はないけどAAが有るから収める」のと言うのと同じではないかと思います。--曇天丸トーク) 2015年8月10日 (月) 00:22 (UTC)


浅間・智のページを作成した者です。作った際にオッドアイの項目はなかったので、「右が赤、左が緑のオッドアイ」と書いて、翠星石へのリンクを貼りました(今ではこの項目へとリンクが移されています)。これは例えば、同じ配色の眼であるというつながりから、浅間が翠星石の母親役といった配役も可能かなというくらいの意味でそのようにしたものです(キャラ紹介ページは、スレを読む側だけでなく作る側にも役立つものをと考えて作っていますので)。

そんなわけで、やる夫スレにオッドアイという要素を絡めるのは、何もフォントに色をつけるという手段に限らないと私は思います。以前ルルーシュ・ランペルージ坂本美緒のカップリングを見たことがありますが、これは「片眼が赤のキャラ同士」という共通点があるわけです。それが意図的なのかは私は作者ではないのでわかりかねますが。

「やる夫スレに使われた事はないけどAAが有るから収める」との類似性についてですが、AAが使われたかどうかには明確な判断が可能ですが、「オッドアイが生かされた」かどうかというのは多分に読者の主観が入るものです。曇天丸さんのご意見は理念としては正しいと思うのですが、ここでオッドアイがやる夫スレで活用されたことがあるかないかという議論を突き詰めるのはあまり現実的ではないのかなと思っています(オッドアイの種族という概念が存在するファンタジースレみたいなものが挙げられれば話は早いのでしょうけど)。

ところでこのトークの本題はオッドアイの由来を重視した項目にするかどうか、でしたね。それについては(これまた自分の立てた項目なので手前味噌で申し訳ないですが)獣耳のページでは表に「耳の機能」という事項を組み入れ、生来の耳かつけ耳か耳のように見える何かか、という情報を示してあります。参考にしていただければ幸いです。 -毒飴堂トーク) 2015年8月10日 (月) 03:41 (UTC)

表組肯定ですが、その上で。最初のYakiteba氏による4分類による説明を、概要部に書くのがよさげ。獣耳ページの「獣耳の分類」はそうなっているし、良いところは取り入れましょう。VitQeemトーク) 2015年8月10日 (月) 04:18 (UTC)

色について記述することを是とすることに合点がいく意見は出てないのですが、表組は残すという流れの方が強いので提案を取り下げます。ご意見ありがとうございました。Yakitebaトーク) 2015年8月10日 (月) 14:04 (UTC)

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。