1年前、446氏によりこの記事が作成した直後に、「晩年の不和が書かれていないので文末の『が……。』を消去」と要約文に書き、手を加えました。

この時の私の意図は、「彼自身の最後を予感させる『が……。』の部分は別にいらなくないかな?ここまでで充分だろう」というものでした。彼の最後はネタばれであり不要、これで完成型でいいだろうと。 しかし、よくよく考えると『が……。』の部分があってもネタばれ云々に問題は無いと認識が変わり、また、自分の要約部分を改めて読むと、「彼の晩年まで書け」という意味にも取れると、直後の446氏の編集を見て気が付きました。

私の内面の意図と、私の要約部分の表現の誤差のせいで彼の最後を446氏に書かせてしまって形になり非常に恐縮ですが、1年経ち改めて見直した今でも、彼の最後のに関する記述は、やはり不要だと感じました。故に該当の箇所だけ削りました。誤解させてしまい申し訳ありません。

さて、私の言う「彼の最後はネタばれであり不要」というのは私個人の意見であります、また荀イクは歴史上の人物であり、三国志における知名度も割と高いと思います。原作者のオリジナルキャラクターでは無いので、彼の最後に関してもそこまで厳密にこだわる必要もない、かもしれません。故に、他の編集者様がこの後に何らかの手を加えたとして、それに対し文句を言うつもりはありません。長文失礼しました。221.251.253.122 2014年12月15日 (月) 19:00 (UTC)

 おはようございます(芸能界っぽく)。wikiaからノート記述のメールが来ていたので拝見させていただきました。「結論!」としては貴殿(固有名称が無いのでこの呼び方で統一します)の判断で一向に構いません。私自身も最期の詳細は不要だと考えておりましたから。ただ、このページを見てくれた方に対してキャラへの興味を引くにはあのようにあざとく書いたほうがいいかなぁ、と考えただけです。わざわざご丁寧に報告までしてくださり感謝しております。では。 (446トーク) 2014年12月16日 (火) 13:45 (UTC))

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。