Fandom


                    _____
                      (⊂ニニニニニ⊃)__∨:::::::∧:r '
                     ̄ ̄ ̄ ̄ ̄   >V::::---<__,
                    ,  '´ ̄ ̄ `` x_'´   -xz─:Ⅹ
          x-‐'ニニ x _  ./             ヽ、     ヽヘi:∨
         >'´     ``i::j' / ./    ヘ       ヽ   ハ::::7
           /        /   /:i '   '   ,|iハ ヽ  ヽ ハヘヽヘ i::∧ノ
.          / ,. -‐_,../  ,イ i::i i  | ./ / i.i iヽ i  i: !|ヾトi:::V:\::ヘ,. -::'フ
         /イ´ ̄   /,.イ/, i::il   i /7丁iTjリ ィハ.| / i.|  t_::::::::::::::::::x'、
             7/j i i  |::i ハ i |,.x芯ゞ   z=x |/リハ  ,ィ::::_:::::::::/::::ハ
             //〃! i  '::j   ヘ 弋zリ    、   !j, ハ iチ '<,.-::::::::::::::ヘヾ,
               //  i ハ/:/ i', i  ヾ、   r-y  イ.|ヘ iヾ  ヾーt::::::::::::∧
           //   レ'/:/.iⅥヘヽ .ハr--、ヽ' イ/リ┴:Y:i        {:i_:::::::::ハ
              //    /:/ ヾ!ヾ >ヾ\ハヽヽ≦ィ/ ̄ i:',       ヽ:::::::::yヘ
          //    /:/   /:ィ´: : :ヽ厶::Ti:ト、::ー-::..._i::i     __,. rニ‐-、ニ-y
            //    /:/    i: : : : : : ー<: :ヽ---<_7,. -─: ': : : :ノ: : : : i ー--y
.          ,::;'    /:/       |: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : '´: : : : : 7イ:下,
         |::|    レ'      .∧: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : 7,..ィ´ ヽヘ
         |::|             ヘ-x:.__: : :_; ; : : : : : : : : : : : : : : : : :___ノ:ヽ:.ヘ j:::t.∨
        i::i              ヽ: : : : : : : : : >-y: :__;. :-<: : : : : : : : : : : :ハ i::::y
                       ヽ: : : : /: {/:/ / ./:./: : : : : : : : : : : : : : : : : :/--V:ム、
                        i: :イ: : : : : i { .〈: 〈 `ヽー----  _,.---'     i:γ:::) 
ドクロちゃん(三塚井ドクロ)
原作・出典元 撲殺天使ドクロちゃん
性別
一人称 ボク
性格 撲殺=愛情
特徴 ロリ、天使の輪
  

ドクロちゃんは、おかゆまさきの小説「撲殺天使ドクロちゃん」の登場人物。

概要編集

草壁桜の机の引き出しから現れた天使。地上で活動する時は「三塚井ドクロ(みつかい -)」を名乗る。

本来は未来で不老不死の薬を開発してしまう桜を抹殺するために現れたのだが、桜に惚れてしまい彼の部屋の押入れに居座って暮らすようになった。本名は「ドクロリル・ジャスティリア」。実は天使の世界の名門ジャスティリア家の令嬢なのだが、本人はすっかり忘れている。妹にザクロちゃん(三塚井ザクロ)がいる。

撲殺バット「エスカリボルグ」を所持しており、桜くんを想うあまりそれでしばしば撲殺してしまう。血しぶきと共に肉塊と化すが、「ぴぴるぴるぴるぴぴるぴ~♪」という呪文(?)と共に何事もなかったかのように蘇生するというアフターケア付き。天使なので怪力、霊視などの能力も持つ。

コミカルグロな暴力デレヒロイン。時代を先取りしすぎた、ニャル子等のぶっ飛んだラノベヒロイン達の先駆ともいえる存在。

やる夫スレにおいて編集

2010年頃までは比較的起用がみられた。AAが揃っていた事や、キャラの濃さが要因と考えられる。後にやる夫スレ全体のキャストが多様化していくと、目立つ事は少なくなった。

ヤンデレとしての活用もある。

主な作品編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。