Fandom


       /      _,. --──l___
      く   __,. - ' ´_,. -一 ' ´  ̄ ̄ ̄ ̄〉
      _ ヽ /_,. - '´,. -‐ァ' 7TT ー 、     /
    ヽ  ̄ >'´ , ィ´ !   l /∨|   lヽ_/               ..-. ._
     〈 /  / l   l\l l  | l  l j i}ヽ           .-.、  /..//ノ
     /   ハ ヽミゝ ィテミヽ. _/,.L.// jノ }           ヽ..ヽ/../. ../_
    /     j| Y⌒  {ヒソ   ィテ,//ノ  ノ           _ヽ,. -r'_.ノ.~)..)
    `ーァ─/ 八__  ,,, ̄   {ソ/}|          _/ ̄ /'T   、/_..ノ
     {i<ヽ/ r‐ヘハ    r--ァ ''''/<}、_/ヽ _,... -ァZ二// |   L.. _  _ ノ
   .   `メ7⌒__ ミーへ、  ̄__,. <ニ'-‐ '7/_//  ̄//,>、_/  ̄
   ヽー'’ }  {  `>ー 、了__,イ ̄i}`//_// ̄//-‐'  ̄
    ` ー‐〈-1j __{ i 米i }-- }  》// -‐ 'T  ̄
  ィニ、 _/| { {__,. 弋__ン、ヽ j {Z´ ハ一'′
 |' / /i〉  ̄| /l_/! ̄  |__>‐く,.ィヽ ̄ヽ\
 ヽ.  マヽlへl   l      /  ̄ `   ``
   \__/ /\ヘ  !  __, |
   |_,./\/    └─_' |
     7_/    / ̄ ̄_,.|
    /          ̄ ̄  |
ナージャ・アップルフィールド
原作・出典元 明日のナージャ
性別
愛称・呼び名 ナージャ
一人称
性格 天真爛漫
特徴 金髪碧眼 帽子
  

ナージャ・アップルフィールド(Nadja Applefield)は、アニメ「明日のナージャ」の登場人物。

ウィキペディアの項目「明日のナージャ」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「ナージャ・アップルフィールド」も参照のこと

概要編集

主人公。イギリスのアップルフィールド孤児院出身。13歳。

天真爛漫かつ行動的な性格で、人を疑うことを知らない純粋な心の持ち主。生き別れた母親を探すため、特技のダンスと歌で旅芸人のダンデライオン一座の一員となり、世界各国を旅歩くこととなる。持ち前の性格から、旅先で数多くの男性の心を魅了する天性の男殺しである。本名は「ナージャ・プレミンジャー」、オーストリア屈指の名門プレミンジャー公爵家の出身である。

おジャ魔女どれみの後番組として始まった作品であるが、変身ヒロインものの後としては地味な作風とライバルキャラであるローズマリーの暴走の末、視聴率や玩具の売れ行きも芳しいものではなく、現在では「おジャ魔女どれみ」と「プリキュアシリーズ」の間の谷間とも呼ぶべき作品となってしまう。

こうした不遇っぷりから、二次創作の場においては同じく業績不振によって荒んだやるオプーナのような黒いキャラクターがファンの二次創作によって生み出され、そちらのキャラクターの方が広まることとなってしまう。

やる夫スレにおいて編集

やる夫スレにおいて登場するのも大抵こちらの「黒ナージャ」であり、やるオプーナに負けず劣らずの暗黒面をそこかしこで振りまいている。やるオプーナと違い良い扱いをされることはまず無い。

担当声優である小清水亜美のデビュー役であり、「笑っていいとも!」に出演した際に代表作としてナージャの名前が出た。しかし一緒に出ていた他の大御所声優に比べればスタジオの反応は悪く、あまりの場違い感に晒し者のようにされたことから(事務所や「いいとも」の製作陣等、出演させた側を)「絶対に許さない」という言葉がナージャに定着してしまった。そのせいかナージャが登場すると「絶対に許さない」や「絶許」というレスが高確率で付く。なお、このネタに関して声優本人は不快感を表明している。

主な作品編集

関連項目編集

  • ローズマリー - 同じ孤児院の仲間だったが、後に暴走の末宿敵となる。
  • 北条響 - プリキュアシリーズでナージャと同じ中の人が演じたキャラクター。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。