Fandom


             ,.-―‐- 、
         /       ヽ        ___
        /             ハ.   ,.'´ __ `ヽ
       ハ   ,f⌒ヽ    y''}. /  /   `ヽ}
       {    ゝ.__ノ   /ノi}´  /     ,ソ
          Ⅶ   ./  ./.' 〃,/
         `<__./,. //  〃´
             ,/  ゝヽ /.}
       ,,.z≦´ <ノノ`ヽ-ヘ、
 ,.-v'⌒ヽ / ,r―- v ー―- 、`ヽ  ̄`ヽ
./ ,/  / ハ{ /  ≧:≦   ミ }}    ハ
.:/   ´ , }.i{彡  ミ ミ    ミ.i}      リ
│ /,ヘ/ノ .!.マ   ヾ ミ、   シへ >'⌒ .{、
. !//./´  У´  ̄ `ヽ、 シ⌒if⌒i r‐、!
.、   ゝ、_ {〃二`ヽ、 ∨! r-i {  ! } }
 \      マ´∧`ヽ\. {三| V  ト、| i'^!
.   \   ソヾ フ ゙}iヽソ.∧  i i ./ / /
     >、 .〉/へ!  ノ} {={ マ i i/ ,y,イ
  _,,.-<´{ ! _ /シУ三!  ',     .ノ
.´   -―- ゝ--- ' ,/-===ミ ゝ---.く
 / 、 、 `Y´〃´ -===-ミミ',    `ヽ、
.´ ヾミヽ !i iリ 〃 ', -===- ミ人      \
ニャルラトホテプ
原作・出典元 クトゥルフ神話
愛称・呼び名 「這い寄る混沌」ほか多数
性格 悪い
特徴 混沌 黒い人
備考 変幻自在
  

ニャルラトホテプ(Nyarlathotep)は、クトゥルフ神話に登場する謎の存在。

ウィキペディアの項目「ナイアーラトテップ」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「ナイアルラトホテップ」も参照のこと

概要編集

1920年にハワード・フィリップス・ラヴクラフトが夢から着想を得て執筆した「ニャルラトホテプ」が初出。「ナイアーラトテップ」など表記ぶれがある。

邪神達(主にアザトース)の使者として行動する。千顔とも無貌とも呼ばれ、あらゆる姿と異名をとる変幻自在の存在。様々な名前で世界中で信仰された[1]。クトゥルフ神話の混沌ぷりを象徴したような存在で、諸設定がいくら矛盾していてもそれら全て真実としたところで何の不思議もない。関わった人間はたいてい破滅する。

次に挙げる二つの特徴から、神話中ではトリックスター的に扱われている。一つは、異形の姿のほかに、人間に変身することがあること(長身で黒い肌の場合が多い)。もう一つは、矮小な人間など意に介していない邪神達の中では特例的に、悪意を持って関わってくること。この二つの特徴を以て、予言者として人々を扇動したり、邪教団や魔女達を率いたり、核物理学者として原子爆弾の開発に携わったりと、黒幕としての活躍例には枚挙にいとまがない。[2]

女神転生シリーズ」にも登場する。また、ニャル子の元ネタでもある。キャラクター的な敬称は「ニャル様」。

やる夫スレにおいて編集

変幻自在なその身を利用し暗躍することから、クトゥルフ神話ものにおいてはAAと相性が良い。

女神転生シリーズのようなオカルト要素の含む作品や、ファンタジー物も含め「ニャルラトホテプ」という名称の存在が登場する事がある。しかしその場合でも、上記の様な名状しがたい姿での登場は少なく、ニャル子を始め様々なキャラのAAを代用することがほとんどである。

作中の性格も無邪気であったり邪悪であったりと全く統一性がない。しかしどんな性格であっても、「ニャル様だからしょうがない」という風に読者に受け入れられる特異な存在である。

主な作品編集

脚注編集

  1. 一例を挙げると、忌まわしい邪教崇拝により記録から抹消された暗黒のファラオなど。
  2. クトゥルフ神話で「黒い人」や核爆弾が出てくるとこいつが暗躍しているのは一種のお約束である。

関連項目編集

  • ニャル子(八坂ニャルラトホテプ) - 地球の小説のニャルラトホテプのモデルとなった種族の一体が、地球人の少女姿に変身したものとされている。
  • ナイア - デモンベインシリーズでのニャルラトホテプ(ナイアルラトホテップ)
  • 喪黒福造 - 黒い姿、怪しいアイテムを与えられた人間は奈落に落ちるなど、そのものである。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。