Fandom


              ,,,,,,,,,,,,,,,,,,,,
             /": : : : : : : : \
           /-─-,,,_: : : : : : : : :\
          /     '''-,,,: : : : : : : :i
          /、      /: : : : : : : : i     ________
         r-、 ,,,,,,,,,,、 /: : : : : : : : : :i    /
         L_, ,   、 \: : : : : : : : :i   / 働いたら
         /●) (●>   |: :__,=-、: / <   負けかなと思ってる
        l イ  '-     |:/ tbノノ    \
        l ,`-=-'\     `l ι';/       \  ニート(24・男性)
        ヽトェ-ェェ-:)     -r'          ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
         ヾ=-'     / /
     ____ヽ::::...   / ::::|
  / ̄ ::::::::::::::l `──''''   :::| 

ニート君
原作・出典元 実在の人物
性別
性格 怠け者
特徴 ニート
口調 ~と思ってる
  

ニート君は、実在の人物。「ニート」の代名詞的存在である。

概要編集

2004年に放送された「とくダネ!」のニート特集で取材を受けたことで、ニートという存在を世に広く知らしめた。今でこそニートという単語と概念は広く知られているが、2004年当時の日本ではほとんど未知の存在であり、この番組をきっかけにニートという存在が知られるようになったと言っていい。

24歳とは思えない童顔や、勤労意欲を全く持たず、遊び呆けるばかりのライフスタイル、そして極めつけの「働いたら負けかなと思ってる」発言で視聴者に衝撃を与え、一躍ネット界隈の有名人になった。

当時は嘲笑混じりに扱われていたが、ブラック企業の横行やワーキングプア問題、生活保護の過剰な手厚さなど、「真面目に働いても報われない」社会問題が知られるにつれ、彼の発言が見直されるようになっている。

24歳というのは放送当時の年齢であり、存命であれば30代になっているはずだが、その後の彼の去就は不明。よく似た男性が関西国際空港でキャンペーンスタッフをやっていたという目撃談もあるが、真偽は今もって藪の中である。

しかし、2011年1月22日、7年間の沈黙を破り、ニコニコ動画生放送になんと本人が登場。関空の男性は別人であること、働いたら負け発言の真意など、数々の謎が明かされた。さすがに生活も厳しくなったのか、求職活動をしてはいるようだが、折からの不況とその経歴から、上手く行っていない模様。ニートの象徴として偶像化されつつあっただけに、その再登場には複雑な気持ちの人も多いようである。

やる夫スレにおいて編集

まさにニートキャラの元祖と呼べる存在なのだが、AAの数がとにかく少なく、やる夫スレではモブキャラクターのニートキャラとしての出演がほとんど。あまりに有名な上記の発言から「~と思ってる」と語尾に付ける傾向がある。やる夫が本来のニート属性を忘れられ、勤労者やリア充役が多くなった現在も、彼はぶれることなく不労を貫き通し、今日も元祖ニートの風格を見せつけている。

主な作品編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。