やる夫 Wiki
Advertisement
Fateシリーズ > Fateシリーズの登場人物一覧 > ネロ・クラウディウス
                               ___     , ' ⌒ヽ、
                         r‐ァ_'´        ` /、     ヽ
                       r‐ァ'´ ̄/  / /     / 、\      ',
                          _V   / / 〃/ /.:/:./l :i|:...lヽ:::ヽ    ',
                        〈i/::.  /  l::. |l:.l::ハ、l::..l;;l::i|::::l:.:',::::::',     !
                        ハi:::::... l .::. l:::..|トiVィ= 、:ト、l:i|::l:lハ:l:::l:::l、  ノ
                      ヽiト、/^l l:::. ',::::Vト代zj ヾ l::ハlノ .リ:::!、:l \
                       /lヽl <l::l ::.. ',:::l   ヾl   jノ ',.- ル':i N
     }}ーz、ハ  _l⌒l、          ヽミヽ l::l:. :::...ヽl\     {iカハ:l
    、_,{{ v }{ `t.r' |: : | ',        └ ミ.l:ハ:::::.. .:ヽ\     〉':::...ヽ
    ヽ}t、  ^ / |: : |_,ヽ    _,.  ',.ィ´  ̄ `ヽ ::::::.ヽ ヽ ̄ ` イ:.:.:l:.:.:l:..\
.   z、ハ{ハ. _,ハ:::zL イ :::::}  r ' zZ三l l三三ミ、:::.', l::::l:', l / N、:.l、:.:l:.ヽ:.',
    }}^=V Yヽ:::::l: lミ彡!:::、::: ー 、 //三U z、三ミミ',:::l |l:::N ¨´..:::::::> }:.l ヽl:::lV
. Z^^´  `  ヽ:ヽ::l/==ミ{ :.'^iT '''´_,/,. -─- 、ヽ:i:i:i:',::lノlノ::ii\\/ヽ ,ル' _Vi:|
 ft `   _  lヽ_〉 |i::i| :::: //`ヽ、:..─‐--....i:i ||:i:i:i:}',lV/^ー^ヽ VハVス ─ 、ルヽ、
 _,.ミz    }}::`{ヽ\|i::i| __// ::::::::::i},::::::::::::::: i:i ||///;;;〉':.    \:::::::::>   \::::\
〈< tュ   rヘヽ:::ヽ:` |i::i|.。| | ::::::::::::iハ ,zi :::::/i:〃/;;;/ :::::    、_ V´i:i:i:|   ヽ::::::\
 Z、__,. z≧、::<二 |i::i| __〉〉:::::::;;;;;;;/:::::::, イ 二彡イ/ :::,   '´  ̄ ヽ`ヽ丶:|    V  ̄
    弋ー‐ //:::::: |i::i| z'/;;;;;;;;;;;/- '   l;;;;;;;;;;;;;〃/        ', .Vi'^ヽ
     \/イ_,.. }}三{{ ` ー '´      l;;;;;;;;;;//     . . . . : : : : l: : i}: : . .\
        ̄    /ハヽ           、;;;;;;//;; ,. - ,.z、 : : : : : : / : / : : : : l l
       ,ヘ  //i:i:iヽヽ         ヽ;l l; //:::::::://ヽ;;;;;;; _,.∠、丶 : //
        |::::i:iミ マ:i:i:iZ>|             V i/::::::::::://:::Oエ -‐ - X^Y´
ネロ・クラウディウス
原作・出典元 Fate/EXTRA
性別
愛称・呼び名 赤セイバー、赤王様
一人称
性格 尊大
特徴 赤基調のコスチューム
口調 尊大
備考 関連:アルトリア・ペンドラゴン
  

ネロ・クラウディウスは、ゲーム「Fate/EXTRA」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「セイバー%28Fate%2FEXTRA%29」も参照のこと

ゲーム中では「セイバー」と呼ばれ、ネット上では主に「赤セイバー」「赤王様」と呼ばれている[1]。ゲーム限定版の付属特典では「セイバーエクストラ」と表記されているが、これは「Fate/stay night」のアルトリア・ペンドラゴン(青セイバー)と区別するための便宜上の呼称であり、そう呼ばれる事はほとんどない。

概要

プレイヤーが選択できる、三人のサーヴァントのうちの一人。

アルトリア・ペンドラゴンにうり二つの顔立ちをしているが、単なる他人の空似であり、同一クラスであるということ以外の関連性は一切ない。赤を基調とする露出度の高い衣服[2]を纏っていること、低身長巨乳であることや髪型が、本編セイバーとの外見上の違いである。また、口調・性格も大きく異なり、マスターを「奏者」と呼び、自身を「万能の天才」「至高の芸術」と言ってはばからない。

真名はローマ帝国5代皇帝ネロ・クラウディウス・カエサル・アウグストゥス・ゲルマニクス。かつて「暴君」と呼ばれた[3]ほどのワガママな性格だが、彼女なりに他者のことは思いやっており、根は善良な人物である。基本的に明るくて情熱的。尊大で無邪気。馴染んだ相手には人懐っこい性格でもある為、「子犬っぽい」と評されることも。その他、(彼女なりの美的感覚で)芸術に理解がある、音痴、派手好きで浪費家、人から称賛されたり喝采を浴びたりすることを好む、などの強烈なキャラ付けがなされている[4]。要するにドヤ顔しながら主が褒めるのをそわそわ伺う「かまって系ワンコ」である。

生前は気前の良い政策を取ることで民からは人気だったが、様々な要因によって反乱を起こされ、最期は泣きながら何度も躊躇った末に自害したとされる。母殺しやキリスト教弾圧、ジャイアンリサイタル等から暴君と呼ばれたが、火事対策や外交などの采配から名君の顔も持つ。彼女の性格は、民に尽くしたにも関わらず、その愛し方の違いから最終的に誰からも愛されなかった為に育まれたものであるという。しかし生前の人生に後悔はなく、召喚に応じた理由も「主人公(の魂の在り方)を美しいと思ったから」であり、聖杯の招きではなく自らの意思で主人公の元に舞い降りた。

彼女にとって美しいものはなんであれ大好きであり、「美少年や美老年も好きだが、美少女はもっと好き」と語る。その上で細かいところを気にしない大雑把さと、他者の在り方を「それはそれで良し」と認める価値観を持つため、外見の美醜などで相手を拒絶することはない。

戦闘では自ら鍛えた真紅の剣を操り、セイバーらしく真正面からの戦いを得意とする。扱いやすい攻撃スキル、各種補助に蘇生スキルなど、その名に恥じない万能な性能を誇る。最大の特徴はスキル『皇帝特権:EX』だろう。彼女が本来持ち得ないスキルでも本人の主張により短時間ながら獲得できるというチートクラスの性能を持つ。その一方で正規のセイバークラスでない[5]ためか、アルトリア・ペンドラゴンのような火力の高い一発逆転の切り札を持たず、生前に魔術のような神秘にも縁がなかったためか対魔力も低いと穴が多い。

宝具は『招き蕩う黄金劇場(アエストゥス・ドムス・アウレア)』。生前、ネロが建築し自らの公演が終わるまで観衆を閉じ込めたと言う劇場を展開する。世界を塗り潰す固有結界とは似て非なる大魔術であり、(魔力で)一から建造するため大変に長持ちし、解除されるまで脱出は不可能。自らの願望を実現する絶対皇帝圏であり、敵の能力を低下させる効果がある[6]

やる夫スレにおいて

やる夫スレでは主に、王族や権力者として登場する。原作で「男も女も好き」と発言していることから、気に入った相手は男女関係なく口説きにかかる好色な人物として描かれることが多い。尊大ながらも無邪気な性格のヒロインとしてもしばしば起用される。

また、本編セイバーの血縁者としての登場も少なくない。ただし、一緒に登場させる場合、AAでは非常に判別しにくい。『服を変えただけで顔そのまま』と言うようなAAも多く存在し、無思慮に使うと読者の混乱を招く。口調を強調するなど、殊更に違いを見せるなどの工夫をすると良いだろう。作品によっては服の部分に「青」「赤」と文字を入れることで区別しているものもある。

主な作品

やる夫Wiki内で「セイバーエクストラ」を検索

脚注

  1. 厳密に言えば彼女は王様ではなく皇帝なので「赤王様」は誤った呼称である(公式でも使ってしまっているが)。セイバーの派生キャラを「黒王様」「白王様」と呼んでいた流れで付けられた愛称と思われる。またFate/Apocryphaでモードレッドが「赤セイバー」、FGOではガイウス・ユリウス・カエサルが「ローマの赤いセイバー」を名乗るなど類似サーヴァントが増えてきたため、ネロや赤王様などの呼称で区別することも増えてきている。Fate/EXTRAの続編であるCCCでは衣装が変更となったため「セイバー・ブライド」「嫁セイバー」「嫁王様」などとも呼ばれる。
  2. 背中出し、半ケツ、スカートの前がスケスケ(下はレオタード)だが、彼女にとってこれは男装の一種であるらしい。
  3. なお暴君と呼ばれるようになるのは治世12年の後半7年であり、前半の5年はむしろ名君として名高かった。
  4. この辺りは原典というか、史実の人物評通り。
  5. セイバーとして召喚されるには剣士としての適正が必要となるが、彼女には剣に関わる武勲や伝承が無く、本来ならば不適格となる。にも関わらずセイバークラスとして召喚されたのは、「万能の天才たる自分には最優であるセイバーが相応しい」と主張し、自身のスキル『皇帝特権:EX』によって強引にセイバー適正を獲得しているから。彼女自身に剣士の素養があり、大成するだけの潜在能力を持ち得るからこその荒業である。「万能の天才」は伊達ではない。
  6. 通称「最古のジャイアンリサイタル」。パッと見で効果が分りづらいためか、やる夫スレで見かけることは稀。

関連項目

  • アルトリア・ペンドラゴン - そっくりさん。青セイバー。原作者曰く「蕎麦とうどんくらい違う」とのこと。
  • 岸波白野 (男)岸波白野 (女) - Fate/EXTRAにおけるマスター。
  • ネロ・カオス - 死徒。教会によりネロの名がつけられた(ネロ帝といえばキリスト教迫害)。
  • ルシウス・モデストゥス - 「テルマエ・ロマエ」の主人公。ローマ人繋がりで、赤セイバーの従者的な立場で共演することがある。ただし「テルマエ・ロマエ」の舞台となったハドリアヌス帝時代は、赤セイバーより100年近く後の時代である。

外部リンク

Advertisement