やる夫 Wiki

編集中:

ハイドリッヒ・ラング

1
  • この編集を取り消す前に、以下の差分を確認してください。保存すると、この版での変更部分を取り消せます。 荒らし以外の編集を取り消す場合…
最新版 編集中の文章
37行: 37行:
 
銀河帝国内務省の重鎮。ゴールデンバウム王朝において恐れられた、共和主義者や国体転覆を狙う組織・人物を監視し「処理」する秘密警察(社会秩序維持局)の長を務める。旧王朝崩壊と共に同局は解散、一旦職を追われるが、[[パウル・フォン・オーベルシュタイン]]に自らを売り込み、ローエングラム新王朝において新たに「内国安全保障局」として設けられた秘密警察局長に就任する。
 
銀河帝国内務省の重鎮。ゴールデンバウム王朝において恐れられた、共和主義者や国体転覆を狙う組織・人物を監視し「処理」する秘密警察(社会秩序維持局)の長を務める。旧王朝崩壊と共に同局は解散、一旦職を追われるが、[[パウル・フォン・オーベルシュタイン]]に自らを売り込み、ローエングラム新王朝において新たに「内国安全保障局」として設けられた秘密警察局長に就任する。
   
己の存在を目立たないようにして静かに動く狸親父。「表情を見せないために」顔の汗をハンカチで拭く癖を身につけた辺りに、その思考の一片が伺える。自分の権限を拡大しようと分不相応な行に及び、[[オスカー・フォン・ロイエンタール]]に公然と罵倒されたことで彼に度の過ぎた私怨を抱く。それを潜伏していた[[アドリアン・ルビンスキー]]に利用され、遂にはロイエンタールの冤罪を仕立てあげて彼の反乱を誘発した。最期は反乱の収束後、憲兵隊の調査によって裏工作を暴露され、拘禁、処刑の憂き目にあった。
+
己の存在を目立たないようにして静かに動く狸親父。「表情を見せないために」顔の汗をハンカチで拭く癖を身につけた辺りに、その思考の一片が伺える。自分の権限を拡大しようと分不相応な行に及び、そこを[[オスカー・フォン・ロイエンタール]]に公然と罵倒され、半ば一方的な私怨を抱く。それを潜伏していた[[アドリアン・ルビンスキー]]に利用され、遂にはロイエンタールの冤罪を仕立てあげて彼の反乱を誘発した。最期は反乱の収束後、憲兵隊の調査によって裏工作を暴露され、拘禁、処刑の憂き目にあった。
   
 
公人としては擁護のしようがないが、私人としては、官僚になってから生涯に渡って匿名の現金寄付を行っており、良き夫・良き父を体現した理想的マイホームパパであった(そのため夫人は彼の悪行を知った後も温情を嘆願している)。公と私の著しい乖離が特徴の小悪党ではあったが、少なくとも[[ヨブ・トリューニヒト]]や[[アンドリュー・フォーク]]など、作中の他の悪人連中よりはまだ救いがあると言えよう。
 
公人としては擁護のしようがないが、私人としては、官僚になってから生涯に渡って匿名の現金寄付を行っており、良き夫・良き父を体現した理想的マイホームパパであった(そのため夫人は彼の悪行を知った後も温情を嘆願している)。公と私の著しい乖離が特徴の小悪党ではあったが、少なくとも[[ヨブ・トリューニヒト]]や[[アンドリュー・フォーク]]など、作中の他の悪人連中よりはまだ救いがあると言えよう。
  エディタを読み込んでいます
下記は一般に利用されるウィキマークアップコードです。使用したいものをクリックすると編集ボックスにそれが出現します。

このテンプレートを編集

プレビュー

モバイル

PC