Fandom


(clean up)
 
(15人の利用者による、間の23版が非表示)
1行: 1行:
  +
<pre class="aa">
  +
               _,..-─ ─- 、._
  +
            ,.' ´         . . `ヽ、
  +
             /            . . :.:. ヽ
  +
        _,、/             . . :.: _, -ヽ、_
  +
        {ニj             . . :.:j彡   __ヲ
  +
        トノ      ,       . . :ノニ..、、   フ
  +
        H  , -─、  i ゞ==ー、._. :.:.に二ニ   }
  +
        〈ハ'´,rェエ,I>  r ニエユ,ミュ一 : `マ尨._  リ
  +
        Y    ‐f  ...       : : : : Y´r Y
  +
         !   ,..」  . :.::.、      : :,: :  h |
  +
         l   / ゞ、__,. -ーヘ、   . :.:〃:: : : ヲ,イ
  +
         ゙i  i   __       `i. :.:. :ノ:: : し'´ ::|
  +
         ゙i    ー─ -..、_  . ! :.:.:.:i: :: : |: : : :|
  +
            l    ー‐-、 ..  . . :.::,': :: :: |: /|\
  +
          l i    "''    : :../::/: :: :/  ,イ::::::\
  +
          `、j       . :.::./:://  ,.'´/::::::::::::::\
  +
       _, .イ¨|ヽ、   . . :.:::_ィ‐'´ ,. '´ _,/:::::::::::::::::::/`ー-、_
  +
   ,. -‐ ´:::::::::/:::::|\ハー一イ´_,.‐'´ ,.‐'´/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::
  +
</pre>
  +
{{登場人物
  +
| 名前=ハイドリッヒ・ラング
  +
| 原作=[[銀河英雄伝説]]
  +
| 性別=男
  +
| 愛称=ラング
  +
| 一人称=私 / 俺
  +
| 性格=策略家 / 良き父 / 慈善家
  +
| 特徴=ハゲ
  +
| 口調=
  +
| 備考=
  +
}}
  +
'''ハイドリッヒ・ラング'''は、田中芳樹のSF小説「[[銀河英雄伝説]]」の登場人物。
  +
  +
{{MainNicopedia|ハイドリッヒ・ラング}}
  +
  +
==概要==
  +
銀河帝国内務省の重鎮。ゴールデンバウム王朝において恐れられた、共和主義者や国体転覆を狙う組織・人物を監視し「処理」する秘密警察(社会秩序維持局)の長を務める。旧王朝崩壊と共に同局は解散、一旦職を追われるが、[[パウル・フォン・オーベルシュタイン]]に自らを売り込み、ローエングラム新王朝において新たに「内国安全保障局」として設けられた秘密警察局長に就任する。
  +
  +
己の存在を目立たないようにして静かに動く狸親父。「表情を見せないために」顔の汗をハンカチで拭く癖を身につけた辺りに、その思考の一片が伺える。自分の権限を拡大しようと身分不相応な行動に及び、[[オスカー・フォン・ロイエンタール]]に公然と罵倒されたことで、彼に度の過ぎた私怨を抱く。それを潜伏していた[[アドリアン・ルビンスキー]]に利用され、遂にはロイエンタールの冤罪を仕立てあげて彼の反乱を誘発した。最期は反乱の収束後、憲兵隊の調査によって裏工作を暴露され、拘禁、処刑の憂き目にあった。
  +
  +
公人としては擁護のしようがないが、私人としては、官僚になってから生涯に渡って匿名の現金寄付を行っており、良き夫・良き父を体現した理想的マイホームパパであった(そのため夫人は彼の悪行を知った後も温情を嘆願している)。公と私の著しい乖離が特徴の小悪党ではあったが、少なくとも[[ヨブ・トリューニヒト]]や[[アンドリュー・フォーク]]など、作中の他の悪人連中よりはまだ救いがあると言えよう。
  +
  +
アニメ版での容姿は「肌が年齢と比べて若々しい」という妙な特徴がある、典型的な中年顔のてっぺんハゲなオジサン。一方原作では「歳相応のハゲ頭と低い声に合わない'''童顔'''」という、アンビバレンツなものになっている。
  +
  +
==久々にワロタ==
 
<pre class="aa">
 
<pre class="aa">
 
       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
 
       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
17行: 62行:
 
    :|     `'7"""""ヽ       |
 
    :|     `'7"""""ヽ       |
 
</pre>
 
</pre>
{{登場人物
+
いつの間にやら誕生したネタ[[AA]]。何故か[[2ちゃんねる]]を中心としたネット界隈で流行したこのAAによって、ラングは主人公である[[ラインハルト・フォン・ローエングラム]]や[[ヤン・ウェンリー]]を差し置き、ネット上で最も顔の知られた「銀英伝」の登場人物となっている。そもそも彼が「銀英伝」の登場人物だと知らない人もかなり多いだろう。
| 名前=ハイドリッヒ・ラング
 
| 原作=[[銀河英雄伝説]]
 
| 性別=男
 
| 愛称=ラング
 
| 一人称=私
 
| 性格=策略家 良い父
 
| 特徴=ハゲ
 
| 口調=
 
| 備考=
 
}}
 
'''ハイドリッヒ・ラング'''は、田中芳樹のSF小説「[[銀河英雄伝説]]」及びそれを原作とした作品の登場人物。
 
{{MainNicopedia|ハイドリッヒ・ラング}}
 
==概要==
 
銀河帝国内務省の重鎮。共和主義者や国体転覆を狙う組織・人物を監視し対応する秘密警察的組織の長。銀河帝国の負の側面を描くためのキャラクターであり、本来の彼の登場シーンには一切笑える要素は無い。
 
   
いつ間にやら誕生した上記の有名な[[AA]]「久々にワロタ」によって、[[2ちゃんねる]]中心とたネット界隈におい[[銀河英雄伝説]]を知らな人にも幅広く知られことなっ。主人公である[[ハルト・フォン・エングラム|ラインハト]][[ヤン・ウェンリー|ヤン]]を差し置ネット上で最も顔の知られ[[銀河英雄伝説]]の登場人物である
+
AA台詞自体は2ちゃんねるのモーニング娘(狼)板でよく貼られていた定型コピペ元にしている。なお、原作では拘禁後黙秘を続けていたラングはエンターの訃報を聞く、まさに「久々に」1時間余り笑転げた後せきを切ったように自供を開始した。
   
[[やる夫スレ]]においては、レギュラーキャラとして登場することはまず無いものの、様々な改変<ref>[http://warota.web5.jp/ 久々にワロタ まとめWiki]</ref>をなされた上で定番ネタとして様々なスレで活躍している。
+
==やる夫スレにおいて==
  +
レギュラーキャラとして登場することはまず無いものの、様々な改変<ref>[http://warota.web5.jp/ 久々にワロタ まとめWiki]</ref> をなされた上で定番ネタとして様々なスレで活躍している。配役としてはオリジナル同様の政治家、役人や豪商など資産家が多い。
   
 
==主な作品==
 
==主な作品==
*[[やる夫が孤島パズルに挑むようです]] - [[真紅]]の父
+
*[[やる夫が孤島パズルに挑むようです]] - [[真紅]]の父
  +
*[[やる夫が90年代を駆け抜けるようです]] - [[やる夫]]の高校時代の恩師。
  +
*[[やる夫がドラゴンクエスト5の勇者?になるようです]] - ルドマン役。
  +
*[[迷宮伯爵 ~Materia Medica~]] - ローゼンベルク家の家臣。[[カン・ユー]]といつも罵り合う。
  +
*[[やる夫のLIVE A LIVE]] - SF編、ホル艦長役。
   
 
==脚注==
 
==脚注==
<references/>
+
<references />
+
<!-- ==関連項目==
<!--
+
*[[]] - -->
==関連項目==
+
<!-- 関連項目がない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。 -->
-->
+
<!-- ==外部リンク==
[[Category:登場人物|はいどりっひらんぐ]]
+
*[] - -->
[[Category:銀河英雄伝説|はいどりっひらんぐ]]
+
<!-- *[http://url ページ名] -->
  +
<!-- [[やる夫スレで使って欲しいキャラを紹介するスレ]]のまとめページ等がある場合は、リンクを貼ってください。 -->
  +
{{DEFAULTSORT:はいとりつひらんく}}
  +
[[カテゴリ:登場人物 は行]]
  +
[[カテゴリ:銀河英雄伝説]]

2020年3月28日 (土) 07:48に更新

               _,..-─ ─- 、._
            ,.' ´         . . `ヽ、
             /            . . :.:. ヽ
        _,、/             . . :.: _, -ヽ、_
        {ニj             . . :.:j彡   __ヲ
        トノ      ,       . . :ノニ..、、   フ
        H  , -─、  i ゞ==ー、._. :.:.に二ニ   }
        〈ハ'´,rェエ,I>  r ニエユ,ミュ一 : `マ尨._  リ
        Y    ‐f  ...       : : : : Y´r Y
         !   ,..」  . :.::.、      : :,: :  h |
         l   / ゞ、__,. -ーヘ、   . :.:〃:: : : ヲ,イ
         ゙i  i   __       `i. :.:. :ノ:: : し'´ ::|
         ゙i    ー─ -..、_  . ! :.:.:.:i: :: : |: : : :|
            l    ー‐-、 ..  . . :.::,': :: :: |: /|\
          l i    "''    : :../::/: :: :/  ,イ::::::\
          `、j       . :.::./:://  ,.'´/::::::::::::::\
       _, .イ¨|ヽ、   . . :.:::_ィ‐'´ ,. '´ _,/:::::::::::::::::::/`ー-、_
   ,. -‐ ´:::::::::/:::::|\ハー一イ´_,.‐'´ ,.‐'´/:::::::::::::::::::/:::::::::::::::::
ハイドリッヒ・ラング
原作・出典元 銀河英雄伝説
性別
愛称・呼び名 ラング
一人称 私 / 俺
性格 策略家 / 良き父 / 慈善家
特徴 ハゲ
  

ハイドリッヒ・ラングは、田中芳樹のSF小説「銀河英雄伝説」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ハイドリッヒ・ラング」も参照のこと

概要編集

銀河帝国内務省の重鎮。ゴールデンバウム王朝において恐れられた、共和主義者や国体転覆を狙う組織・人物を監視し「処理」する秘密警察(社会秩序維持局)の長を務める。旧王朝崩壊と共に同局は解散、一旦職を追われるが、パウル・フォン・オーベルシュタインに自らを売り込み、ローエングラム新王朝において新たに「内国安全保障局」として設けられた秘密警察局長に就任する。

己の存在を目立たないようにして静かに動く狸親父。「表情を見せないために」顔の汗をハンカチで拭く癖を身につけた辺りに、その思考の一片が伺える。自分の権限を拡大しようと身分不相応な行動に及び、オスカー・フォン・ロイエンタールに公然と罵倒されたことで、彼に度の過ぎた私怨を抱く。それを潜伏していたアドリアン・ルビンスキーに利用され、遂にはロイエンタールの冤罪を仕立てあげて彼の反乱を誘発した。最期は反乱の収束後、憲兵隊の調査によって裏工作を暴露され、拘禁、処刑の憂き目にあった。

公人としては擁護のしようがないが、私人としては、官僚になってから生涯に渡って匿名の現金寄付を行っており、良き夫・良き父を体現した理想的マイホームパパであった(そのため夫人は彼の悪行を知った後も温情を嘆願している)。公と私の著しい乖離が特徴の小悪党ではあったが、少なくともヨブ・トリューニヒトアンドリュー・フォークなど、作中の他の悪人連中よりはまだ救いがあると言えよう。

アニメ版での容姿は「肌が年齢と比べて若々しい」という妙な特徴がある、典型的な中年顔のてっぺんハゲなオジサン。一方原作では「歳相応のハゲ頭と低い声に合わない童顔」という、アンビバレンツなものになっている。

久々にワロタ編集

       _,,:-ー''" ̄ ̄ ̄ `ヽ、
     ,r'"           `ヽ.
 __,,::r'7" ::.              ヽ_
 ゙l  |  ::              ゙) 7
  | ヽ`l ::              /ノ )
 .| ヾミ,l _;;-==ェ;、   ,,,,,,,,,,,,,,,_ ヒ-彡|
  〉"l,_l "-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-ニ ゙レr-{   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  | ヽ"::::''   ̄´.::;i,  i `'' ̄    r';' }   | 久々にワロタ
 . ゙N l ::.  ....:;イ;:'  l 、      ,l,フ ノ   .| こういうスレが沢山立ってた
 . |_i"ヽ;:...:::/ ゙'''=-='''´`ヽ.  /i l"   < のが昔のVIPなんだよな 今の新参は昔の
   .| ::゙l  ::´~===' '===''` ,il" .|'".    | VIPを知らないから困る
    .{  ::| 、 :: `::=====::" , il   |     \________
   /ト、 :|. ゙l;:        ,i' ,l' ノト、
 / .| \ゝ、゙l;:      ,,/;;,ノ;r'" :| \
'"   |   `''-、`'ー--─'";;-'''"   ,|   \_
    :|     `'7"""""ヽ       |

いつの間にやら誕生したネタAA。何故か2ちゃんねるを中心としたネット界隈で流行したこのAAによって、ラングは主人公であるラインハルト・フォン・ローエングラムヤン・ウェンリーを差し置き、ネット上で最も顔の知られた「銀英伝」の登場人物となっている。そもそも彼が「銀英伝」の登場人物だと知らない人もかなり多いだろう。

AAの台詞自体は2ちゃんねるのモーニング娘(狼)板でよく貼られていた定型コピペを元にしている。なお、原作では拘禁後に黙秘を続けていたラングはロイエンタールの訃報を聞くや、まさに「久々に」1時間余り笑い転げた後、せきを切ったように自供を開始した。

やる夫スレにおいて編集

レギュラーキャラとして登場することはまず無いものの、様々な改変[1] をなされた上で定番ネタとして様々なスレで活躍している。配役としてはオリジナル同様の政治家、役人や豪商など資産家が多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 久々にワロタ まとめWiki
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。