Fandom


                        / ̄ハ、
                    _/,r-‐⌒',ハ
                    )::::/二ニヾ.i
                  ,r="::::{二ニ::::::',ヽ._          _,.-ァ:、
       ,.、_         ,.r'’`ー―、Y,r'⌒ー‐┴:、_      _,.z'"! i !’ .|
    .〃!i ≧-、     /   i   ハヽ Y / ノ ヽr-v‐''/i   ゙ |l  !
     } {!    17ーr‐'"`ヾ./ !  i ハ '; !〃 i! /  .| !.i   .l!    l.! .}
     ! |l     l!  !ト ゝ、 \!i    ! } |" /.ト、ー‐" l l l! i !|     l.| i′
     ゙i .リ!    |.  Ⅷ、 シ/ ゙!-―-、レ/ ' リ \ .{ | ! .!.|',   .!.! リ
      /ハ |     i |` ーシ ` ̄}≧====/    i!Ⅷ!l_l  ! ! '.   ト!ハ
     !ハ 'i`     !├'! i´    ,!´ ̄ ̄ ̄〈     l| | }  |i .!   .| !
     i! ', !      ノ {. !|     ,'i ! |   |!.ハ     !l !   !.Ⅷ1  l /
       ゙i! .!  _{. ト i!    ハ| !.l    ! .マ     l! |  }   |  .!′
       マ、!|  i  .!     i ! !.!   .! .ハ.       |  !   |  .!
.         Ⅵ!i  | |"l       ! リ li    ! i ',       .|   |  l!イY
          Ⅶヽ.| }         | i   !   ,': |.ハ       |   l!   .! !
.         !トl ヽ!        .'/!  .!  ,':  | .ハ      }  .ハ.   Y
         i!'^`{、       ハ i   |.  ,':   !  i      Ⅶ ! |   .|
         Ⅷ ハ       ハ. |  ! ,':   ! リ       ! i.l/!
            iヘil }    ,' i |  i i::   | i ト、       !|
           !| !     /  !    !. {:   .! ! .ハ.       i!
                   ヽ!| | i   ! :   l   .i
                    |l .! !  .| i   |   {
                    |! l     | l   |  i |!
                    l! |     |    .λ !.!
                    | i!     |    ! i |:',
                   ! i:     |     | .! .|、
                    i!|"! !  !     ! :  i
                       Vl  .! .! ハ !i!  |
                    /!,!、 レi  i K!i! l!
                   ,/. l!i! 1| !レ!i| i ゙i! |
                      !   !   i! ! i!
ハスター
原作・出典元 クトゥルフ神話
愛称・呼び名 名状しがたきもの(名づけられざるもの)
備考 人型『黄衣の王』
書物『黄衣の王』
  

ハスター(Hastur)は、「クトゥルフ神話」に登場する神の一柱。

ウィキペディアの項目「ハスター」も参照のこと

概要編集

「旧支配者」と呼ばれる生命体の一体。おうし座ヒアデス星団(アルデバラン)の古代都市カルコサ近くのハリ湖に幽閉された風の精、らしい(風属性の首領とも)。クトゥルフの近縁とも、敵対しているともされるが詳細は不明である。

元はアンブローズ・ビアスの「羊飼いのハイータ」に登場する、羊飼いを守護する温和な神である。これを、ロバート・M・チェンバーズが自作品で意味ありげに取り入れた。さらに影響を受けたハワード・フィリップス・ラヴクラフトが、自作内でクトゥルフアザトースに並べてしれっと言及し、オーガスト・ダーレスが邪神としての性格付けを行ったという経緯がある。

ラヴクラフト世代から名前は知られていたが、「名づけられざるもの」という異名が示すように、姿についての言及は無く詳細はわからなかった。触手を持つ異形の姿で描かれる事が多いものの、お決まりというほどでもない。化身として『黄衣の王』が有名(後述)。

地球のクトゥルフ教団に対抗しようとする者たちが、ハスターから魔術を借りるという事もある。ここで登場するのが風の眷属種族のビヤーキーで、乗り物として使役することができる。この際の召喚呪文には「いあ いあ はすたあ!」とハスターを讃える文言が含まれている。[1]

他に関連のある土地として、プレアデス星団のセラエノ(おうし座16番星ケラエノ)が挙げられる。セラエノの大図書館には、旧支配者が旧神から盗み出した知識が収められている。魔術書『セラエノ断章』とは、この図書館に所蔵された大石板または、これの地球英語翻訳冊子を指す。先述のビヤーキーの召喚方法なども記載されている。[2]

『黄衣の王』編集

ウィキペディアの項目「黄衣の王」も参照のこと

  1. ロバート・M・チェンバーズの短編集。ゴシック小説とされる。1895年に出版された。
  2. 1に登場する戯曲の題名。冒涜的な内容で、読むと発狂する者もいるという。『黄の印』という謎のマークにも言及している。クトゥルフ神話に登場する禁断の書物の一つであり、ハスター崇拝に関連するとされる。
  3. 2に登場する、黄色い衣と青白い仮面の怪人物。一説によるとハスターの化身とも[3][4]

3→2→1で名前が入れ子式になっており、ビアスとチェンバーズの作品がラヴクラフトとダーレスを経てクトゥルフ神話に取り込まれた。

主な作品編集

脚注編集

  1. 毒に毒で対抗するようなものなので、当然のことながら非常にリスキーである。
  2. 後に「恒星に図書館はねーだろ」という指摘から、セラエノ近傍の惑星や世界とも説明がつく。
  3. これはTRPGに由来する比較的新しい設定である。
  4. ハスターという「地名」で、黄衣の王の支配する土地の一つを指すこともある。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。