/:;:;:;:;卍:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;ヾヽ
           ,':;:;_ / ̄ ̄ ̄ ̄`ヽx、:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;\ヽ
           | /・) ̄/ ̄ ̄フ:;:;:;:;:;`ヾx、i!i!i!i!i!i!i!i!i!\
           |八/__/___/:;:;:;:;:;:;:;_ `ヽ、i!i!i!i!i!i!i!ヾ、
          /二二二二二二二二.,| .`iヽフコi!i!i!i!i!i!i!i!\
          //,x='二二二二二二ニ>―┘-x(Ⅱ)i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ、
         ,x'´三三三三三三三三三三三三三\i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!i!ヽ
       /l|l|l|/三三三三三三三三三三三三三\i!i!i!i!i!i!i!i!i!.|
       `丶x、|三,x= ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ヾ:;,:;:;:;:;:;:;:;:;,.\i!i!i!i!i!i!i!/
          /込    ==ニ=x、 r    i:;:;:;:;:;:;/二i、i!i!i!/
          ヽfュフ   <ヾソ=-〃, 、  ヽ:;:;//  ||./
            )/ /    `ヾミ    i    /< > .|//
           .i//   -z,、       ) :;:  ////
            i  __/ `ヽ、      :;:;   i~ ..,.イ
           丶-≦'´    .\ 丸     /ー='/
            ヽヽi^i^i^i'刀フ  .| |   /;:;:;:;:;:|
             |i `=='´    | |  /;:;:;:;:;:;:;:;:.|`i、
             `、       ./ //;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:| .i.ヽ、
              ,|       /_/;:;:;:;:;:;:;:;:;:  / /  \
              ヽ、__,z=´////////  / ./    `iiー,--
            ,z==′/| |/////////  ,x′ /     || (二、
          / ̄ ̄ ̄//.| ヽ、/// .x=<   / iヽ、   ||  `ヽ
         //////../ .| | /ミ彡~|    ./  /_ヽ=、 .||
        //////../  ./  |./_(~)_|   / | //i ̄\.、 ||
       .//////..|__./  | |^入ノー`、 ./  |/|ヾi=ii=///.||
       i//////////    | |/iー―7 | /   .| ヾ=z/ //.||
       i////////     |入|  /_/    .|`=x、 // .||
ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
原作・出典元 実在の人物
性別
愛称・呼び名 ソ連人民最大の敵・シュトゥーカ大佐
  

ハンス・ウルリッヒ・ルーデル(Hans-Ulrich Rudel)は、第二次世界大戦の際に活躍したドイツ軍人(1916/7/2-1982/12/18)。エーリヒ・ハルトマンやゲルハルト・バルクホルンらと並ぶ伝説的なパイロットである。

ウィキペディアの項目「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」も参照のこと

アンサイクロペディアの項目「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「ハンス・ウルリッヒ・ルーデル」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

ヨーロッパ東部戦線に急降下爆撃機(シュトゥーカ)のパイロットとして出征し、戦車500両以上、車両800台以上、航空機9機の公式撃破スコアをたたき出した旧ドイツ空軍の英雄。最終階級は大佐。プロパガンダ放送でその活躍はソ連軍にも広く知れ渡っており、ソ連軍は彼を名指しして懸賞金をかけていた。

『昇進して現場から離されたくないのでスコアを過少申告したり他人の手柄にする』『書類を偽造して休暇中に無断出撃』『貰える勲章をあらかた貰ってしまい、事実上彼専用の勲章が新設される[1]』などの伝説を残す。30回ほど撃墜されたが悉く生還し、右脚に対空砲が直撃した6週間後には義足で飛び立った奇跡の人でもある。その記録は余りに嘘くさい内容ばかりなので、嘘八百百科事典のアンサイクロペディアでは、彼に関する記述は事実しか書いていない(既に嘘くさいのにこれ以上嘘を加えることはできない、とのこと)。

彼の戦場での1日に関しては
『朝起きる>出撃する>ミルクを飲む>出撃する>朝食>出撃する再出撃する>お昼を食べる>出撃する再出撃する>ミルクを飲む>出撃する>シャワーを浴びる>出撃する>ご飯を食べる>出撃する>寝る』
という生活を送っていた、なんて冗談みたいな話がネット上ではあったりする。……が、事実として「1日の内に15回」出撃した記録があるので、冗談に聞こえない。先述の義足の件もそうだが、負傷して帰ってきても少し休むとすぐ再出撃しようとしていたという。

終戦時は米軍に投降し、幸運にもソ連に引き渡されずに済む。戦後はアルゼンチン空軍の教官を務める傍ら様々な冒険を行い、西ドイツ帰国後に29歳年下の婦人と再婚。米国の攻撃機開発チームの必読書となった自伝『Trotzdem(急降下爆撃)』を執筆したり、A-10攻撃機の開発アドバイザーとして招聘される余生を送った。旧軍の英雄たる彼の葬儀では空軍機が無断で追悼飛行を行い、参列した旧軍人や元ナチ党員が公然と旧国歌や旧軍歌を唄うなど、あちこちで大問題が発生した[2]

やる夫スレにおいて[編集 | ソースを編集]

現実の彼が常識を逸脱して戦い続けた存在のため、大体は「そういう」規格外のチートキャラとしての役柄が回される。

主な作品[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. 黄金柏葉剣付ダイヤモンド騎士鉄十字勲章。一応、「最後の晩餐」や「円卓の騎士」になぞらえて12個が作られた。
  2. 言わずもがなドイツではナチスそのものがタブー視されているため、国内外から相当数の抗議が飛んだ。ちなみにルーデルはナチ党員では無かったが、とある講演会で「ナチスの戦争は正しかった」と堂々と発言し、彼を招いた空軍将校2名がクビになるスキャンダルを起こしている。またドイツ帝国党(ドイツ国家民主党の前身)の幹部となるなどの政治活動も行っている

関連項目[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SAライセンスの下で利用可能です。