,.. -──- ..,_
               /        \_
             /`'ー─-、-─'''二二__ヽ
            |´ _ニ-‐´ ̄ __   |
              |´  __ニ二..,,,,__ ̄ ̄}
       ヽ`'ニ-、_レ' ̄   ‐、 /    ̄ヽ{_,.-‐'´/
        `l  `ヽ'‐'T'‐- _ |  _ -‐-、__/ /! /
         `l,  <.| l____・>‐<・___/ .//  /
          `l、 ヽ|   -‐´ |、`‐-  ./ | /
           `l_|     lノ    /_,.‐'´ ̄`\
         _,.-''´ヘ l'、.  ´ ̄`   /´-‐__,..-‐ 丶.
        /´  ̄ ̄\L\___ ,...-‐´ ̄ ̄      ヽ
        /      / ̄    ̄ ̄ ̄ ̄\
        >、    //             ,..-‐'
    ̄ ̄ ̄7 \  | ヽ         _,..-‐'´
        \  \     -─一´ ̄ ̄
ピッコロ
原作・出典元 ドラゴンボール
性別 無し[1]
愛称・呼び名 ピッコロさん
一人称 わし(大魔王)
オレ(ピッコロ)
性格 残忍 冷静
特徴 緑色の体表
  

ピッコロは、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ピッコロ_(ドラゴンボール)」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

ドラゴンボールにおいて「ピッコロ」と呼ばれる人物は二人存在する。

ピッコロ大魔王は本編初期の大悪役。神(じつは地球に降り立ったナメック星人)から分離した悪が人格をもち、世界征服をたくらむようになったもの。老いを克服するためにドラゴンボールを集めようとしている。少年時代の孫悟空と死闘を繰り広げ最終的には倒されたが、死の間際に自らの分身を残した。

先述のピッコロ大魔王の分身がピッコロである。悟空を倒すため、「マジュニア」の偽名で天下一武道会に参加、のちに仲間となる。単に「ピッコロ」と言えば、こちらのキャラを指す。

クールな頭脳派で、悟空の不在時はリーダーをつとめる。特に、弟子の孫悟飯を気にかけている。

戦闘能力は初代を上回る[2]。必殺技はエネルギーを指先に集中して貫通ビームを放つ「魔貫光殺砲」など。さらにナメック星人特有の高い再生能力をもち、手足がもげても頭部が無事であれば再生可能(のちにセルに受け継がれた)。他のナメック星人と融合することで、戦闘能力を向上することもできる。

やる夫スレにおいて[編集 | ソースを編集]

登場するのはほとんどマジュニアの方である。ただしキャラ付けは、初代ピッコロ大魔王のような凶悪な敵である場合もある。

主な作品[編集 | ソースを編集]

脚注[編集 | ソースを編集]

  1. ナメック星人は性別が無いので。
  2. これは先代とは異なり戦闘型ナメック星人であることが大きい。その反面、口から卵が産めないという違いがある。

関連項目[編集 | ソースを編集]

  • 孫悟空 - 大魔王時代からの宿敵、後にライバル・仲間となる。
  • 孫悟飯 - 弟子。「ピッコロさん」と呼ばれ敬愛されている。
  • セル - 細胞が受け継がれている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。