やる夫 Wiki

編集中:

ファイアーエムブレム 紋章の謎 グルニア流離譚

1
  • この編集を取り消す前に、以下の差分を確認してください。保存すると、この版での変更部分を取り消せます。 荒らし以外の編集を取り消す場合…
最新版 編集中の文章
40行: 40行:
   
 
==あらすじ==
 
==あらすじ==
アカネイア暦598年。グルニア王国はドルーア帝国からの侵攻を受け、善戦むなしく敗北を重ね降伏。王子と王女を人質に差し出すこととなった。
+
アカネイア暦598年<ref>原作本編開始の2年前。</ref>。グルニア王国はドルーア帝国からの侵攻を受け、善戦むなしく敗北を重ね降伏。王子と王女を人質に差し出すこととなった。
   
 
グルニア木馬隊の技術者やる夫は、[[アスラン・ザラ|アスラン]]将軍から王子と王女を連れて逃げるよう命じられる。さすがに無理だと思い[[ビアン・ゾルダーク|ビアン]]将軍に報告に行くと、ビアン将軍からも同じ命令を下される。
 
グルニア木馬隊の技術者やる夫は、[[アスラン・ザラ|アスラン]]将軍から王子と王女を連れて逃げるよう命じられる。さすがに無理だと思い[[ビアン・ゾルダーク|ビアン]]将軍に報告に行くと、ビアン将軍からも同じ命令を下される。
   
王子は実は王女であり、そのまま差し出しても、今更王女であることを公表しても、本物の王子を逃がしたと判断され、帝国への敵対行為と見なされ再び侵攻を受ける可能性が高い為、渡すわけにはいかないと説明されたやる夫は、反逆者として追われることになるのを承知した上で、任務を受ける。
+
王子は実は王女であり、それがばれるのはまずい<ref>そのまま差し出しても、王女であることを公表しても、本物の王子を逃がしたと判断され、帝国への敵対行為と見なされ再び侵攻を受ける可能性が高い。</ref>為、ドルーアに渡すわけにはいかないと説明されたやる夫は、反逆者として追われることになるのを承知した上で、任務を受ける。
   
 
二人の王女を守るため、やる夫と仲間たちの逃避行が始まった。
 
二人の王女を守るため、やる夫と仲間たちの逃避行が始まった。
66行: 66行:
 
*[[]] - -->
 
*[[]] - -->
 
<!-- 関連項目がない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。 -->
 
<!-- 関連項目がない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。 -->
<!-- ==脚注==
+
==脚注==
<references /> -->
+
<references />
 
<!-- 脚注することがない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。 -->
 
<!-- 脚注することがない場合は、削除せずにコメントアウトしてください。 -->
 
{{DEFAULTSORT:ふあいああえむふれむもんしようのなそくるにありゆうりたん}}
 
{{DEFAULTSORT:ふあいああえむふれむもんしようのなそくるにありゆうりたん}}
  エディタを読み込んでいます
下記は一般に利用されるウィキマークアップコードです。使用したいものをクリックすると編集ボックスにそれが出現します。

このテンプレートを編集

プレビュー

モバイル

PC