Fandom


           ',   \  / ,.,-‐-,.,., , ,.;:-‐-:;.,__  "''‐-,.,., /  ./!
            \   y´ '''" /二三i/.,.,.,,__  \ ̄""'''‐-,.,.>//
             \/    // /ヽ/´´  \  \  ,.,.:''" / ./
     ____  ,.,-‐7´.,.,.-‐''"/  ./       i 〉\  ','    ̄_./
     "''‐-,.,., ̄   //    ./  ,(_     :  ., ,ヘV´i\. ',∠二_
           "''‐-.,/´ ,.,..-‐'/ ,イ∨.,_ "' : .:' ,イ .|).ノ. \!___  ̄\
 .            _フ´   / /‐i^(', ヽ\,,_.:,/‐' .!ィ) ',、二> ¨ ̄ ̄        ,,.,.,.,.,....
       _,.,.-‐''"   -‐‐i /,,,... ヽ、',   ̄ !ヽ,ィ  i¨  ',  \    ,.,.-‐‐'''""""'''''‐-.,.,
        ̄¨""''''''''''''''''''"i/´ / /U l',  ┌`´ 」 /    ',::... ,.,>/i":
                / ./i _i  : i \ ¨ ̄ //   ,.,.,.=''/..:::::
                   // ,,'/ i  i .i  \__/_i__><"∠-‐--:;:;;
                 '" _/ ..,. .i  j _i!,.,..-二..;:;-‐'"  >      \
              ><..:-‐‐''">‐''ニ-''""   ,.-‐''"
      ,.,.:;:‐''"">''"く  \_,.,.;:-‐'''"   ,.:;-''""          ''''''''''::,,
    /,.,.,:;-‐フ´    \  (⌒)ノ  ,.;:‐''""                  ヽ::::;:;:-‐‐‐‐-
   / ´  / ̄      .\.  ̄ ,.;:‐''"                   ,,,,,,,, :/ |
 /   /            _ヽ/                 (二)     '''i  ',
/    /            i                         ', イ
ブロリー
原作・出典元 ドラゴンボール
性別
愛称・呼び名 ブロリー
一人称 オレ
性格 戦闘狂、残虐非道
特徴 普段は寡黙だが、第一作目の伝説の超サイヤ人の状態では饒舌。
備考 劇場版オリジナル
  

ブロリーは、鳥山明の漫画「ドラゴンボール」の劇場版アニメに登場する人物[1]

ウィキペディアの項目「ブロリー」も参照のこと

概要編集

純粋なサイヤ人の数少ない生き残りの一人。孫悟空と同じ日に生まれ、隣り合った保育器で育てられていたが、悟空の泣き声に泣かされていた事で悟空に対して異常に強い憎しみを持っている。桁外れの戦闘力を持って生まれた為、将来王家を脅かす存在になると危惧したベジータ王の命により、父パラガスとともに放逐されるが、潜在能力を覚醒させ惑星ベジータの消滅から逃げ延びる。

長じてからは、その戦闘力と闘争本能を青天井に上げていき、暴力衝動に任せて南の銀河を破壊しつくした。パラガスにコントロール装置をつけられてからは大人しくなったが、悟空と再会したことで幼少時の屈辱がよみがえり、装置を破壊して暴走を開始する。

三度の劇場版に敵として現れたが、原作漫画およびテレビアニメ版には一切登場しない。[2]

コンセプトは、「純粋に破壊と殺戮を好む本来の姿をもった超サイヤ人」、そして「もう一人の孫悟空」。[3]

登場してから20年経った今でもドラゴンボールのファンから高い人気があるキャラの一人だが、ネット上ではニコニコ動画で多数作成されたMAD動画の影響から、テンションが高いおバカとしても親しまれている。

その人気も後押しし、2018年には脚本・キャラクターデザインを原作者の鳥山明が務めた劇場版第20作『ドラゴンボール超 ブロリー』が公開され、24年ぶりに映像作品に再登場を果たす。一つを除いて基本設定はほぼ同じものの、それ以外の要素が大幅に変更されている(いわば、「鳥山明版ブロリー」とも言える)。

作外において編集

悟空がほとんど一方的にやられるだけであった強さ、無限再生や吸収といった特殊能力なしに「単純にひたすら強い」というあり方から、観客に強烈な印象を残し、「ブロリーこそがDB最強の敵ではないか」とする意見も多い。もっともそれらの「ブロリー最強論」は、ファンが憶測や願望で語っている部分が多く、脚本担当者は自身ではブロリーが最強とは思っているとは語っているものの、あくまで「ブロリーの強さは劇中に描いたものが全てで、それ以外の設定は考えていない」と語る。

ちなみにその後のゲーム作品等ではオリジナル形態として超サイヤ人2、3、4になったり、洗脳されて破壊王ブロリーになったりと派生形態が増えている。


やる夫スレにおいて編集

やはり映画等での扱いから強者として描写されることがほとんど。また華奢な体で黒髪の通常形態のAAも存在するため、気弱な青年やツッコミ役などになったりもする。劇場版の扱いを抜きにしてもゲーム作品や上記のブロリーMADの影響から幅広いキャラ付けがなされている。玉座に座っているAAから権力者や王族役としての採用例も存在する。

なお、所謂イケメンブロリーと言われている通常の超サイヤ人の状態のAAと劇場版『ブロリー』バージョンのAAは少なめである。

主な作品編集

脚注編集

  1. あくまで劇場版アニメのオリジナルキャラクターであり、孫悟空の父・バーダック(TVスペシャル版のオリジナルキャラ)のように原作に逆輸入されることもなかった。ただ実質的に原作版の続編として制作された『超』シリーズでは設定を新たなに再登場を果たしている。
  2. 他の作品でカカロットが寝ている保育器のシーンでブロリーに関する描写は一切見られない。
  3. 頭のリングでパワーを制御するというのは西遊記の斉天大聖孫悟空に由来。原作者及びアニメスタッフ双方から「原作者の鳥山明は、劇場版スタッフのデザイン案へ手直しをかけるぐらいしか関わっていない」旨の発言がなされている。

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。