Fandom


               \ ̄ ̄`ヽ        .ィ
                    >‐=ミ>-――- {乂
                  /  ..::´::::::::::-:‐:::::::::::::::::>、
               /ァ=ァ´:::::::/::::::::/::::::::::::::ヽ:::::::::ヽ ___
              「/!//:/:::::::/::::::::::/::::::::::::::::::}::∨::::::::{⌒ヽ .> ´
   __-=≦、      /|/l|/:/:::::::/::::::::::イ:::::::::::::::::::八::∨:::::|   Y{
  {´   \ ` < /:::::::::/|::::::/:::::_/.{:{:::::::::::::::/|::::::::::'::::::乂  八
 ∧    `Y     ` <:::/ {::::::`7´ `从:::::::::::/ !:::::::::|:::::::|/|Y:::::}
./ .∧.     \      `¨l|:::::::::{-=ミx {ハ、::::/‐-}:_:::_:」:::::/!//〉:::|
 / ∧     マニ=‐:..._.   |:::::::::| :::::::::    ̄.ィ≠ミ.}:::::::::// ト、/:::::
  /.∧      \{::::::::{≧.|::::::从    ,   .Vソ 》::::::/イ |:::::::::::|
    ‘       ‘ト、:::l 八{V::人  、     :::::: /::::::/ノ  l|:::::::::::|
             }} \ ト、 ∧::{}ヽ   ¨    .イ::::/}{   l!::::::::::
       \    ||   } \人:ト个 --=≦/ }::::/ 八   |:::::::::|
           .\   |ト、 トゝ.   \ ト、_ /}´ { }/′    l|::::::::
         /::}ヽ .|| Y.〉   ィ≦: :{_:}く-=彡> _     |:::::::{
        ./::八{∧| }>-‐ .r〉:_/ハ、_:_:_〉     <ヽ  l|:::::::|
       /::/   }/  / ∧: : /  ∨: :ヽ   _<  ∨.八:::::{
       /::’   /   ,    レ{V/   , .}:/ヽ ヽ/´   }  }::::|
       .′   .:′        {_   }/   ト{   ∨ ∨   |  |::::|
      {     从   {       l{ィ /  .}V   ∨.∧   .!  八::{
      |   /:::込、 '.       {イ /}/      ,  ,  八  ヾ
        /::::::/  ≧=-=≦ノ ∨            }/ハ}    \
       ./::::::/   { / ̄ ‐=ニ=-.人     /   人/}:/      ヽ
       /::::::/     V   |     ̄¨个o.  イ .イ .ハ/        }
      ./::::::/     '.  }         /`¨{´/   .′          ノ|
     /::::::/      ハ  }    i    {  V  ./       /::八
     {:::::/         }  !     |   l{  {    }      ./:/
     |::八       /  |    |     '. /.V{ /{      /:::/
     .八:::::ヽ      /  ′    ;i    V /\ /     /:::/
      ∧:::::::\   /  /     l}      ∨ / ∨    /:::/
       .∧::::::::::ヽ.′ /      .リ     ∨ /  '.    ′:{
        }ヽ:::}::::′ .′               ∨   ∧  l{::::人
           ノ::::{   {、             ∧ / .}  乂:::::::\
ヘスティア
原作・出典元 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
性別
愛称・呼び名 例の紐、ロリ巨乳
一人称 ボク
性格 ウブ
特徴 ロリ巨乳、ツインテール、胸部を上下に巻きつける青紐
備考 竈の女神
  

ヘスティアは、大森藤ノの小説「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ヘスティア(ダンまち)」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「ヘスティア(ダンまち)」も参照のこと

概要編集

天界から下界の迷宮都市オラリオにやって来た神々の一柱。黒髪のツインテール、140cmという低身長に不釣り合いな巨乳が特徴のボクっ娘

先んじてオラリオに住んでいた友人ヘファイストスを頼って下宿していたが、そこでのニートぶりによって追い出され、バイト生活を余儀なくされていた。自身のファミリア[1]を持つこともできず燻っていたところを、同じくどこのファミリアからも門前払いされていた新人冒険者ベル・クラネルと出会い、「ヘスティア・ファミリア」の眷属とする。

天界にいた頃は並居る男性神から求愛を受けていたが、その全てを断って来たという伝説の持ち主。一方下界でベルに出会ってからは初めての眷属として深い愛情を向けており、いつしか相思相愛になることを願っている。快活でノリのいい性格で、ベルに積極的なアプローチをかけているが、実はかなりのウブ。前述の通り怠惰で自堕落な所があったが、ベルを助けるために積極的に働くようになった。ベルに他の女の子が近づいた場合には神の立場を使って牽制する、嫉妬深い一面を持つ。

アニメ版が放送されたことで、胸を強調した白いミニスカボディコンワンピースと、胸の下を通る青い紐(リボン)というデザインが大きな話題となった。特にこの紐は「例の紐」と呼ばれ大いにネタにされた。

モデルとなったのはギリシャ神話の炉の女神である。

主な作品編集

脚注編集

  1. 神々が加護を与えている、迷宮に挑む眷属たちの集団。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。