Fandom



    おいらにゃ鉄もねぇ 石油もねぇ パスタしかねぇ

    戦車がねぇ 空母もねぇ 飛行機ねぇ

    それでも でっかい夢はある

    目指せイタリアンドリーム

    ローマ帝国の再興だ

             _____
           : : : : : : : : : : : : : : : : : . 、
       / : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : \____,
.       : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : :\/
     / : : : : : : : : : : : : : : : : :/ : : : : : : : : :ハ
.      : : : : : :/: : : : : : '⌒/ : /|: : /: ⌒ト: : : :│
      |: : : : :/: : : : : : : :/|/ :|/|/|/|: :/ : :ノ            __
    ノ: : : : j : :/ : : 彡===    ==∨ : : 乂__,      /     \
 ___/: : : :∠/: : : < .:.:::::::::     ::::.:丿 : : : :/       /  ノ  ヽ__.           ____
 \/: : : : : :|: : : : : : Ζ   ,   -─‐┐Ζ/: : :\.     |(―) (― ) l       /      \
.  |: : : : : : :人 : : : : _> \___   ノ  人: : : : :│    l (_人_) u.|      / ─    ─ \
.  ∨| : : : : : : \ : : ∧、       イ : : : :,,ノ|/       l   `⌒´   |     / -=・=-   -=・=- \
    \: \ : : : ∨\ハ.    ーr< : : : (⌒´           、      /.     |      (__人__)  U  |
       ̄`⌒): : : : : :}    |∨ \厂             >     <.    \     ` ⌒´     /
ヘタリア本当なの?
作者 ◆Zr4xz82y3k
ジャンル 歴史 学ぶ系
時代 主に第二次世界大戦
舞台 イタリア
投下日 2014年3月24日
投下板 やる夫スレヒロイン板(新)
状態 完結
最終投下日 2014年3月25日
話数 前後編
主な登場人物 やる夫やらない夫秋山優花里
  

ヘタリア本当なの?は、第二次世界大戦におけるイタリア軍を扱った、歴史系中編やる夫スレ

作者は◆Zr4xz82y3k。2014年3月24日から25日にかけて連載された。

概要編集

イタリア軍といえば、

  • 砂漠のど真ん中でパスタを茹でる。その結果、飲料水が無くなってドイツ軍に泣きつく。
  • 25万の兵力で攻め込んだが、3万人ほどのイギリス軍に負けて捕虜となった。
  • 潜水艦が漁船相手に敗けた

などの逸話で溢れているが、本当のところはどうだったのか。

前編ではこれらの逸話について、後編では第二次世界大戦時におけるイタリア軍の活躍についてそれぞれ解説される。なおタイトルに「ヘタリア」を冠しているが、漫画作品のヘタリアとは特に関連はない。[1]

あらすじ編集

したらば高校の教室でやる夫やらない夫がイタリア軍の逸話を話して笑っていると、同級生の秋山優花里がそれらを「ほとんど違う」と強く否定した。そこで彼らは優花里からイタリア軍の話を聞くことにする。

主な登場人物編集

  • やる夫 - したらば高校の学生。ネットや漫画でヘタリア伝説を知る。
  • やらない夫 - やる夫の同級生。ナチスドイツ軍オタク。
  • 秋山優花里 - やる夫の同級生で戦車道部。軍事知識はアナリスト級。
歴史上の人物(イタリア)
  • ベニート・ムッソリーニアンチョビ) - イタリア統領。
  • ピエトロ・バドリオ氷室鐘) - イタリア軍参謀総長。
  • ロドルフォ・グラツィアーニ藤村大河) - リビア総督。
歴史上の人物(その他の国)
  • アドルフ・ヒトラー - ナチスドイツ総統。
  • エルヴィン・ロンメルエルヴィン) - ドイツ・アフリカ軍団司令官。
  • ハインツ・グデーリアンウォルフガング・ミッターマイヤー) - ドイツ軍人。電撃戦を生み出した人物。
  • ウィンストン・チャーチル - 英国首相。
  • バーナード・モントゴメリーダージリン) - 英軍指揮官。

外部リンク編集

脚注編集

  1. 制作上において漫画「ヘタリア」をさげすむ意図はまったくないことを作者が公言している。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。