Fandom


ジョジョの奇妙な冒険 > ジョジョの奇妙な冒険の登場人物一覧 > ペッシ
.              / ̄__`ヘ‐、
              〈 /f´    \ー、
            V´| / `Vリ} ,ノ
              / l レl i |─く
              r‐j   `゙ }ノ,ノ'つノ
          .、ノノ ヽ 、__ jノ  レ')、、       わかったよ プロシュート兄ィ!!
          、ン: :ヽ-,  Ftyj rtラ ト' : :`て        兄貴の覚悟が!
       ノ: : : : : j i  ヽ '  { : : : : :ヘ、         「 ニニ -+-+-
     /) : : : /_,ノ  こフ / ノ : : ;. -‐┴-、           二  七廿_
.      l 「: : : :/| \   _ ノ: : // ̄ノヽ.)    /      匚|  フ卞、 」でなく
     ヽ 〉: : : l:::\ i  ̄__,:シ: : : i /ヽ i  ノ  .//   「 ヽ
    / (: : : : :iノ:::::ヽ/::::::/ : : : :} l   フ´ i //      l |  \
    / ノヘ: : : :V‐v、::::::__/ : : : : リ |  {   //      ノ l_ノ  」 で理解できた!
  , '  /  V: : :ヽ_ノ:::( i : : : : / ヽ  i ,ィ / )
. /  __/_ /∨: : : V⌒ヽ l: : : :/    ', /`ソ  \
,' (   `ヽ V : : : i  ノ:l: : :/ __,/ /、/ ̄ \
ヽ- `ヽ   >.、: : :l ̄::::_l ://)'/ /  i       ,ハ
 \     /:::ノ´>-、(` レY /_/|__/─、  / l
.   `ー─-L:::) // ̄ \ レ'__//  ト、::::::::∨ , /
          \L!彡二ニ〉ヽ/イ |  /、l }:::::::::l__/
       /:/: :| / ̄ }::'| rf´lし'、_jノ:::::/
       /: :/ : : l 〈 l`' l:::l {_ヽ\__ノ  ̄i
     〈   i   \ヽl ーl::∧   ̄     \ヽ
     ハ   l   〈_/` ̄´::l:::∧         ヽ!
      | l  |    l |:::::::::/:::ハ        ',
      ! l  l     l l:::::::::::::( \        ∧
.     l│   !    l |::::::;ヘ::::ヽ  ヽ       ',
    │l    !   l |::::/   ';::::レ'´ }      ∧
ペッシ
原作・出典元 ジョジョの奇妙な冒険
性別
一人称 オレ オイラ
性格 弱気 ビビリ
特徴 パイナップル頭
口調 チンピラの舎弟風
備考 関連:プロシュート兄貴
  

ペッシは、荒木飛呂彦の漫画「ジョジョの奇妙な冒険」Part5の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「ペッシ」も参照のこと

概要編集

イタリアのギャング組織「パッショーネ」の暗殺チームに所属する青年。チーム内では一番下っ端のようである。先輩のプロシュートを「兄貴」と慕い、舎弟か腰巾着のように付き従っている。柔らかいモヒカンのようなパイナップルヘアーが印象的。

実際に殺人に手を染めた事はまだ無く、プロシュートからは度々「マンモーニ(ママっ子)」と叱咤され鍛えられている。経験不足の為、妙に威勢のいい暴言を吐いていたかと思えば、予期せぬ事態には一転して怯えるなど、当初は精神的な未熟さが目立っていた。仲間の仇であるブチャラティ達に対し「ブッ殺してやる!」を連呼していたが、熟練の暗殺者であるプロシュートには「『ブッ殺した』なら使ってもいい」と一喝される。

やがてプロシュートとブチャラティとの死闘と、敗北してなお命尽きるまで任務を果たそうとするプロシュートの行動を目の当たりにしたことで暗殺者としての覚悟を「心で理解」し、只のチンピラから暗殺者へ、ブチャラティも恐怖するほどの急成長を遂げた。しかし首の骨を折られ、最後の最後で無抵抗のジョルノ達を(仕事ではなく)自己満足のために道連れにしようとする下種さを披露してしまい、呆れたブチャラティに全身を解体されて川に流されてしまった。

スタンド:ビーチ・ボーイ編集

腕から出現させる釣竿状のスタンド。リールから伸びる「糸」は物体を透過する事が可能で、壁や天井から先端の「針」を垂らし、あるいは直接投げつけるなどして獲物に食い込ませた後は、センチ単位で位置を読み取りながら心臓に迫らせる。糸は切断不能なばかりか、攻撃するとその衝撃は食い込んだ相手の方に伝導する。

道具型のスタンドということもあって、その操作性は本体ペッシの心身に大きく依存している。暗殺者として目覚めた後にはブチャラティですら回避困難な速度で針を投げられるようになった。射程も速度も優れ、本人がしくじらない限り一度針が食い込んでしまえば事実上対処不能になる、Part5屈指の凶悪スタンドである。

主な作品編集

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。