Fandom


              /       |   '   ,イ   |i   /   八       ハi'
              ,'   : : : : : : /{l ,'  / .) /ハi 〃   /  V  l}   i       ‘,
             ,   : : : : ,z≦{l゙ ! .,イ  //゙  |l i:   /    川.|   l}/∧ : : :.
               : : : :/ |'//ハ. | /゙|゙フ `ヽ  |l i 〃-ー‐ Ⅵ  ///V : : : : :  ハ
            '   : : : :ハ. V//ハ / l,r - 、、、 || i i|   ,, -=、|    〉/,V : : : : : : :
               ,   : : /゙/ : :V/'ハ  从弋汐ヽ リ,   ノ イミク 八  ∧V : : : : : :, : : :ハ   今日の最高気温は10℃
                ,  : : , ,' : :i \ハ   | `¨¨   )/  `¨¨´ 从  ∧/ Y : : : : :ト、 : : .
                : : ,' ,: : : !   =八.从                ,'    | : : : : :ハ. Y .|   降水確率は30%
            i  : : i ,: : : |     ヾ Y.ハ       ‘        八 /     i : : : : : :|
            |  : : | : : : :|      ゙川.ゝ   ー= =―   //〃    i : : : : : :| |: |   何か上着を来て出かけると
            |  : :! i: : : :i       `゙ `Yl 、. ¨¨  イ. /      | : : : : : :| :゙ |
            |   Y: : : : |          〉|    ー ´  {l、         : : : : : :| }. |   いいでしょう
            |     i: : : : :',         /\        /':,         | : : : : : :| /  |
            |  : : : : : : : : :,       〈  >= v.=<.  〉      i : : : : : :i : :. |
            |  : : : : : : : : ,    ,..‐ 'ヘ    ./¨¨':,  /" '' ‐ .  ゙| : : : : :/ : :
            ト   : : : : : : : ,..‐ '''   ./ .\__∧___∧/  ‘,   '' ‐,.' : : : : / : ::  |
            |   : : : : /      ./      i:::i     ‘,     \ : / : :    |
            |    : : :          /        :|:::|      ',         V : :
            |    : : : l      /        :|:::|         ,       l : :    |
            |     : : ハ     `V          :|:::|       ':./´.    | : :    |
            |     : : :ハ     丿       :i::::!    ┌‐┐ ヾ.    | : :    |



             /  ̄¨  、
               .:'         i
               |      _.ノ,
              }      (●)      『時代遅れの合成音声』
               ,: ¨` - 、  (__ノ;
       _,...  イ >ー-- 、ヘ´_ァ゙      『人工知能も古い物で、気の利いた冗談の1つも言えない』
      fi    ,i!    ,.   > 、
     ,i゙i.|     |   彡'´   /´i
    _./ ト、ヘ    i!   i  / ,イ/ リ
  ,:<<_ヽ、_ヽ!i|  Vミ、 l! ,<r'_/ .ノイ
 メ、fヘ\ ̄ ̄ ̄¨¨`ー--ヽ、_V_/_ ハ
/´ゝ、_ヽ≧=-、三三三≧=-\.:.:.:.:.`>-、
:.:.ヽ、_.:.:¨`\.:.:.ノ.:.:.:.:.:ヽ.:ー、/i^<⌒ヽヘi
:.:..≧=イ´ヽ.:.:.:`ゞ、.:`.:.:.:.:ヘ.:.:.:.:.:.}/\、:...ヽ:.ヽ
ポンコツロボット
作者 トリップ無し
ジャンル SF
原作 オリジナル
時代 未来
投下日 2016年7月6日
投下板 小さなやる夫板
状態 一話完結
主な登場人物 やらない夫初音ミク平沢唯
  

ポンコツロボットは、オリジナルのSF系短編やる夫スレ。

作者のトリップは無し。2016年7月6日に投下された。

概要・あらすじ編集

フル・オートマチック革命が起こった事で、労働の全てがロボットにより自動化された。外見はなんら人と変わらないロボットにより社会は整備され、人類は苦労することなく生きている。

主な登場人物編集

  • やらない夫 - 主人公。会社を経営しているが、ロボットが全てやってくれるため、面倒な事は何もしなくてよい。
  • 初音ミク - 自宅にいる、旧型のポンコツロボット。表情も変わらない。
  • 平沢唯 - 会社のお茶汲みロボット。優秀で気が利く。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。