Fandom


       /.:.:.:.:/.:./:.:/.:./ : .:ハ:.:.:.:.:.:.:ヽ:.:.:.:.\
..    /:.:.:.:./.:./:.:/:.:/ : :./:.:i!:.:.:.:.:.:.:.i! .:.:.:.:.:.:..
.     ′ .:/.:./:.:/.:./ : ,:イ:.:.ハ:.:.:.:.:.:八:.:ヽ :.:.:.:..
    i.:.:i:.:i:.:.:i: :i.:.:.i.ーl‐l-lミ i:.:.:.:./,. -‐:.:i:.:.:.:.:.:\
    | :.l.:.i.:.:.|: :l.:.:.i: 抖ャ芹ミ |: :./ャf斥ミ:.:i: : i:i i⌒ヽ
    | :.l.:.i.:.:.|: :l.:.:.i:i゙ヒzヅ  |:.;  Vソノ! :i: : i:i |
    | :.l.:.i.:.:.|: :l:.:.:i从     j/  ,  l:!:i: : i:i |
    | :.l.:.i:.:.:|: :l.:.:.i:l            八i: : i:i |
    人 l.:.i:.:.:|: :l.:.:.人     ( ソ  /:.:i:.:ヽ从j
     \i:.:.:|: :l.:.:.i.:.:.、         イ:.:.:i!:.:/
.        \ト、i.:.:.i!.:.:.:.\ __≧=く:从ハル'
          \ルハヘ(⌒ヽ 二 ̄ ̄ ̄}    ハ
           {_二ニ=‐ -=ニ二 __}___, /  l___
.           __ ノ、 ̄ ̄ ̄\二ニ=-  } _ ノ   ノ  ノ
       , ´ ̄` 、丶    ∧  ー=ニノ´ ー=彡 /
.      〈       \ \_,/ ∧ー<___彡'⌒丶
        ∧    ..:.:.:::〉     //∧ `  、   \     \
.       /  〉......:.:.::::::/   /:〈//∧   \   丶     \,、_    r―――/⌒ア┬―――――
.    /   '  ..:.:.::::.  , イ:.:.:.. ∨/∧           マニ=-  ヽ   ̄ ̄` ー<⌒ヽ, 〉┴―――――
    / :       /::.:.{:.:.:...   ∨/ |.     :.     }\    ノ      ___/´ ̄〉、
..  /   .:,      /:::::.:.:.:.:..、:.:..  V/|:.     }   ,::  \‐-'―  "´     /  /  \
.  /   .::,   /^ヽ:::.:.:. :. \:.:.   }/|:    ,:′  /::::.:.:.. \_           /  /     \
 /   .:.::::,.  /     .::.:.:.:.... 丶:.__}/|    /_,,,.. イ´ ̄ ̄ ̄´         /  /        \
     ..:.:.::::.,/     〉::::.:.       }/ ¨¨¨´ ヽ   ;!    /⌒丶        /  /    _..  -―――
   `ヽ .:.:::/      /:.\::::....   /        }   ノ` 、_,ノヽl/\,   /  >r '"´
.      }.:., ′   /::::.:.:...\:..  /、        }/    〉:::::〉 V二/ >'"´ {:::::::{
      /      /::::::.:.:. ... `¨.:/\\ _,,..  '" \    /:::::/   ;}ニ/´{     {:::::::{
ミカサ・アッカーマン
原作・出典元 進撃の巨人
性別
愛称・呼び名 ミカサ
一人称
性格 寡黙/激情家
特徴 東洋系/肉体美/赤いマフラー
口調 口下手
備考 卓越した戦闘巧者
  

ミカサ・アッカーマンは諫山創の漫画「進撃の巨人」の登場人物。

概要編集

同作のヒロイン。身長170cm、体重68kg。15歳。

作中では非常に数が少ない東洋系で、幼少期に人さらいの標的となり、両親を殺されてしまう。問診にやってきたイェーガー医師の息子エレンに間一髪で救出され、イェーガー家の養子となる。この時からエレンのことを一途に想うようになるが、その愛情には若干行き過ぎた所があり(ヤンデレ?)、エレンからは過保護ぶりをうっとおしがられている。普段は口数が少なく、無表情だが、一旦エレンが傷つけられると凄まじい殺気を漂わせる。

シガンシナ区陥落に伴って難民となり、エレンと幼馴染のアルミン・アルレルトと共に訓練兵団に入り、「百人に一人の秀才」と評される成績で訓練課程を修了。エレンを守るべく彼の志願先である調査兵団へ入団し、ウォール・マリアを巡る一連の戦いの中で大きな戦果を上げていく[1]

あまり他人と話をするタイプではなく、言葉よりも行動を選びがちだが、それ故に切羽詰まった場面で漏らす端的な台詞が映える。エレンと出会った時にもらった赤いマフラーがトレードマーク。髪型は訓練兵団入団前はセミロングだったが、エレンから「長くないか」と指摘されたことであっさりショートヘアーにした。立体起動装置を扱うことから素晴らしいインナーマッスルを獲得しており、時たま紙面で見事な腹筋を披露しては読者の腹筋を響かせている。

やる夫スレでの扱い編集

圧倒的な戦闘能力(それでいて「最強の存在」ではない)と、生き死にについて達観した視点をしていることから、バトル物において非常に輝く。無論、過保護、もしくはそれを通り越した変質的なヤンデレ系ヒロインとしても扱いやすい。

主な作品編集

脚注編集

  1. 諫山氏いわく、ミカサやリヴァイといった作中のバケモノ達は「人体のリミッターとでもいうべきものを意図的に外すことが出来る」とのこと。幼少期にエレンに叱咤され、自ら人さらいを殺め、世界の残酷さを知ったことがミカサの強さの原点のようだ。

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。