Fandom


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ミスター・ブシドー
  iー‐ ´  /     |  | l   | |           l  l | l 丶   ヽ   {
  ` ー‐ ァ /    |  | | l!         /  ハ| l   |     ゙, い
.       / /  l   ! j| | l/!         / /  ′ `、  |     l 、ニ=-
       ′ l  l   }〃 八 { ヽi  |    /,/ /  、__) ハ      !  ` ッ'
       l  l!   ! イ /ィ┬ぇミ、 ヽ l    //j/ _ .ィi坏 ̄》ム     厂 ̄
      ! 八 丶. 乂八弋ヒc_圦、 ヾ  〃 ´r=弋ヒcツ  ゙// 〉  } /
.     ヽ(  \  ヽ、ミ二二二二≫ \{ r≪二二二二彡'゙ /   ノ '´
          ゙t-xニニ-   _      | ヽ     _  、_ノ ィ チ
             ヽYー‐  ´      |       ` ー‐一 /ノ
             ゙!、           |            /´
              !ハ      /\__j__/ ̄\     /L
           /! lヘ   <_ ,.=====、 _>     /l 「`ヽ
           f{ j小l丶   / ゙Y´ ̄ ̄`Y ヽ   , j |ノ  ハ
             八  } \'、 ∧  Y´ ̄`Y  ∧ //!'{  / /{
          ハ ヽ{   `ヽl、\ノ    し ´ ,レ /   {ン , {
          } \ \   「l\      /「[   / / !
ミスター・ブシドー
原作・出典元 機動戦士ガンダム00
性別
愛称・呼び名 ミスター・ブシドー
一人称
性格 ロマンチスト
特徴 金髪、仮面
口調 丁寧語
  

ミスター・ブシドーは、アニメ「機動戦士ガンダム00」セカンドシーズンの登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ミスター・ブシドー」も参照のこと

概要編集

独立治安維持部隊「アロウズ」所属のMSパイロット。ガンダムシリーズ恒例の「仮面の男」であり、アロウズ制服の上に陣羽織の様な着物をつけている。ちなみに「ブシドー」の名は周囲から呼ばれ出したもので、本人は気に入っていないらしい。誕生日の星座は乙女座。

操縦技術は非常に高く、命令を無視した独自行動が許される「ライセンサー」の一人に名を連ねる。ソレスタルビーイングのガンダムにはかなりの執着心を持ち、執拗に彼らを付け狙う。

登場機体は専用アヘッド・サキガケ→マスラオ→スサノオ。いずれも日本刀を模したビームサーベルや実体剣を装備し、頭部に兜飾りのような衣装が施されている点で共通する。

その正体編集

声優、髪型、思考、劇中でビリー・カタギリが「やぁグラ……いや、今はミスター・ブシドーだったね」と発言するシーンなどからバレバレではあるが、1stシーズン最終話にて刹那・F・セイエイと相打ちになりながらも生還したグラハム・エーカーである。1st→2ndの空白の二年間、刹那に指摘された自身の「歪み」と向き合い、戦う者のみが到達する事の出来る「極(きわみ)」を求めて武士道の修行を行うという斜め上の行動に出た結果、この珍妙な雰囲気に落ち着いたらしい。

刹那に完全敗北し、一度は自決を図るも刹那にかけられた言葉を思い出して踏みとどまった彼は、その後の対イノベイター戦役から離脱し、地球連邦軍に「グラハム・エーカー」として復帰する。後の劇場版において、彼は自らを「かつてガンダムを超えようと愚行を繰り返した男だ」と自嘲している。

やる夫スレにおいて編集

原作での数々の名言から、やる夫スレにおいて彼が与えられた役割は、一言で言えば「有能だけど変態」。能力的には頼りになるが、その行動・言動は変態であり、まともに能力を評価されないことが多く、ギャグ作品からシリアスなライバルキャラクターまで様々な役を演じ分けられるキャラクターである。ホモキャラとして使われることも少なくない。

主な作品編集

関連項目編集

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。