Fandom


メイドとは、家事労働を行う女性使用人のことであり、萌え属性のひとつでもある。

ウィキペディアの項目「メイド」も参照のこと

概要編集

炊事、掃除、洗濯などを行い家事を手助けする職業。家事全般を扱うメイドもいれば、限定的な仕事(接客専門やティータイム専門等)を扱うメイドもいるなど、一口に言っても仕事の形態はさまざまである。敬称は「メイドさん」、衣装はメイド服。

メイドと言えば、一般的にハウスメイドやハウスキーパーのことを指すことが多い。元々は18世紀後半のイギリスに端を発しており、第一次大戦まではイギリスで多く見かけられた職業である。

メディアや辞書などでは「メード」と表記される場合が多いが、一般的には「メイド」が主流である。三次元だとメイド喫茶やコスプレイベントくらいでしかお目にかかれない。

現在の社会において、サブカルチャー的なイメージのメイドという職業を見ることはまずない。しかし、現代的な家政婦や使用人ということに限れば先進国家でも散見され、一部の東南アジアや中東地域では一般的なものとして認識されている。

なお、広義では炊事婦や侍女、ベビーシッターもメイドに含むことができる。他に和服や割烹着を着た女中などが「和メイド」としてメイドの括りに入れられる場合もある。

語源はメイデン、未婚女性が奉公として働いていたことに由来する。男性の対義語はボーイ。

主なメイドキャラ編集

関連項目編集

  • 執事 - 使用人のまとめ役。男性(男装)のイメージが強い。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。