____
          ....::::´:::::::::::::::::::::::::::::::::::....、
         /:::/::::::::::::::: \:::::\:::::::::::: \
       /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::\:::::\:::\:::::\
.      /:::::/::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::\:⌒ヽ
..     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::\::::::: \:::::\:::ヽ   \
     , ::::::::::::: i:::|:::::::|::::::: |::::::::i\::::::: \::: ヽ:::::    \
     i::::::::::::::::|:::{:::::::{::::::: |::::::::|  \::::::::ヽ::::::::小  ヽ \
     |::::::::::::::::Ⅳ!:::::: 、::::::{\: {   > ::::::::::::: |::i     \:.、
     l::::::::::::: -=芋ミ、 \:\ \ 才芋=-::: |::::: Ⅳ      }:::i
.    八::::::::::::::::{乂zソ   ⌒` 乂zソ ノ Ⅵ::::: ||     |:::|
      、:::::::::::人             /}:|:::::::||     |:/
        }\:::::::::::\    、      /ノ |::::::八    /'
       :::::::\:::::::::::\        , .::::::小:/::::::\
        \::::::\:::::::::::\'⌒'    イ:::::/ |/::::::::::::::>-= ⌒≧=--
        |::\:::::::\:<⌒ヽ  ィ.:::: }/_/r≦ニニ/=/ ----==ニ\
        |::::::::\:::{: }⌒ `¨´  |_:/ニニ/ニニニ/=//、     `⌒\
         ><ニ \人      、ニ==/ ニ==/=//:::::::::\
       / /≧<⌒/ニニニニニニニ=,/=/=// ::::::::::::i\:\
      // /ニニ /ニ /____________彡 /::::::::::::::::::::|  \:\
     |{ / / ニ /ニ /=/ニ厂 フ ------=彡 ::::::::::::::::::::: |   \:.ヽ
.    /||' ,/= /ニ /=///////   //////\ ::::::::::::::::: |     ::::i
    / ゙||,/,/ニ /=//'//////   /////////\::::::::::::: |i.      }:::|
.   {ニ||,/___彡≦__彡'//////'ノ    {//////////ハ:::::::::::八    |:::|
  /|ニ||〃-=彡´ ////// ̄     ノ////////////\:::::::::: \   |:::|
. /=|ゝrく⌒≧=-----<______////////////////,\::::::::::::ヽ |:::|

◆忍◆ ニンジャ名鑑#109 【ヤモト・コキ】 ◆殺◆
シ・ニンジャに憑依されたオリガミ部の女子高生。
武器はバタフライナイフとオリガミ・スリケン。
作中で「華奢で細い手脚、平坦な胸」と明記され、
これは豊満志向の強いモーゼス&ボンドの女性デザインとしては異質である。

ヤモト・コキ
原作・出典元 ニンジャスレイヤー
性別
愛称・呼び名 ヤモト / ヤモッチャン
一人称 私 / あたい
性格 寡黙 / 涙脆い
特徴 平坦
口調 物静か / 決断的
  

ヤモト・コキは、サイバーパンクニンジャ活劇小説「ニンジャスレイヤー」の登場人物。

ピクシブ百科事典の項目「ヤモト・コキ」も参照のこと

概要[編集 | ソースを編集]

キョート・リパブリック生まれの女子高生。家庭の事情で虚無的な日々を過ごしていたある日、ショーゴー・マグチ少年の飛び降り自殺に巻き込まれて死の淵を彷徨い、ニンジャソウルに憑依されて蘇生する。その後ネオサイタマへ転校するが、現地を牛耳るソウカイ・シンジケートと一悶着をおこし、逃亡生活を送る羽目になってしまう。

ニンジャとしては珍しくまともな人間性を保っており、不意に涙ぐむことも多い。口数は多いとはいえず、少々世間慣れしていない所もあるが、根は素直で気配りもでき、ネオサイタマで得た友人や恩人とは良好な関係を築いている。イクサでもメンタル面で後れを取ることが多いが、覚悟を決めた時の突破力には目を見張るものがある。一方でキョート時代の描写は乏しく、更に「親殺し」の経験を指摘される、ニンジャ名鑑で同じヤモト性の人物が記されるなど、多くの謎が示唆されている。

第一部ではサンシタ相手にも苦戦していたが、幾多の死線を潜った第三部では強豪相手の連戦をこなすまでに成長した。初期には敵から奪ったナイフやドス・ダガーを得物としていたが、成り行きでイアイドーを教わることになったカギ・タナカから短刀「ウバステ」を譲り受け、愛用するようになる。また、シ・ニンジャのユニーク・ジツ「サクラ・エンハンスメント」を使い、オリガミ(折って形を作れる紙やシート)を爆発性のスリケンとして自在に操る。ワン・インチ距離での自爆や、通常のスリケンには無い弾数制限が弱点。

女っ気が少ない『忍殺』の数少ない萌え担当であり、同時に一般的な若者&ニュービー・ニンジャの視線から世界観を描写する役割を持ったキャラクター。フジキド・ケンジが主役のオムニバス形式で進む『忍殺』だが、彼女がメインをはり、フジキドが一切登場しない回も数編作られている。作中では敵に痛めつけられたり恩人が酷い目に合うことが多く、更にニンジャ名鑑でもわざわざ言及されている通り、やたらと豊満女性の描写が連発する中でひたすらに「平坦な胸」と綴られるなど、何かとハードな扱いを受けている。

主な作品[編集 | ソースを編集]

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。