Yaruobook Yaruobook 2012年1月8日 (日)
0

カテゴリの方針 (ソートキー)

  • やる夫 Wiki 管理スレ

ここにも書きましたが、ソートキーの方針を以下のように定めようと考えています。

  • 濁音・半濁音は清音に、拗音は直音に、長音(音引き)は母音に
  • 人名のソートキーは、「姓名」の順の読み仮名(ひらがな)、姓と名の間に「半角スペース」を入れる

まとまったらやる夫 Wiki:このプロジェクトについてか、やる夫 Wiki:編集方針あたりのページに列挙しましょうか。

投稿の全文を読む
Yaruobook Yaruobook 2011年8月7日 (日)
0

URLから「ja.」が抜けている件について

現在 http://ja.yaruo.wikia.com/ にアクセスすると、自動的に http://yaruo.wikia.com に転送されるようになっていますね。少なくとも7月17日にはそうなっていました。自分から申請などはしていないので、なぜこのような仕様になったのかは分かりません。おそらく他言語での展開がないと判断されたのだと思われますが…。

投稿の全文を読む
Yaruobook Yaruobook 2011年1月2日 (日)
0

やる夫 Wiki 編集に関するマイルール

タイトル通り、自分が自分で課しているルールです。利用者に押し着せるつもりは毛頭ありません。


  • 1 不要な文字・タグを付けない
  • 2 情報源は脚注にURL付きで
  • 3 編集のルールはなるべくWikipediaを参考に
  • 4 英数字は半角で

改行タグ(<br>)とか、リストを作る目的での行頭の中黒(・)とか、そういうのはなるべく使わない。前者はパラグラフ(Wiki記法では改行2つ)に、後者は行頭にアスタリスク(*)を使う。

ただ、表組みで横幅が狭かったりするときは<br>なんか使うかもしれない。ケースバイケースで。


要はソース出せと。「作者がスレでこう発言した」と記事にあるならば脚注でURLを載せると、後から閲覧した時も何かと便利なんじゃないかと。VIPサービスやLivedoor したらば掲示板はHTML化したスレにもid付けてリンクできるので、出来ればレス番含めて指定します。


ウィキペディア至上主義というわけではありませんが、編集のルールなどは、既に整備されているサイトを参考にすれば手間が省けるんじゃないか、と。実際にページの統合はページの分割と統合を参考に進めました。


もはや好み。でも「作る記事のタイトルを半角で統一」とすれば、全角/半角の曖昧さを回避できるので、できればこうしてほしいかな。

投稿の全文を読む
Yaruobook Yaruobook 2010年4月3日 (土)
0

やる夫まとめサイト スカウター付き (2010-04-04)

やる夫まとめサイトに載っている全サイトを、Web スカウターを用いて戦闘力を測ってみました。スカウター値は全て2010年4月4日現在のモノです。

ブログ・Wiki・静的HTMLなど、サイトの構成によって値がまちまちのようです(ライブドアWikiは値が高め?)。リロードすると値が跳ね上がったりしたりして参考にならないので、「こんなものもあるのか」という感じに思ってください。残念ながら当 Wikiは戦闘力1、ただのゴミ以下のようです。


やる夫まとめ 全一覧


スカウター

やる夫見聞録

[1]
887
やる夫.jp

[2]
46
やる夫 Wiki

[3]
1
Yaruyomi
否ブログ
[4]
221
yyy速報
記事一覧
[5]
112
泳ぐやる夫シアター
記事一覧
[6]
1575
勝手にやる夫を纏めたりするブログ
記事一覧
[7]
36
趣味でやる夫を纏めるお!
否ブログ
[8]
3795
それにつけても金のほしさよ
記事一覧
[9]
839
多元

[10]
117
ヌーそく
記事一覧
[11]
1178
やる夫.org
否ブログ・ただそくから移転?
[12]
48
やる夫BOX
記事一覧
[13]
106
やる夫アーカイブス
記事一覧
[14]
107
やる夫エッセンシャル
記事一覧
[15]
20
やる夫観察日記
記事一覧
[16]
2894
やる夫コレクション
記事一覧
[17]
372
やる夫シリーズまとめるお
記事一覧
[18]
54
やる夫短編集 地獄編
3ヶ月の更新停止から復活
記事一覧
[19]
2432
やる夫でやる夫
記事一覧
[20]
2
やる夫のぞき窓
記事一覧
[21]
189
やる夫の暇つぶし
記事一覧
[22]
162
やる夫ブログ
記事一覧
[23] …
















































投稿の全文を読む

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。