Fandom

ようこそ編集

はじめまして、やる夫 Wikiコミュニティのアドミンです。ドクオは人類を滅ぼすようですへようこそ!そして、ページ編集をありがとうございます! ご不明な点がございましたら、ヘルプページをご覧になるか、私または他のアドミンまでお問い合わせください。Fandomに関する全般的なヘルプは、コミュニティ・セントラルフォーラムブログもご利用ください。

私でお役に立てそうなことがございましたら、お気軽にメッセージをお送りください。それでは、やる夫 Wikiをお楽しみください!

ユーザー・トーク:Yakiteba

独り言編集

トーク:やる夫スレの件について思うことを書きたくなりましたので、自身のトークページに独り言という形で書いておこうと思います。自身のトークページに書く理由は、直接関係ないことをトーク:やる夫スレに書くのは宜しくないし、他の場所に書くことで、然るべき人に返答するかどうかを考えたり、返答の中身を考えたりする手間を与えるのは本意ではないからです。それでも、Wiki上の自らのページに書くことで然るべき人の目に入ることくらいは期待しています。もちろん、独り言ですから、返事など求めていませんし、何かが変わることも期待していません。意見がある方がもしいれば歓迎します。

以下の内容は、管理人Yakitebaさんに対して多かれ少なかれ挑発的な内容です。挑発的な内容をWikiに掲載したとしてブロックされることも私は歓迎します。それは、私がもうこのWikiを見なくてよい言い訳になるからです。

本題ですが、Yakitebaさんはトーク:やる夫スレの最後に「他人の意見を聞く気がないのなら、やる夫Wikiを使う必要はありません。」と述べましたが、彼自身は、本件において、他人の意見を聞くということを一度も行っていませんよね。彼が行ったのは、管理人として事態をどうすべきか判断し、それを元に場をとりなし、従わない者を排除するということだけです。

ただ、言いたいのは、それが悪いということではありません。私はもともと、(そしておそらく124.96.127.113さんも)管理者も一編集者であるのだから、編集や差し戻しを行うにあたっては他の編集者たちと議論を行い合意をなすべきであると考えていました。その前提のもとで、Yakitebaさんの2度目のコメント(「変化を加えすぎというのが理解してもらえてないようですので、(略)」を議論というレベルに達していないものとして非難しました。しかし、本件におけるYakitebaさんの言動から私が判断するに、それはどうやら私の認識の誤りだったようです。

Yakitebaさんは編集者というよりあくまで管理人であり、自らが(または以前の管理人が)、明示的に、もしくは暗黙的に定めたルールに従うことを編集者に求めるだけの存在だったようです。実際トーク:やる夫スレでは各々が好き勝手なことを言っていましたが、Yakitebaさんは徹頭徹尾、ルールに従うことを求めました。該当トークに参加していたレグナさんなどは、そのことを理解していたのでしょう。しかし、私は理解していませんでした。

そうなると、本件がこじれた原因のひとつは、Yakitebaさんが話し合いの通じる相手であると、124.96.127.113さんが誤解してしまったことにあるように思います。私の目には、124.96.127.113さんは状況を改善する方法を模索し、話し合いという場を作って提案しようとしていたように見えました。しかしその方法がYakitebaさんのルールに反していたため、話し合いは成立せず、Yakitebaさんに受け入れられませんでした。具体的には、トーク:やる夫スレの最初において、Yakitebaさんは編集を差し戻した理由(=編集者は、このような重大な項目を大きく編集する前にトークページやサンドボックスで話し合わなければならないというルール)を述べましたが、この時点でYakitebaさんと124.96.127.113さんの間に認識の食い違いが発生したようです。Yakitebaさんはルール違反なのだから当然正されるべきであると考えていたようですが、124.96.127.113さんはYakitebaさんの判断に対して話し合いの余地があると誤解し、トークで反論(=Yakitebaさんのいう大きな編集には当たらないのではないかということ)を述べました。Yakitebaさんは自身の(管理人としての)判断に対して話し合いで意見をすり合わせるという概念を持たないため、これを「ルール違反ということが理解されていない」と解釈し、以降の流れに繋がったと考えられます。

ですから、ひとつの提案として、今後同様の案件において早い解決を見るには、Yakitebaさんがもっと管理人色を前面に押し出した態度で、話し合いの余地など無いということを明確にしながら、ルール違反に対する指摘等を行うのがよいのではないかと思います。また、各種のルールは一種の常識として暗黙のうちに編集者・管理人間で了解されているように思いますが、新参者にとってそれは常識でもなんでもありません。(例えば、このWikiのルールからたまに参照されているWikipediaにおいては、こことは異なり、管理人でさえ、話し合いなしで動くことはできません。)ですから、ルールをより明確にルールとして書いておこうことが必要ではないかと思います。

提案と書いたのは理由もなく愚痴ばかりで独り言を長々と書くのは体裁が悪いと考えたからです。受け入れられることは期待していません。しかし、もし受け入れられたなら嬉しく思います。--FailyFeelyトーク) 2017年4月23日 (日) 09:04 (UTC)


「編集合戦」という状況をご存じですか?

複数の編集者が、お互いの主張を曲げず、その自己の判断において自分好みの編集を加えた形にし、それに反発する人間がそれを削除する。これが「延々と」繰り返される状況です。

これがずっと続くとどうなるか。そもそもの原型がどこなのか、それを各人が探す手間が増えるんです。今回の一件について、主だってあの時点でトークに参加していた人は数名でしたが、この場所ではいきなり他の編集者が口を出してくることもあり得ます。そして、その編集者が更に自分なりに編集を加え話の争点である原本を歪ませれば、不必要な混乱を招くことになります。

そもそもサンドボックスというのは、どういう事を書いても良いテスト用のページです。だから、そこに、下書きして、それをトークページに挙げて、それと原本を見比べて意見を交換し合いましょう、と何度も申し上げました。

Yakiteba氏は問題ないとおっしゃっていましたが、私個人の主観でいわせてもらえれば、Yakiteba氏の「サンドボックスを使って」の部分を無視している時点で、編集合戦になる可能性が見受けられたので、大問題だと感じていました。実際に編集合戦になるかどうか、ではなく、なり得る可能性を擁し始めた時点で問題だと私は感じています。

あの状況下で、全く今まで口をはさんでいなかった別の編集者が「私はこう思うわ」で原本を更に別の形に変えたら、少なからず混乱を招きますよね?

FailyFeely氏は、該当のページでサンドボックスを使っていない事以外クリアしていると主張していましたが、サンドボックスを一切使わずあらゆる案を原本に手を加えながら意見交換をするとどうなるか、はっきりいって物凄く面倒になるんです。一々見比べる為だけに差分やら原本部分を探すという余計な手間がかかります。

だから、議論が始まった時点で、その直前まで戻して、下書きを利用し見比べながら意見交換をしましょうよ、と何度も主張していた訳です。 残念ながら中心人物である彼は最初から最後までこちらの言い分を理解してはくれませんでしたが。

意見交換をする為に、場を整えて、話合いをしましょう。だからそのために、原本を弄らず、サンドボックスで下書きを使って、それと見比べて意見を出し合いましょう。

Yakiteba氏は、最初からずっとこれしか言っていません。この部分は明らかに管理人としての判断部分であり、編集するなら当然従うべきではありませんか?手間が増えるからこの方針でやりましょうと制限を掛けている事には違いありませんが、サンドボックスを使わずにいたらどうなるか想像したら、十分以上に管理者としては当たり前の対応だったと思いますが。

他人の意見を聞くか聞かないか、その段階以前で躓いてるからまずそれを正してくれませんか?と、それだけの話だったのですが。

レグナトーク) 2017年4月23日 (日) 09:30 (UTC)(追記部分あり)

意見をいただきありがとうございます。あなたの意見を要約すると:

  • 議論を生むような編集をする場合はサンドボックスを用いた意見交換が非常に重要である。
  • Yakitebaさんはサンドボックスを使うよう促していたのだから、従うのが当然である。

ということですね。

まず、サンドボックスを用いることの重要性について異議はありません。本件でも、124.96.127.113さんはサンドボックスを使うべきだった(少なくとも、使ったほうが事がスムーズに進んだ)ことは同意します。ただ、124.96.127.113さんは恐らく、議論の開始時点でそのことを理解していなかったのでしょう。だから、サンドボックスを使わないまま意見を交換する段階に進もうとしたのでしょう。これ以降、両者の間で議論の目的にずれが生じ、あのような結末になったと考えられます。

私は、このずれを解消しようとしなかった、Yakitebaさんの対応を問題視しています。具体的には、124.96.127.113さんの「2度目の編集において~(略)」というコメントでは、議論の前提である「これは、サンドボックスを用いた意見のすり合わせが必要なほど大きな編集である」ということに対して異を唱えているように見えます。つまり、この段階ではまだ「サンドボックスを使うべき」という前提すら成り立っていない段階(少なくとも、124.96.127.113さんの中では)だったのです。私がとにかく一番問題に感じているのはその次のYakitebaさんの「変化を加えすぎというのが理解してもらえてないようですので、順序の入れ替え・組み替えはしないでください。そして一段落分だけ加筆なり新設なりして、意見のすり合わせを図ってください。」というコメントです。124.96.127.113さんの反論について「理解してもらえてない」と全く論理性のない言葉で一蹴しています。次の「順序の入れ替え・組み替えはしないでください」は理由抜きで指示を述べているだけです。

これは不必要に敵対的で、以降の124.96.127.113さんの誤解の継続に寄与しているように思います。具体的には、「一部質問の意図が伝わっていないようですので~(略)」というコメントは、Yakitebaさんがサンドボックスの利用をはじめとした議論環境の整備に終始しており124.96.127.113さんの意見を無視しているように見えたことを受けてのコメントであり、逆にYakitebaさんからはこのコメントが124.96.127.113さんがサンドボックス等を用いた議論環境の整備に同意していないように見え、決裂が決定的になったように思います。

この対応において、Yakitebaさんは編集者的な視点をコメントに織り込もうとして失敗しているように思えます。もっと、これは管理者としての、編集時のルール的な観点における指摘であるということを明確にすれば防げたのではないでしょうか。これが主に言いたかったことです。--FailyFeelyトーク) 2017年4月23日 (日) 10:41 (UTC)

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。