Fandom


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ラウ・ル・クルーゼ
     ノ    ./:::ヽ、               l
   r''"´    〈::::::::::`丶、__,,,.. -ォ   、   \
   l    /´ヾl「 ̄ ̄`Τ´   ,'    \   ヽ
  ノ    ノ::.r'7^゙、     l:   ,'\ l:....:. ヽ:.....:./
. /    ゙y´ :{  ヽ    /ヽ   ∟...}イ |:::::λ:l::::::j
. 〈       {l N-‐''゙   〈  〉    ヽl::::/リノ::: (
  ヽ!:     リ、|  ,.-‐-、. `Y:| ィ'" ̄ヽリノ /:::::::: i
   |l:    / ヽ_イ......._ノ   |:l ヾー┬''゙  /:::::::::: |
   |l   ∧  ``T´     |!   _,」   〈:::::::::::: ',
.   }!.   { l',     ゙r──‐┬'"´ レ''"`7!::::: :: ヽ
  ノ::.  l ドf ̄`ヽl ,_,. ===-、,   。 ,'::|!::    \
 (:.:::::}    ト-゙、    {l::r'"`:i:'"`lリ  ゚ ノ::::'、:      ',
.  ヽ::l:    !:::::::ヽ    ヾ、__,〃   ,イ:::::::::\   ト、i
 /:::|:: | l:::::::r=辷_、  `二二´  /_」`!::::::::〈`   | リ
./::::::::|:: |{ |::::::::ト----:\    ,ィ'゙二..イ::::::::::::ヽ   ,'
.{_|:::::::l:::. ヾ`ー':::l:.:.:.:.:.:.:.:.:.、`''''''''i゙| 「:/| :.:.!:::::::::::::_ノ /
  `>::ヽト、 `ー、::|:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ\:.|.| |(_」:.:.|::::::::::f´:::::::'- 、
  (:::::::::::::`ヽ l{く:.:.:.:.:.:.:.:.:rへノ:.|.| |:.:| /:.: ̄`ー!、_:::::::::、_)
  `ヽ;:;: -''"|ノ`ー.:.:.:.:.:.:.:.\「:.:.:|.| |:.l/:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`'':: 、|
  ,. -''":.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:|_|」:.:.::.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:``''::..、
ラウ・ル・クルーゼ
原作・出典元 機動戦士ガンダムSEED
性別
愛称・呼び名 クルーゼ
一人称
性格 自己中
特徴 仮面姿
備考 宿敵:ムウ・ラ・フラガ
部下:アスラン・ザラ
イザーク・ジュール
ディアッカ・エルスマン
友人:ギルバート・デュランダル
  

ラウ・ル・クルーゼ(Rau Le Creuset, Raww Le Klueze)は、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ラウ・ル・クルーゼ」も参照のこと

概要編集

ザフト軍人の仮面の男。コロニー・ヘリオポリスからのG強奪作戦の指揮を取り、アークエンジェルを執拗に付け狙うこととなる。ザフト最高評議会議長のパトリック・ザラとの繋がりも深く、彼の隊には最高評議会議員の子息が集められている。何故かムウ・ラ・フラガとは互いの存在を感知し合うことができ、強い因縁で結ばれている。

その正体は、ムウの父アル・ダ・フラガのクローン。息子の才能を疑ったアルが、自分と同じ能力を持つ後継者を欲してキラ・ヤマトの実父ユーレン・ヒビキに作らせた存在である。しかしクルーゼはテロメアが短い失敗作だったため、結局アルはクルーゼを見捨て、それを悟ったクルーゼはフラガ邸に火を放ってアルを殺害した。ちなみにレイ・ザ・バレルとは遺伝子上の同一人物となる。

自分勝手な理由で生み出されたあげくに捨てられ、自らの寿命も短い現実から世界の全てを憎むようになり、一ザフト軍人としてナチュラルとコーディネイターの全面戦争を煽るべく暗躍する。最終的にキラに討たれ野望は潰えたが、地球連合軍、ザフト軍双方に甚大な被害をもたらし、キラの心に強いトラウマを刻みつけた。

作中の搭乗機はシグー→ディン→ゲイツ→プロヴィデンス。謀略、指揮能力、パイロット能力いずれにおいても隙がないが、クルーゼはアルと同じ紛れもないナチュラルである[1]。シリーズでも数少ない「コーディネイターを凌ぐナチュラル」という強さや、世界全てを巻き込んだ破滅主義というただ自らの狂気のみに殉じた清々しい悪役ぶりから、彼のファンは多い。

やる夫スレにおいて編集

二次創作の世界では、なぜか「変態仮面」の愛称が定着しており、変態仮面の体にクルーゼの顔をすげ替えたAAも存在する。原作では一切そのようなシーンはないのだが、思わせぶりな台詞回しやSEEDという作品のカラーから、そうしたイメージで捉えられてしまったものと思われる。

やる夫スレでは、弁の立つキャラクター性と原作終盤での暴れっぷりから、頭脳、実力共に秀でた強キャラ(後、時々変態)として描かれることが多い。

主な作品編集

脚注編集

  1. 作り出される際に、何らかの「調整」を施された可能性も示唆されており、完全なナチュラルではないと考察する視聴者もいる。

関連項目編集

  • ムウ・ラ・フラガ - 宿敵。
  • 真紅 - 真紅の一部に『マスク・ド・真紅』という改変ネタAAがあり、主なAAベースとして使われている。
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。