Fandom


   `''‐、;;;;;;;;;;;;;` 、             .l .;;;;;;;    ヽ ヽ :::::ヽ
  , -‐,, '''',=-,=‐―- 、          .ヽ ;;;;;;;.. ヽ;;  ヽ ;;ヽ'':::ヽ
  lィ‐vvv、` ´‐=‐-、 /            l..;;;; ;;i: .ヽ;;;  ヽ; ;;;;;ヽ ;ヽ
  ヽii、;;;;;;´Wv、 ヽ`‐'"´‐=、  ,、       〉  ;;i::  );;;;,, ヽ;;;;;;;;;ヽ .;ヽ
   `'ii、,;;;;;;;;;;;´v>‐, ̄ニフフ  l ヽ      /; ;;;;;;;;i:: l''"ヽ;;i;;;; ト;;;;;;;;;ヽ ;l
    ,,‐ナ、;;;,‐ナ`''‐-、‐=トニ=-ト''ヽヽ_, 、 ノ' ;;;;;/l;i::/   ヽ; ;. |ヽ;;;;;;;;;;;i ;l  ...................................
    `''‐Til! / ト'  ;;lヽ、ヽl |‐‐, / / Yヽ;;;;/ レ    ヽ'' |  ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       Hi i:タ /‐、| ト-'l`ヽニフ ! l イ /l ノ/        ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
       トli タ ∧;;;;lヽ;;ヽク、ニ=llll/.|./{ ./ | /l´      :::::::::::::::                        :::::::::::::::
       ヽ_/ l;;;;| ヽ;ヽ‐クTl/ V .V レ トヽ    :::::::::::::::                            :::::::::::::::
           ヽ;l  ` lウ`''Y ノ´ lヽノ トy'   :::::::::::::::  何故我の身体が勝手に動いているのだ!? :::::::::::::::
                |};;l`ヽl/ / `v'      :::::::::::::::                            :::::::::::::::
               /-l ト、 | / / ノY ヽ     :::::::::::::::                        :::::::::::::::
              ノ`)ノヽ `l  ./ ./ | i;;;ト       ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
             /┐j´/ ヽヽ' / ./|´`l |          ::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::
           /ソ/l |' .( /ヽヽ' .//lヽノ/               ...................................
          ノ/'Y Yノ ヽl/ | ヽ‐''" /ヽノ)
         .|/l /.| /´    |,、r、| lミl/l |、,、,l
        ,、 l{|/t-l.ト    .lト |i |/lヽl,ノ l .l l |  ← 世界を食らう者 ラスボス 竜王アルドゥイン=サン(ボディ)
       /,-‐'''''‐- 、`''‐、  ヽlヽl ヽノ  vvv
      レ"      ヽ/ ̄フ´l,,ノ‐''"

            l/rl.:/: ::::l .:::/://::;ィ//: .::::::/:/∠, -‐ '´ _/、ヽ::::::::::::::: ::..      \
             l:l:{:{:: :::::!:::/|/‐!/-、.lイ:::::/l/  ∠ -‐r''" l:  ヽ}::::、::::::::::::... ::.
             lハ:l!l::.::::l::lr'r==;ミ、`';::::{´ '、       }:} : | .  l.ヽ::::::::::、:::::::::::.. :..     「なーぜーか、アルドゥインの
             {{ Vl';::::i:ト|、{`‐'´ }`  ヽi  ,`=;‐-、/イ:.l l l: l::.|::::::::::::::::::、:::::::::..
            。',V /ヽ:::'、/` ̄`ヽ     ´r;う、ミ、 //: /: !:: !::ト、::::::::::::::::::::::、::::::::..    魂は、美少女の体に
             ノ./ :::::/`ヽ          , ‐'、:::::} jト/´::/}::/:://}/  丶、::::::::::::::::::、::::::::
         _...-ァ'.:; ' .::::ハ i!           ,    ̄j}ノ::/://:ノ'´/       丶、:::::::::::::、:::   入っていた。
        「 rァ'./ .:::::∧:ト i!       _     `ニZ....イ/´           丶、::::::::::
        ゝ''"´ .::::::; ',彡}ヽi!     マ;`‐、    r、!l: /',                \:::::   理由? たぶんMODのせい」
       /.: ./.::::/ /,l  \    ‐ ̄   , ィ /ll!   ',                 \
      /::/.:/.:;、 '´/ .イ /j     \    _ 、 イ / / l1.:  !.',
 -―ァ'´.:/.:;ィ/l l  l/ / //     `ー '´ / ノV ./ /lj:::  l: l
   /ィ '////  l 'l l { {'         _ノ'´ ./ / /{ j:::: . jl: |、_
  イ/ l//     、 、.l l l       /  , イ / , ' ,7::: :: jj::;'\``ー- 、_
  /'  |/       、 l l l     , '´ , '´ , ',.', イ  /::::: .//'′ \    `ス
     |       , l l l  , - ´ , - ´  , ', ', ', ' , '::::::; '      \  , ' }
            ヘ | l /  /    // '/ ,/::::/        / , '\./
ラスボスは美少女になってしまったようです
作者 ババコンガ ◆Ff7nWZGtso
ジャンル ゲーム系
原作 スカイリム
投下日 2014年1月20日
状態 エター
主な登場人物 やる夫ラクス・クライン湊斗光シオニー・レジス
  

ラスボスは美少女になってしまったようですは、PS3のゲーム「スカイリム」を原作とした、ゲーム系長編やる夫スレ

作者はババコンガ ◆Ff7nWZGtso。2014年1月20日より連載されていたが2015年8月2日を最後に更新が途絶えエターとなった。

概要編集

記憶が曖昧なやる夫が眼を覚ますと、何故か自分は処刑場に連れて行かれる真っ最中。目の前には反乱軍の王ストームクロークとその従者、そして気が狂ったと思わしき美しい女性。

現状に着いていけず混乱するやる夫であったが、直後の事態に更に眼を疑ってしまう。そこには既に存在しない筈のドラゴンの姿。驚愕で身体が動かない一向出会ったが、狂っている筈の女性だけは驚愕する意味合いが違っていた。

(何故アルドゥインたる自分の身体が、我から離れ勝手に動いているのか!?)

なんとアルドゥインの精神は実体から分離し、人間の身体の中に埋め込まれていたのだった。

竜王アルドゥイン。それは最高神アカトシュによって最初に産み出された存在にして、アカトシュの最高傑作。同時に「世界を喰らいし者」と呼ばれる最悪の魔竜であり、「スカイリム」本編のラスボス。……のはずである。

これは、人間の身体になってしまったにも関わらず、相変わらず竜の意識が抜けなくて、異常にポンコツ臭くなってしまったラスボス様の冒険記である。

主な登場人物編集

  • ラクス・クライン - アルドゥインの精神。自分の身体を取り戻す為旅に出る。ポンコツ1号。
  • やる夫 - 気が狂ったラクス(と思っている)が心配でほっとけない青年。原作主人公である。
  • 湊斗光 - ホワイトラン同胞団の一員。ラクス曰く「犬女」。ポンコツ2号。
  • シオニー・レジス - デイドラに仕える人間の女性。ポンコツ3号。

外部リンク編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。