Fandom


ガンダムシリーズ > ガンダムシリーズの登場人物一覧 > ランバ・ラル
                        -―… 、_
                     /::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
                        '::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                  /:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::∧
                     {::::::/ヽ::::::::::::::/`ヽ::::::::::::::::::::::ヽ
                     {:::::,'  'ー-‐'     \::::::::::::::::::1
                   〉:::i          ,...- 、<:::::::::::::::::!
                    〈:::::'二ニヽ!〈 ∠, -‐。‐` 〉:/⌒j:/
                  ヾ::j>=-゚.1 i  `¨¨´ /〈::ヽ /j
                       〈j、  ,イ  、     )::::/イ:::i
                   {.| r'` ´ ̄`ヽ  ムイ、:::::/
                         !// ̄ `¨¨ヽ`   /  ト、
                      ヽ ` ̄ ̄    /_,/.:.:.:i
                      「 \__, < .:.:.:.:.:.:.::..ト 、
                    イ.:r‐、j 「 r‐''''7.:.:.::..:.:./   >   _
                 ´   ! ヘ、   ̄__, イ.:.: <           >
             ´        r‐′ [__  <                  >
         '             !   /                      /  ヽ
       / /                 ,'   /            /             /     \
     /  /      ト       ,  /         / /           /       ∧
      /  /      { {      _ノ  /__        /  /             /         ∧
ランバ・ラル
原作・出典元 機動戦士ガンダム
性別
愛称・呼び名 青い巨星
一人称 わし、俺、私
性格 プロの軍人
特徴 口髭
備考 内縁の妻:クラウレ・ハモン
  

ランバ・ラル(Ramba Ral)は、『機動戦士ガンダム』の登場人物。本項では『ガンダムビルドファイターズ』シリーズに登場する彼のオマージュキャラクター「ラルさん」についても僅かながら解説する。

ウィキペディアの項目「ランバ・ラル」も参照のこと

概要編集

ジオン公国軍大尉。35歳。ジオン・ズム・ダイクンの忠臣ジンバ・ラルの息子で、ジオンの没後はラル家に匿われた彼の子供達とも交流を持っていた。一年戦争以前からゲリラ戦に従事してきた歴戦の猛者であり、部下からの信頼も厚い。

ザビ家体制の軍内では必然的に出世コースから外れていたが[1]、上司ドズル・ザビから「ガルマの仇討ち」を命じられ、不服ながらも部下と内縁の妻ハモンの為にこれを承諾。新型モビルスーツ・グフに搭乗し、アジア圏に差し掛かったホワイトベース(WB)と幾度となく交戦する。その中で増長の果てにWBを飛び出したアムロ・レイと偶然出会い、戦場に生きる男の意地を見せつけたことで、アムロの人生に大きな影響を与えた。やがてキシリア派のマ・クベの策謀で十分な補給が受けられなくなり、生身の部隊を率いてWBに乗り込むが、セイラ・マスとの再会に気を取られ被弾。最期はアムロ達の目前で自爆し、「戦いに敗れる」ことがどういうことなのかをWBクルーに改めて思い知らせた。

「わしの出世は部下達の生活の安定につながる」「ザクとは違うのだよ、ザクとは!」「良い目をしているな。それに度胸もある」「自分の力で勝ったのではないぞ。そのモビルスーツの性能のおかげだという事を忘れるな!」等々、数々の名言を残す。それまでの物語にいなかった「父親」ポジションの大人として、アムロだけでなく視聴者にも強い印象を残したキャラクターである。

ラルさん編集

                    /: : : : : : : : : : : : : : : :\
                   .: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ::.
                      j: : :/ ̄\: : : : : / ̄\: : :人
                  /: : : 〉    、 ̄ ̄,:    〈: : : : :}
                    {.: : : i  ヘ、 :,  /   へ  |: : : ノ
                   ∨: :.| 〈_:_:_:_\} {/_:_:_:_〉 |: レヘ
                  |│:| ,,}_‘__〉ノ ヾ〈_‘__{,, |: | |
                  ト{:〈  ´ー ′ i   ー `  〉:フ |
                   ∨: ト     L. | __j     イ: :フ′
                   〈:_:_|  / ̄`¨´ ̄\  |:.厶
                       ー|  レr―――‐ヘl   |⌒
                         ト   └======┘  イ_
                    「\ \      / /│.1
                    ィニ|......>‐┐ー―┌‐<...... |ヽ
       __ --==ニニ/ニニニ|......... . /|__   |...ヽ......... |二\ニ==-- __
    -=ニニニニニニニニニニニ/=ニニニト ........「....∂} /........}...イ|=ニニ∧ニニニニニニニニニ==-
  /ニニ∧ニニニニニニニニニ/ニニニ二|  `¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨¨´  |ニニ二∧ニニニニニニニニ/ニニi
  |二二∧ニ二二二二/=ニニニ二|ー‐t―--    --┬― |=ニニニ∧ニニニニニニ/ニニ二|

神出鬼没・正体不明のおじさんモデラー。自称35歳。[2]イオリ玩具店の常連客でセイとも顔なじみ。セイの母のリン子にデレデレ、ガンプラアイドル・キララにもデレデレしているが、子供達の面倒を見たり、自らもガンプラバトルをエンジョイしたりと、話の分かる良いオトコ。

言わずもがなランバのオマージュキャラクターで、声優もランバと同じ広瀬正志が務めていたが、ビルドファイターズトライの途中で病気療養のため降板。その後は宝亀克寿が代役を務めた。

作中では、旧キットの「グフ」を素組しただけのものや、「グフR35」、「ドムR35」とランバに関連のあるガンプラを使用していた。

主な作品編集

脚注編集

  1. 「THE ORIGIN」ではブリティッシュ作戦時にその残虐な作戦故に軍務拒否をし、予備役状態に置かれたなど干されていた理由が補足されている。
  2. 続編のビルドファイターズトライは前作の7年後という設定であるが、ドムR35のガンプラの説明書によると「永遠の35歳」と称している模様。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。