Fandom


                      _.,,,,,..._
                  ,.、- '"´    `ヽ、
                   ,r'´              \                  ,r'ヽ、_
                /              ゞ、                  ,ィ'r-‐‐'´`ヽ、
                  /             ,r-、.  ',               l`Y ,r'    i
                l            ,r'   i   ',              ,! ゞ´,r'´    l
              ,!    ,r-、_,., -‐'´   │  ,!               'i  'ヾ、イ ,ィ.  ヽ,
              i    / _,.、、,,_     _,.、、l  ,ノ              ヾ,   ト斤;::. ,  l
              };r',) ,/ ´r-'rモテ=r- ,'rテゞ`!/                 'i  /  i  |
               i l,オiリ        ,  i. 'i   i'                   'i  !    l |
              ヾ; 、.!ヽ     冫 ,; l   ,!                   `'ゞ    ,! ,i、
               ヾ、i       -、_ ィ  /                    ,}ヾ  i彡;|l
                 |ト,     ー─゙一  /       _,,.、-‐─‐- 、       ,イ、ゝ-‐'´ ,ノ l
                   _,fi ヽ、     `ー‐  /`'´ヾr-‐''"´        `ヽ、    |(b.  _,.イ.  |
        ____,、-‐,イ´/'、.  \        /  ,イi'゙          ,r゙´; `ヽ,  ,!_,,、‐'"     l
  , 、-‐''"´        /  ,/  ヽ,   `,二ニ=‐イi   iレ'          ,イ     i、,イ´          l
イ /          /  ./  ,.イ'‐-;'´    /│  .l           /     ,'"´/           i
 /           /   / /〉-、/`、   /  |    l         ,!       /          |
,/           /  // / ,/  `、  /   l.    l           l      ./          ,!
.           /  /   /   !    ヽ/     .!    l         |      /;'          ,!
             \ /   /   l    /     |、   |          |     /,イ             |
          .| ̄ ̄/   /     |   /      | `ー-'一,       |   ,ィレ'゙            l
ルドルフ・フォン・ゴールデンバウム
原作・出典元 銀河英雄伝説
性別
愛称・呼び名 ルドルフ大帝
一人称 ???(「私」または「余」か)
性格 歪んだ信念 / 苛烈
備考 歴史上の人物
  


ルドルフ・フォン・ゴールデンバウム(Rudolf von Goldenbaum)は、田中芳樹の小説「銀河英雄伝説」の登場人物。

ウィキペディアの項目「ルドルフ・フォン・ゴールデンバウム」も参照のこと

ニコニコ大百科の項目「ルドルフ・フォン・ゴールデンバウム」も参照のこと

概要編集

ラインハルト・フォン・ローエングラムらが所属する銀河帝国の初代皇帝。本編開始時点では既に500余年前の人物である。

宇宙暦268年生まれ。288年に士官学校を首席卒業して以降、宇宙海賊の討伐等で功績を積み、「若き英雄」として称賛される。296年には少将になり、退役して政界へ。やがて銀河連邦首相と国家元首を兼任し、遂には宇宙歴310年/帝国歴元年に自ら「神聖にして不可侵たる」銀河帝国皇帝ルドルフ1世を称してゴールデンバウム王朝銀河帝国を興す。以後、351年/42年に83歳で崩御するまで人類史上初の統一国家を治めた。

軍人時代から苛烈な手腕が一部から問題視されてはいたものの、疲弊した銀河連邦ではそれ以上の称賛を受け、遂には某ヒゲの伍長のごとく独裁者へ上り詰めた人物。とはいえ、皇帝宣言前までは「連邦をどげんかんせんといかん」と真剣に考えていた紛れもない愛国者だった。どうやら即位を機に何かが壊れてしまったようで、議会の永久解散、劣悪遺伝子排除法の発布、反乱勢力の虐殺、忠臣を貴族階級に任じて[1]の封建体制復活……と、500年余にわたる銀河帝国の政治基礎を作り上げていく。さらには自分の身長・体重を新しい長さ・重さの基準にした「カイゼル単位」の導入を試みる[2]など、自己神格化は酷くなる一方だった。

身長195センチ、体重99キロの「圧倒的な」偉丈夫だが、晩年は美食がたたり痛風に悩まされたという。更に、劣悪遺伝子排除法を作っておきながら彼の子は全てが女児[3]で、寵姫にようやく産ませた男児は障害者だったという事実は、晩年の彼を大いに苦しめたという[4]

なお、本記事冒頭のAAは連邦議員時代のもの。前述の通り、本編開始時点で既に故人であり、本人を描いたエピソードも存在しないことから、その在り様はダイジェストでしか窺い知ることができない。

主な作品編集

脚注編集

  1. 白人のみ・全員がドイツ風に改名させられた。
    このこととの関係は不明であるが、銀河帝国には自由惑星同盟のシドニー・シトレのような黒人の登場人物は存在しない。
  2. 当時の財務尚書クレーフェの試算では、単位の書き換えには大変膨大な経費が必要とされたため、さすがのルドルフも施行を断念した。
  3. ルドルフ死後に第二代皇帝に即位したジギスムント1世は、ルドルフの長女カタリナと、カタリナの夫ノイエ・シュタウフェン公爵ヨアヒムの長男。
  4. 子や寵姫や医師団全てが死を賜り、全貌が闇に葬られた所を見ると、原因はルドルフ側にあったらしい
特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。