Fandom


【前半】
                     r、/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.`丶
                     |.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:`丶.:.:.:.:.:.:.`丶
                     l/.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:..:.:`ヽ.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:\
                         /.:.:.:.:.:{.:.:.:.ト、.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.\.:.:.:.:.:.:.:.:> .
                     /.:.:.:.:/ハ.:.∧ \.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.> .
                       /.:.:.:.:.{/  ヽ.:∧  >イヽ.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ.:.:.:.:.:.:\.:.:.:.:.:.:.:..:.:.:.:..:.:.>
                   ∨.:.:.:.{、 `ヽ\:ヽ rィツヽ\.:.:.:.:.:.:∧.:.:.:.:.:.:.:.\ ̄ ̄ ̄ ̄
                        ∨.:.:.|ハ rマツ  \      \.:.:.:.:∧`丶 .:.:.:.:.\
           _         ヽ.: |. |   /         / /\.:. ∧ヽ `丶:.:.:.\
         ,rイ 、  ̄ ヽ  _   ヽ:{∧   `_ . -─ァ  /イ.:./.:\.∧.ハ     ̄ ̄
       / 、  \  | / _ノ     \ヽ  ヽ / / |>、./.:./|.:.:.:.|:.ヽ}.:∧
      / 、   ヽ  | .|  /     /「ハ=\  ̄   | l /.:./ヽ.:.:.:.l.:.:.:.:.: ∧
        {、  ヽ  |_ノイl/ . .─‐./.:.| .l|    丶 _. イ | l./.:./   ∨.:|.:.:.:.:.:.: ∧
    rイゝヽ_ノイ:::::::/ノ /    ./.:.:.:l ∧     _l  / /.:./ _/.:.: l.:.:.:.:.:.:.:.:∧
    ∨ |::::::::::::::::::: /|      ./.:.:.:./ヽ.∧  イ  / ./.:./ ̄  ゝ、.: l.:.:.:.:.:.:.:.:.:∧
   /|  .l:::::::::::::::/./       ./.:.:.:./   \\| ///.:./      > 、.:.:.:.:.:.:.:∧
  /  ∨ \ ̄///      ./.:.:.:./    ,. z≦> ´ /.:./          `ヽ.:.:.: ∧
/     ヽ  >イ/        /.:.:.:./  //       /.:./         /   ∨.: ∧

【後半】
            /:::::::::::::::::::::;;;::::::::;:::::::::::::::i:::::::::::::::::::::::::::::::::::\
          ./::::::::::::::::::::::ム:V''´{:::::::::::::::{:::::::::ヘ::::::::::::::::::::::::::ヘ
           ./:::::::::::::::::|::::::|    {:::::::::::::::{、:::::::ヘ:::::::::::::::::::::::::::ハ
          {:::::::::::::::::::{:::::|    ∨::::::::::ハゝ ::::ヘ、::::::::::::::::::::::::ハ
          |:::::{:::::::::::::|::::|-―‐-- ヽ:::::::::::ハ ,>、ヘヽ、::::::::::::::::::::}
          {:::::∨::::::::::|:::{ ,rェョァ-ミ \:::::::ヘ.,ュェョ-ヽ `ヽ、:::::::::::|
           .|:::::{∨:::::::|ヽ{`乂少.     \:::ヘ乂リ  ' /::::|:\::::::l
             ゝ:::ヽ|∨::ハ リ         `''ヘ    {::::: l:::}.∨:}
               ヽ:{::::ゝ:::ヘ          〉       |::::::::lヾ ソ
             |::::::::ヘ ヾ.   ,.. -t          /|:::::::::l
             |:::::::::::ヘ ,..- ´,.. t .| -‐ -    イ .|::j.`ヽ.
                ,{:::::::::::::{,.. ‐´  .| l        ∠_⊥! j゙У
           ッニゝ::::::::ト;:l     | |    /|`ー‐´/./ /:l
             /:}.  V::::ヘ ヘ.     | l`ー‐ ´ .|    /./ /:ノ
         ´- ' |  \:::ヘ `    .| |     l   /./ /´
              厂}`ヽ ヽヘ.     ゝ\    ト、 /./ /!
           厶{ ̄\` `      ヽ\  `ソ/./ / > 、
         , <                ヽ\ イ/./ /     > 、
ルーク・フォン・ファブレ
原作・出典元 テイルズ オブ ジ アビス
性別
愛称・呼び名 親善大使
一人称
性格 (前半)わがまま、自己中心的
(後半)前向き、時に自虐的
特徴 赤髪、緑の瞳
  

ルーク・フォン・ファブレ(Luke fone Fabre)は、バンダイナムコエンターテインメントのゲーム「テイルズ オブ ジ アビス」の登場人物。

ニコニコ大百科の項目「ルーク・フォン・ファブレ」も参照のこと

ピクシブ百科事典の項目「ルーク・フォン・ファブレ」も参照のこと

概要編集

キムラスカ王国のファブレ公爵家の嫡男。物語開始時17歳。王国の王位継承権第三位の持ち主。

ある日屋敷に侵入したティア・グランツと接触した際の謎の現象により見知らぬ場所へ転移し、それが彼の出生の秘密と世界の危機にまつわる長い旅の始まりとなる。

物語前半と後半で外見・性格共に大きく変化を遂げる(後述)。

前半編集

7年前、敵国マルクト帝国に誘拐され、救出された時には記憶を全て失っていたという過去を持つ。以後身の安全のために屋敷に軟禁状態となり、甘やかされて育った。記憶喪失が原因で精神的に幼い上に、外界と隔絶されてきたため非常にわがままで世間知らず。時折屋敷を訪れる剣の師匠、ヴァン・グランツには精神的に大きく依存している。とはいえ根は悪い人間ではないため、言葉が乱暴で不器用ながらも多少は周囲を気遣うところを見せたり、無知ゆえの善性を発揮することもある。

過酷な旅や仲間との交流を通じて成長していくかに思われたが、ある理由から「親善大使」という名誉職を与えられた結果、前以上の傲慢で自分勝手な性格に成り果ててしまう。それが周囲との軋轢を産み仲間への不信を抱いた彼は反動でますますヴァンへの依存を深めて行き、ヴァンの甘言に釣られた結果、無自覚に町一つの崩壊の引き金を引いてしまった。

その後も「俺は悪くねぇっ!俺は悪くねぇっ!!」と責任逃れの発言を繰り返したことによって仲間達から見捨てられ、孤立してしまう。さらには自身が「鮮血のアッシュ」こと本物のルーク・フォン・ファブレとすり替えられたレプリカ(複製人間)であるという出生の秘密まで突きつけられ[1]、自らのアイデンティティを喪失。絶望の底へと落とされることになった。

後半編集

ショックと混乱から立ち直った後、自らの行いの結果と過ちを受け止め、「変わりたい」という強い願いを抱き、その決意証明として断髪を決行。仲間との関係を修復し、ヴァンを止めるために再び立ち上がった。

精神的に一度へし折られた結果かつての傲慢さはなりを潜め、前向きで正義感溢れる性格へと成長を遂げた。しかし、罪の意識と本物のルークの立場を奪って生きているという後ろめたさから、ふとしたことで卑屈な態度になる場面や、自己犠牲に走りがちな危うい部分がある。

主な作品編集

脚注編集

  1. つまり彼の記憶は失われたのではなく、元々存在しない。精神的には本当に7歳児。

関連項目編集

特に記載のない限り、コミュニティのコンテンツはCC-BY-SA ライセンスの下で利用可能です。